【FIFA 22】使えるかどうかは別として…ブログ中断1ヶ月で獲得したアイコン選手紹介2

eFootball
WISTERIA
WISTERIA
「春」はまだ遠し(T . T)

 

WISTERIAでございます。

 

eFootball、春まだ遠し(苦笑)。

本日は、1ヶ月に及んだ地獄の

ラウールチャレンジ」

の締切日。メンテ後には新たな展開

(まさかの「クリエイティブチーム開催」等)が

もしかしたらあるかも…

と思っていましたが、まぁその願いは

土台無理な話でした(^◇^;)

この話題は、別記事で。

 

本記事は、1ヶ月のブログ中断期間に

FIFAで獲得したアイコン選手紹介の後半戦

と言っても、残りは2名です(苦笑)。

来たるべくTOTY(年間最優秀チーム2021。

既に投票は終了しております)に向けて

パックを引き渋っているので、ここ最近の

「ミッドアイコン確約パック」等は

材料となる選手が枯渇しており、

参戦を回避しております。

 

では、紹介に移ります。

私の「引きの弱さ」が実感できる

ラインナップになりましたねぇ(T . T)

 

過去記事もどうぞ。

1ヶ月ぶり更新。お詫びと今後について

【eFootball 2022】1ヶ月ぶりの更新。今後のブログ展開について。「ラウールチャレンジ」終了【FIFA 22】

ブログ中断中獲得したアイコン1

【FIFA 22】ブログ中断期間1ヶ月に獲得したアイコンご紹介1〜獲れども獲れども…〜

WISのブログ、始めます。

 

ブログ中断中獲得したアイコン2

パック最大の当たり「ドイツの小皇帝」

 

パック最大の当たりとなるのは

「ドイツの小皇帝」

ミヒャエル・バラック

(ミッドアイコン・1/19現在296,000)。

00年代ドイツを代表する選手で、

事前評価の低かった02WCドイツ代表を

決勝まで導く活躍を見せました。

東ドイツ育ちの最後の世代の選手で、

ドイツはカイザースラウテルン、

レヴァークーゼン、バイエルン、

イングランドではチェルシーで活躍。

 

 

視野の広さと運動量を活かした

ボックストゥボックスの選手として

攻撃から守備まで幅広くこなしましたが、

彼の最大の特徴は、左右両足のシュート力

高さを活かしたヘディングを含めた、

MFとしては突出した得点力

ドイツ代表では42得点を挙げ、これは

クローゼ、ゲルト・ミュラー、

ルンメニゲ、クリンスマンなど

錚々たるストライカーが名を連ねる中で、

歴代8位という、FW以外としては

驚異的な記録です。

 

性格的には我が強く攻撃的(苦笑)ですが、

プレー面では、主役にも脇役にもなれる

汎用性の高さを持つ珍しい選手で、

チェルシーではポジション丸かぶりの

フランク・ランパードとの共存を果たすなど

長く活躍しました。

 

 

これもまたゴレツカとの比較で苦しい

立場なんですが、唯一スキルムーブが

☆4ゴレツカは☆3)なのがポイント高し。

あとはアジリティの差をどう考えるか。

使用感としては、悪くなかったです。

 

これが、

市場価値ベースでアイコン最大の当たり

と言うわけですから(カード全体で言えば

HEROジノラが一番の当たり)、いかに

私の引きが弱いか、というもの(T . T)

アイコン確約パックのSBCの元手が

大体350,000コイン程度(全部購入の場合)

なので、ここまで全敗、1人として

元が取れていない計算です(苦笑)。

 

イタリアの「流浪の重戦車ストライカー」

 

唯一、通常のパックから登場した

クリスティアン・ヴィエリ

(プライムアイコン・1/19現在124,000)。

イタリア産「重戦車ストライカー」

桁外れのパワーとフィジカルを活かし、

巨体ごとぶちかまして敵を粉砕する

パワフルヘッドと、テクニックと繊細さも

兼備した左足でゴールを量産しました。

 

 

強引なドリブルでのカウンター、

追いすがる敵を引きずりながら

ゴールまで持っていく理不尽さ加減は

敵を絶望させましたが、同時に

ケガの多さにもつながっており、

かなりの期間を負傷欠場するという

シーズンもザラにあったのが残念至極

(練習嫌いによる練習不足も原因の1つ)。

 

また、寡黙で気難しく、監督や

チームメイト、ファンと度々揉めたためか…

 

 

インテルの最大6シーズンを除くと

他全てのクラブが1年以内に退団

という「ジャーニーマン」ぶり(^◇^;)

結果の割に評判がよろしくないのは

この辺りも影響していると思われます。

現役時代も「ヒール感」が漂う選手でしたねぇ。

 

 

FIFA能力としては…。操作感は、

とにかく、使いづらいという印象。

大柄な体格、及びアジリティの低さが災いして

まぁ鈍重。動きに全くキレがなかったです。

元々の決定力が高いので、どうにか

敏捷性を上げようと「ハンター」ではなく

「エンジン」を付けてみましたが、

焼け石に水といった感じでした(T . T)

プライムアイコンなのにこの金額

と言うのも、残念ながら納得でした。

 

あとがき

 

以上、1ヶ月の釣果

「アイコン」編でした。

アイコン以外の獲得選手については

明日以降徐々にご紹介したいと思います。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村にほんブログ村