【FIFA 22】ブログ中断1ヶ月に獲得した新戦力一気にレビュー・12月編

FIFA 22
WISTERIA
WISTERIA
流石にたくさんの選手がおりますので…

 

WISTERIAでございます。

 

本記事は、ブログ中断1ヶ月間

(12月中旬〜1月中旬)に獲得した

アイコン以外の新戦力について

ダダっとご紹介したいと思います。

当然、多くの選手がおりますので、

今回は第1弾ということになります。

12月後半に獲得した選手です。

 

FIFA22 ブログ中断中獲得したアイコン1

【FIFA 22】ブログ中断期間1ヶ月に獲得したアイコンご紹介1〜獲れども獲れども…〜

FIFA22 ブログ中断中獲得したアイコン2

【FIFA 22】使えるかどうかは別として…ブログ中断1ヶ月で獲得したアイコン選手紹介2

eFootball 「1ヶ月チャレンジ」キャンペーン第2弾

【eFootball 2022】春、まだ遠し…「1ヶ月チャレンジ」キャンペーン第2弾開幕〜計画的にこなそう〜第2弾

WISのブログ、始めます。

 

FIFA 22ここ1ヶ月で獲得した新戦力

アレクサンダー=アーノルド(POTM)

 

アレクサンダー=アーノルド

(SBC POTM 作成コスト約 80,000)

 

プレミアリーグ随一の攻撃的RB。

まぁご紹介するまでもありませんね(^_^;)

圧倒的な右足キック精度を武器に

リヴァプールを攻守で支える選手ですが、

これでまだ23歳というのが痺れる(^ ^)

 

 

クロス精度94はともかく、FK精度87

ちょっと承服しかねますねぇ(^◇^;)

シャドウ(影)を付けて機動力と

守備力をアップ。

 

 

アンカーを付けて

フィジカル強度も上げる手もありますが、

それだとペースの上がり幅が減少し、

90を割ってしまうことになります。

しかし、守備時のフィジカル勝負を考えれば

こちらの方が妥当かもしれませんね。

 

現状のトレンドとして、SBは攻撃時上がらず

(カスタム戦術設定)基本守備専念

そのため、フィジカルで劣るTAA

能力の割に人気がありません。

プレミアリーグのRBがおらず、作成コストも

8万と手頃だったので一応作ってみましたが、

CBやGK(テア・シュテーゲン)との

ケミストリーの兼ね合いでベンチ止まり。

今後の獲得選手次第となりますねぇ。

 

ウサム・アウアル(ウインターワイルドカード)

 

ウサム・アウアル

(SBC・ウインターワイルドカード・

作成コスト約140,000)

 

フランスリーグ屈指の攻撃的MF。

「リヨン司令塔の最高傑作」

として、早くからその天才ぶりが

人気となっており、いつメガクラブに

移籍してもおかしくない状況。

 

 

卓越した技術をベースに、

小回りの利く素早いターンや

狭い場所をすり抜けていくドリブル、

視野の広さと独特のプレービジョンでの

チャンスメイク力、そして精度抜群の

シャープな右足シュートという

一級品の攻撃性能を備えております。

特に、パスの巧さは際立っていますねぇ。

 

 

能力的には、本当に何でもできる(^ ^)

基本技術の高さをベースに、

組み立て、崩し、フィニッシュと

どこを任せてもハイレベル

アジリティとバランスの良さが

ドリブルの「軽快さ」に繋がり、

とても動かしやすい選手だと思います。

 

CMで使うことを想定していますので

「エンジン」を付けていますが、

フィニッシュを期待するなら「ハンター」、

ボランチ起用なら「アンカー」「シャドウ」

など、目的に合ったスタイルでOK

ケミストリー的にも

リーグアン所属のフランス人として

ジノラ、ベンゼマ、カンテ、LBメンディ

らと繋がる良カードとなっております。

 

 

個人的には、フェキルと左CMの座を

争うことになっておりまして、

攻撃的にいくならフェキル

バランス重視ならアウアル

という使い分けが可能になりました。

獲得して大正解のカードでした(^ ^)

 

キーラン・トリッピアー(ウインターワイルドカード)

 

キーラン・トリッピアー

(目標・ウインターワイルドカード)

 

イングランド屈指のRB。

冬の移籍でアトレティコから

ニューカッスル(オーナーが交代し

大補強敢行中)に移り母国帰還。

超一級品の右足クロスが最大の武器ですが、

トッテナム、アトレティコで成長し

守備面も進化TAA不在のEURO2020では

RB、LB、RWBで出場するなど汎用性も◎

 

 

アトレティコ所属時代なので

ケミストリーはイングランド、

ラ・リーガで構成が可能。

この人もクロス精度の能力値には不満です。

同胞のTAAとフィジカルの値が同じですが、

身長173cmを考えると(TAAは180cm)

守備面でかなり心配です。

ショーダウン・ピケの隣に置けるので

ケミストリー的にはOKなんですが…。

 

トーマス・ミュラー(ハイライト)

 

トーマス・ミュラー

(SBC・ハイライト・作成コスト約50,000)

 

レヴィの相棒、バイエルンのアシストキングが

デビュー当時(!?)の爆速能力で登場。

デビュー当時も「足が速い」印象は

ありませんでしたが…(苦笑)。

総合値的にはノーマルより1下がりましたが、

ハイライト版ベンゼマの例もあるので

(爆速化し総合値以上の活躍を見せています)

作成コストの安さも手伝い獲得しました。

 

 

何せノーマルとはペースが+23

アジリティが+19という変貌ぶり(^_^;)

代わりに能力の低下したものもあり、

守備力の低下は使用ポジションを考えると

ノーダメージ。パスも微減に留まっていますが、

冷静さが−7されているところが痛い。

 

中盤で使うことを想定しエンジンを付けました。

爆速化も手伝いドリブルはまぁ軽い(^ ^)

この身長(186cm)でこの動きは

なかなかいないとは思いますが、

惜しむらくはスキルムーブが☆3(T . T)

攻撃的選手には☆4以上を望む

私としては物足りなさは感じます。まぁ、

用心して使えばいいんだと思いますが。

 

彼の代名詞である「シックス・センス」

いわゆる「ポジショニングの巧みさ」

というのが、AIでどこまで表現できているか

多少疑問は残りますが、数値以上に

「いい所にいてくれる」選手ではあります。

パス、スキルムーブの不足を、ポジショニングと

爆速で補えるのであれば、使い用はあるでしょう。

ブンデスリーガフォメで組めれば。

 

あとがき

 

まだまだ選手がおりますので、

続きは次の記事にします。

TOTYも始まりますが、まぁ

当たる気がしないので(苦笑)

時間は結構あるでしょうから…。

一応、パックは貯めておりますけどね(^ ^)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村にほんブログ村