【eFootball 2023】右サイド限定Big Timeベッカム登場!OMF追加スコールズに超強化オーウェンも! 11/24 エピック・イングランド(2002)を育成案まで大解剖!

Big Time
WISTERIA
WISTERIA
モヒカンが大流行しました。

 

WISTERIAでございます。

 

本記事は…

 

 

11/24に登場しました

エピックイングランド2002

をご紹介。

「あの日・あの時」

のBig Timeで

「ソフトモヒカン」

で日本を席巻したベッカム

蘇ります(^ ^)

 

eFootball2023 11/17ブラジルパック

爆速ネイマ&優秀センターライン

【eFootball 2023】爆速若ネイマール&頼りになるセンターライン!11/17登場ブラジルパック全選手の能力・育成案・獲得判断まで徹底解剖

eFootball2023 11/17フランスパック

ベンゼマ・エンクンクなど超有能!

【eFootball 2023】無念の代表離脱・ベンゼマ・エンクンクをはじめほぼ全員が超有能(T . T) 11/17登場フランスパック全選手の育成案徹底解剖

eFootball2023 11/17アルゼンチンパック

エピック・メッシ1人で1500コインの価値

【eFootball 2023】エピック・メッシ!それだけで入手する価値あり(笑) 11/17登場アルゼンチンパック全選手の育成案徹底解剖

eFootball2023 11/21 NS ウルグアイ

大ベテランと新世代の融合

【eFootball 2023】ベテランと若手の融合!「堅守の系譜」CBと「今後数年安泰」CMFが目玉の 11/21ウルグアイNSを大解剖!

eFootball2023 11/24 メンテ速報

エピックは?パックは?

【17:00メンテ明け更新終了】【eFootball 2023】POTWは来週月曜。エピックは2002イングランド!クロアチアNS・パックも2つ来たぞ! 11/24メンテ中新情報追いかけ更新

eFootball2023 11/21 イングランドパック

超新星BtoBに注目も被り多し!

【eFootball 2023】初戦快勝!先制点を挙げたBtoBの超新星と「中盤ハードプレス」が目玉の 11/21登場イングランドパックを大解剖

 

11/24 エピック:イングランド(2002)

概要

 

まぁ日本が熱狂しました(^ ^)

もうあれから20年ですか。

甘いマスクで、追っかけが

キャンプ地の淡路島に大挙する

なんて話題が連日(^◇^;)

トルコ代表の「王子様」

イルハン・マンシズ

(懐かしい…)と共に

キャーキャー言われてましたねぇ。

 

この年イングランドはベスト8。

「ベッカム世代」が全盛期と言える

年齢で期待されましたが、

準々決勝で、この大会を制する

ブラジルに敗れました。

 

登場選手一覧

 

とりあえずエピックですので

基礎的な総合値は低め。

ただし、育成幅が凄いことに

なっているため、期待です。

 

個別選手紹介:ポール・スコールズ

選手紹介

 

7月にレジェンダリー

登場

【eFootball 2022】最強候補GK&玄人好みCMF&曲者FWで参戦価値あり!7/14〜開催・レジェンダリーガチャ「マンチェスターU」徹底解剖!

しておりまして、ポイント交換

でも獲得できるスコールズ。

 

解説はその時しておりますので

そちらをご覧いただきたい(手抜き)。

 

選手能力

 

小柄なプレーメイカーの

「完成形」

とも言われたスコールズ。

パス精度・スキルが素晴らしく、

代名詞のミドルシュート

精度、パワー、スキル

全て揃っています。

ただ、eFootball的にはスピードが

弱点となりまして、なかなか

扱いに苦労する選手ではあります。

 

前回レジェンダリーでは

事実上のCMF限定選手

プレーメイカーが常時発動

する形でしたが、今回は

OMFの適性が濃くなり

「無印OMF」

の起用法が可能となっております。

攻撃に特徴のある選手なので、

より真価を発揮しやすい

環境は整ったと言えますねぇ。

 

育成案

 

無印OMF起用を想定、

攻撃力を存分に活かすため、

守備は完全無視しました(^◇^;)

弱点のスピ瞬をどうにか上げ、

ドリブルとパスもビシッと強化。

ミドルシュートの決定力を

もう少し上げたかったですが、

キック力もあるので、80あれば

どうにかなると思います。

 

実は、この人のもう1つの凄さは

ロングパスにあるとも言え、

フィードやフラスル

ビシバシ通ると評判です(^ ^)

それを考えると、スタイル通り

「プレーメイカー」

として使うのもアリかと。

ただ、その際は守備力も

多少なりとも強化した方が…。

 

マイケル・オーウェン

選手紹介

 

この人も6月に登場し紹介

【eFootball 2022】最強ピルロ!他も個性爆発(笑)!6/9〜開催・レジェンダリーガチャ「National Teams」徹底解剖!

