Jul.8:メンテ中の読み物「デンベレ&グリーズマン事件」続報〜無知が起こす無意識の差別問題〜【ウイイレ2021 myClub】

欧州サッカーコラム
WISTERIA
WISTERIA
違う、そこじゃない(T . T)

 

WISTERIAでございます。

 

違う、これじゃない(T . T)

 

新型Nintendo Switchが2021年10月8日に発売。有機ELディスプレイ搭載で,画面サイズも7インチにアップ

 

Nintendo Switchの新型が発表に。

しかし大方のユーザーが望んでいた

「据え置き時の画質アップ」

「処理性能のアップ」

はなし。変わったのは、

「端末画面が液晶から有機ELに」

なったというところのようです(><)

 

私なんかはほぼほぼ据え置き大画面で

プレイするもんですから、端末画面が

綺麗になったところで関係なし(苦笑)。

任天堂さん側からすれば

「解像度はゲームの面白さに関係なし」

とは言うんでしょうが、やはり

PS5の画像を4Kテレビで見てしまうと

「2周遅れ」

感は否めませんねぇ。

 

「ゼルダの伝説」

なんかは、割と

新ハードのローンチタイトル

(ハード発売日と同時発売)

になることが多いので、来年発売を

目指しているんだったら新ハードも

同時に出るのでは…とか、

「ドラクエ12」

プラットフォームを明らかにしていない

という事実から

「もしかしたらドラクエが…」

とか、淡い想像はするんですが、

これでしばらく

「解像度・性能アップの新型Switch」

の発売はないと思われます。

 

まぁ「2022年発売」

の可能性もゼロではありませんが、

新型ハードを小出しに出すような

ことをする企業ではなさそうですし…。

 

さて、本日は

デンベレ&グリーズマン事件」

の続報をお届けします。

長くなったので単独記事にします。

 

7/5NSガチャ1ポルトガル編

Jul.5:NSガチャ結果1ポルトガル編〜登場回数多めのバージョンアップガチャ〜【ウイイレ2021 myClub】

7/5NSガチャ2スペイン編

Jul.5:NSガチャ結果2スペイン編〜バージョンアップ&有能希少選手揃いの優良ガチャ〜【ウイイレ2021 myClub】

7/5NSガチャを踏まえたフォメ紹介

Jul.5:NSガチャを踏まえた今週のフォメ〜「新感覚」のお相手と対戦〜&時事ネタ続報【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

「デンベレ&グリーズマン事件」続報

「トルシエ元監督の通訳」ダバディ氏の話

Jul.5:NSガチャ結果2スペイン編〜バージョンアップ&有能希少選手揃いの優良ガチャ〜【ウイイレ2021 myClub】

 

あらすじとしては私の過去記事

参照していただくとして…

 

「情けないのは親の教育」トルシエの元通訳が仏代表2選手の日本人差別疑惑に見解「それが面白いと信じている」 | サッカーダイジェストWeb

 

両選手の「釈明」を受けての

ダバディ氏(もちろんフランス人)の

「識者の見解」です。

 

「親の教育」の問題

 

「言語道断」

とバッサリ言っているわけですが、その上で

「なぜこのような発言が出るのか」

について、

「パリ郊外などで、貧しい階級の子供たち

(フランス系、アフリカ系問わず)が

あり得ない差別語を使い、それが

面白いと信じている

「それを矯正できなかったのは

親の教育が情けない

ということのようです。

 

子供たちが発する無意識のスラングに対して

(内輪のノリであり誰かを傷つける

意識は毛頭ないんでしょうが)、

「それは差別用語だからやめなさい

と気づかせるべき、教えるべきだという意見です。

それは先日私も指摘した通りで、

誰かが諌めなければいけなかったでしょう。

 

「悪気のない」差別用語発言が及ぼす影響

 

また、ダバディ氏から

「多民族国家であり、様々な人種の人が

共同生活を送っている中で、人種差別は

無くなったと考える一方、彼らの使う

スラング用語には人種差別的表現が多い

という説明がありました。

 

