【eFootball 2023】「両足使い」大集合!「最後の大舞台」バロンドーラーと「万能飛び出しスパサブ」が目玉の 11/24クロアチアNSを大解剖!

ハイライト
WISTERIA
WISTERIA
順次出していきます。

 

WISTERIAでございます。

 

はい、休日ですがどうにか

更新をしております(^◇^;)

来週もなんだかんだ忙しくて

更新が難しいんですが、

パックはこれでもかと

押し寄せてきますので(苦笑)、

順次やっつけたいと思います。

 

本日は11/24に来ております

クロアチアNSをご紹介。

前回準優勝チームの

全選手を大解剖していきます(^ ^)

 

各種パック解説

eFootball2023 11/17ブラジルパック

爆速ネイマ&優秀センターライン

【eFootball 2023】爆速若ネイマール&頼りになるセンターライン!11/17登場ブラジルパック全選手の能力・育成案・獲得判断まで徹底解剖

eFootball2023 11/17フランスパック

ベンゼマ・エンクンクなど超有能!

【eFootball 2023】無念の代表離脱・ベンゼマ・エンクンクをはじめほぼ全員が超有能(T . T) 11/17登場フランスパック全選手の育成案徹底解剖

eFootball2023 11/17アルゼンチンパック

エピック・メッシ1人で1500コインの価値

【eFootball 2023】エピック・メッシ!それだけで入手する価値あり(笑) 11/17登場アルゼンチンパック全選手の育成案徹底解剖

eFootball2023 11/21 イングランドパック

超新星BtoBに注目も被り多し!

【eFootball 2023】初戦快勝!先制点を挙げたBtoBの超新星と「中盤ハードプレス」が目玉の 11/21登場イングランドパックを大解剖

 

過去記事

eFootball2023 11/21 NS ウルグアイ

大ベテランと新世代の融合

【eFootball 2023】ベテランと若手の融合!「堅守の系譜」CBと「今後数年安泰」CMFが目玉の 11/21ウルグアイNSを大解剖!

eFootball2023 11/24 メンテ速報

エピックは?パックは?

【17:00メンテ明け更新終了】【eFootball 2023】POTWは来週月曜。エピックは2002イングランド!クロアチアNS・パックも2つ来たぞ! 11/24メンテ中新情報追いかけ更新

eFootball2023 11/24 エピックイングランド

サイド限定Big Timeベッカム

【eFootball 2023】右サイド限定Big Timeベッカム登場!OMF追加スコールズに超強化オーウェンも! 11/24 エピック・イングランド(2002)を育成案まで大解剖!

 

11/24 NSクロアチア

概要

 

バルカン半島のサッカー大国。

かつて

「東欧のブラジル」

と呼ばれた旧ユーゴスラビア圏

であります。内戦を経た独立後も

98フランスWC3位、

18ロシアWC準優勝

好成績をマーク。

 

ミランで活躍していた

「英雄」ボバンをはじめ

アサノヴィッチ、シュケル、

プロシネツキ、ボクシッチ、

コヴァチ兄弟、オリッチ、

マンジュキッチ、ラキティッチ

などなど、主に攻撃的名選手を

多く輩出しております。

 

そして、今大会でおそらく

代表を退くであろう

バロンドーラー、モドリッチ

その背中を追って成長した

メンバーたちの最後の戦い。

 

登場選手一覧

 

「モドリッチ世代」

の生き残りのベテランと、

彼をアイドルにして

成長した中堅どころ

主なメンバーであり、

平均年齢で見ると若干高め。

実際のところは、グバルディオル

などの若手も育ちつつあり、

「人材の宝庫」

は健在というところか。

 

全体の傾向を見ると、やはり

テクニックに優れており、

両足を遜色なく操るプレイヤーが

多数いるという印象です。

そして、「ただ巧い」だけでなく

運動量も兼備する選手が多い。

これは、モドリッチの影響

かなり大きく、レジェンドが

あれだけ走っているのに、

若手がサボるわけには

いかない(^◇^;)

 

個別選手紹介

マルセロ・ブロゾヴィッチ

 

インテル中盤の大黒柱。

プレーメイカーとして

長短のパスを供給

ゲームをコントロールする

役割を果たしますが、この人は

運動量も驚異的。

前回WC準決勝イングランド戦で

延長120分の総走行距離

16.399km(大会記録)を

マークしました(^◇^;)

 

 

スタミナ、守備力、パス

優れたプレーメイカー。

スキルもパスを中心

良いものが揃っております。

eFootballの仕様として

「プレーメイカーはそれほど

激しく動かない」

ことになっているのが若干

チグハグな感じもしますが…。

 

育成方針としては、中盤底として

必要な守備力を最優先に上げ、

キープ力とパスはそこそこに

とどめてしまいました。

ちょっと伸びしろが渋かった(T . T)

 

 

インテルパックとの比較。

圧倒的にインテルが強い(^◇^;)

できればフィジコンも

上げたかったですねぇ。

 

ルカ・モドリッチ

 

現代クロアチアの象徴。

バロンドーラーにして

前回WCのMVP。

超絶的な攻撃の才能・技術

持ちながら、常に全力プレー。

全身全霊をかけて戦う姿

37歳となっても変わらず、

見る者を魅了・感動させる

「生ける伝説」。

 

 

年齢を何度も連呼して恐縮ですが、

37歳でこの能力をキープ

するのが改めて凄い(^◇^;)

一定の守備力とスタミナ

持ちながら、攻撃性能は超一流。

スキルも有能揃いで

好調ならガチスカも断然アリ。

フィジコンもどうにか60を超え、

ウイイレ時代のひ弱さに比べて

だいぶ良くなっております(^_^;)

 

 

今季最初のPOTWと比較。

さすがにPOTWの方が強いですが、

スピードで勝るなど大健闘。

 

マテオ・コヴァチッチ

 

若くしてR・マドリー移籍を

経験した天才OMFが、

フィジカルと精神力を鍛えて

完成度の高い中盤戦士に成長。

モドリッチ、ブロゾヴィッチ

と組む3センターは世界屈指の

クオリティを誇ります。

現在の課題は「数字を残す」こと。

ゴール、アシストなど

直接的な結果が期待されます。

 

 

スタンダード以上の

レベル上限となって超強化。

現実を考えると、フィジカルが

そうでもないのが不思議(^◇^;)

 

ドリブル技術は最高峰級、

パスも上質でスタミナもあり

スピ瞬も中盤中央にしては

充分すぎるものを持っています。

守備能力もあり、BtoBには珍しく

マンマークも持っていますが、

スルーパス非所持など、

スキル数の少なさが非常に残念。

 

イヴァン・ペリシッチ

 

インテルを契約満了。

トッテナムに移籍した

ベテランウインガー。

両足を遜色なく扱い、

右左中央、3バックのWBも務まり

(むしろそこが適任か)、

スタメンでも途中投入でも

力を発揮できるマルチが売り。

クロス精度も高い上に

味方クロスに頭で合わせる

のも得意という多芸な選手(^ ^)

 

 

個人的には本ガチャの

目玉だと思っております(^◇^;)

前述の通りのマルチ性能、

2列目からの飛び出しにして

スパサブという超有能選手。

スピードがありドリブルもでき、

クロス精度は高くピンクロ持ち。

シュートスキルが多彩で

決定力も最低限あり、

ヘディングも強い(笑)。

 

弱点…は、ドリブルスキルと

ワンタッチパス、スルーパスが

ないくらいでしょうか。

あとは、調子の波が普通なので

C固定環境では難しいか。

 

 

指名契約権との比較。

一長一短というところで、

育成の変更でどうにでもなる

能力差だと思います。

 

アンドレイ・クラマリッチ

 

ドイツ、ホッフェンハイム

所属のストライカー。

ストライカーとしての技術が

詰まった選手で、多彩な

シュートパターンと

ボールスキル、パス能力まで

備えた万能性が魅力。

ただし、2トップが適任で、

3トップのCFが不得手なのが

意外というか不思議というか(^◇^;)

 

 

CFからOMFまでできる

万能のボックスストライカー。

現在のeFootballでは、割と

こういう選手が不足しているので

面白い存在になるかと。

 

ボックスストライカーで重要な

Oセンスが高く、決定力もあり

トラップ技術とキープ力も優秀。

両足で撃てるのもポイントが高い(^ ^)

スピードはないので、周りが

お膳立てをしてあげる必要は

ありますが、彼まで届ければ

何とかしてくれそうな感じ(^_^;)

 

最大の懸念点は、C固定プラス

調子の波が普通というところ。

不調を引く可能性が結構

高そうな気はしますねぇ(^◇^;)

 

マリオ・パシャリッチ

 

アタランタ所属の万能MF。

クラブではボランチから

シャドウストライカーまでこなし、

代表では右サイドも担当できる

汎用性の高さが魅力。

ボランチでは手堅く、

2列目や前線では大胆に

攻撃に絡むという

「自分で味付けを変えられる」

頭脳とセンスの持ち主(^ ^)

 

 

攻守全体的に70以上の

項目が大半を占める万能戦士。

ただeFootballは

「スペシャリスト」

が重用される世界なので

アラバの汎用性がないと…。

スキルも少ないので、逆に

どこで使うかを悩んじゃうかも(^◇^;)

 

デヤン・ロヴレン

 

かつてリヴァプールで

活躍していた重鎮CB。

現在はゼニト所属。

試合勘がどうかと思ったんですが、

ロシアリーグって、

こんな中でも

普通にやっているようです(^◇^;)

 

世代交代進むDFラインで、

初戦は経験を買われてスタメン。

モロッコの完封に貢献し

MOMに選ばれました(^ ^)

「ビッグマウス」が特徴。

 

 

ガチスカには厳しいか。

守備力、フィジカル、

スピード、パスといずれも

及第点には届きましたが、

突出したものがないだけに…。

スキルもインターセプトと

ブロッカーがなく不安。

 

ドミニク・リヴァコヴィッチ

 

国内組ディナモザグレブ

所属の正守護神。

反応スピードに自信があり、

CLELなどの出場経験も。

今大会で活躍し、来季以降

国外リーグへ移籍したいと

「売り込み」

を期待しているようですが…。

 

 

GK能力全項目を

80以上にするよう育成。

どうにかそれは叶いましたが、

さすがにガチスカでは…。

攻撃的GKなのに高弾道持ち。

身長も187cmと低めです。

 

あとがき

 

パックの資料作成

頑張ります(^◇^;)

順次出していきます。

月曜はメンテがあり、

POTWも来ますので…。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村