一見矛盾した発言のようですが、

2人の釈明では、

人種差別は良くない(既にない)」

「これまでもそのように振る舞ってきた」

ことはわかっておきながら、

「我々内輪ではそのような言葉を使い、

プライベートでコミニュケーションを

とっている」

外に向けたものではなく、特定の

コミュニティをターゲットにした

わけではない」

という発言があり、それとリンクした

言葉だろうと思います。

 

しかし、それはもはや

アメリカ(≒彼らの内輪以外の世界)では

その言い訳は通用しない」(ダバディ氏

と断罪しております。

客観的に聞けば、紛れもなく差別であり

「知らなかった(無知)」、

「気づかなかった(無意識)」

では済まされないということですね。

社会的に影響力の大きいプロ選手

であれば尚更、ということです。

 

楽天・三木谷会長が説明を求めるまでに

日本人差別騒動のグリーズマン&デンベレ退団確実…バルサのスポンサー・楽天も抗議表明(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 

いよいよメインスポンサーの楽天

三木谷会長がこの件について抗議を表明し、

バルセロナおよび両名に対して

「説明を求める」

という事態に発展しました。

 

グリーズマンに関しては個別に

三木谷社長に謝罪したという話も

聞こえてきますが(デンベレ

それに続くらしい)、一度傷ついた

ブランドイメージを回復させるのは

難しそうに思えます。

バルセロナ側も、ケジメとして何らかの

「処分」

が必要になる可能性が高いです。

 

KONAMIの対応・ウイイレはどうなる

 

いよいよ「最初の具体的処分」

が発生。KONAMIさんが

グリーズマンに対する

「アンバサダー契約の解除」

を実行しました(T . T)

 

ウイニングイレブンに関しては

「クラブに詳細な経緯と対応の説明」

を求めるとあります。

 

「最悪のお別れがあった」 グリーズマン、アンバサダー契約解除の電撃展開を海外紙指摘(Football ZONE web) – Yahoo!ニュース

 

スペイン有力スポーツ紙「AS」

取り上げるほどの話題に(T . T)

 

個人的には、

「選手個人の考えである」

「差別は許さない」

「厳正なる処分を課す」

ということをきちんと謳えば、

KONAMIとクラブとの関係は

おそらく崩れないのではないかとは

思います(後述します)。

 

バルセロナの声明

バルサ、デンベレ&グリーズマンの差別問題について公式声明 | Goal.com

 

で、昨夜バルセロナが公式声明を発表。

人種差別に対するクラブの考え、謝罪、

内部措置を講じることを明確にしました。

まぁ妥当なところでしょう。

 

こうなってくると、デンベレ

グリーズマンの立場はさらに悪くなります。

「声明の具体的措置」

というところでは、彼らの処分は

マストになるでしょうからねぇ。

 

「一時的な感情」で全てを無くすのは…

バルサ大打撃! 日本人差別問題で”スポンサー離れドミノ”拍車か(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 

日本のメディアとしては、まぁ

こういう反応になりますかねぇ。

 

ただ、長期的視野に立てば、

ここでバルサとの関係を完全に解消するのは

スポンサー側からしても得策ではない

と思うんですよねぇ。

まぁ「舐められてもいかん」わけですが、

今回はクラブ全体が差別していたわけでも

ないので、厳正な対応をとれば

矛を収めるのが順当かと。

 

「一時的な感情」

これまで築いてきたもの全てを

おじゃんにしてしまえば、そこには

必ず別のスポンサーが入るわけで、

日本(およびアジア)のスポンサーが

再びバルサという「垂涎のコンテンツ」

入り込むことは非常に難しくなります。

それはどうかと…(^◇^;)

 

あとがき

 

メンテ中の読み物としては

ちょっと重い記事でしたねぇm(_ _)m

 

次回はゴール動画

今週後半のイベント情報をば。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村にほんブログ村