しております。

早熟の快速ストライカー。

 

2002年時点ではプレミア

(リヴァプール)で自身

キャリアハイの19ゴール。

WCでもゴールを決めております。

 

選手能力

 

快速と決定力が最大の武器の

小柄なラインブレイカー。

スキルもほぼシュート特化

裏抜けとシュートに専念

する形が一番良いかと。

 

CF一択ということですが、

ポストプレイなどは期待できず

フィジカルもありませんので、

長身で器用なタイプのCFと

2トップを組むのが理想。

 

育成案

 

大幅強化(^ ^)

最大総合値96は

レジェンダリーと比べても

破格の強化と言えます。

大量のポイントを

スピード、決定力、

ドリブルに集中投下。

さらに速く、巧くなりました。

起用法がはっきりしているので、

基本育成もわかりやすい(^◇^;)

 

これだけ強化されれば、

ラインブレイカーを得意

とするプレイヤーならば

スタメン固定もあり得ます(^ ^)

 

デイヴィッド・ベッカム(Big Time)

選手紹介

 

マンU時代をまとめている

動画ですねぇ。

確かに

「レアル・マドリー移籍」

をターニングポイントとして、

プレースタイル等々に変化

あったのも事実だと思います。

 

今回「Big Time」の

2002年6月7日というのは

日韓WCのアルゼンチン戦。

PKを決め勝利した日です。

 

これには「伏線」があり、

前回98フランスWCで、

決勝Tのアルゼンチン戦

敗退の直接原因となる退場

シメオネの挑発に乗った)

を喫し、その雪辱を果たす

格好となった、というわけです。

 

選手能力

 

eFootballのガチャとしては

なんと初登場だったんですねぇ

(^◇^;)

 

驚きは、ポジション適性。

なんと、右サイド限定です(苦笑)。

ウイイレ時代から基本CMFで

使っていた私としては厳しい。

まぁ、確かにこの頃のベッカム

右サイドハーフでしたが…。

 

当然、スピードがあるタイプでなく

突破よりもクロス限定。

「クロサー」

というスタイルには忠実ですが、

使いやすいかと言われると微妙。

この際、フォメ的にも

サイドハーフを使う形で

新境地を開拓しますか(^◇^;)

 

育成案

 

ポジションがゴチャゴチャ

して申し訳ないんですが(^◇^;)

かなり削られております。

 

能力的には超優秀。

ドリブル突破には不向きな

能力ですが、最低限の

スピードと技術は確保。

基本開いていて、ボールを受け

クロスなりサイドチェンジなり

展開するのが役割。

フリーキックも含めて、

精度は最高峰です(^ ^)

 

シュートに関して言うと、

決定力を83まで上げましたが

コンカ狙いだと足が逆、

ミドルシュートはあるものの

特殊シュートは持っておらず

FKも正攻法のカーブシュート

になります。

 

良くも悪くも個性が強い

選手として生まれ変わった

ベッカム。

最後に、ケガ耐性が悪化

しているのは、おそらく

2002年のこの時期は

「骨折明け」

だったからだと思われます。

早く治すために

「酸素カプセル」

に入ったという話題が

当時ありましたねぇ(^◇^;)

 

獲得参戦の可否

スコールズ:幅が広がるも…

 

スコールズは、OMF起用が

可能になった点で

使える幅が広がりました。

得意のミドルシュートや

各種パスをバンバン出して…

という使い方ができます。

 

ただ、機動力はイマイチ、

フィジカルもないので

奪われ方には注意が必要。

激戦区のポジションであり

これまでスナイデルなどを

獲得しているならば…。

そもそもスナイデルも

あまり見ませんが(^◇^;)

 

オーウェン:魅力充分に成長

 

オーウェンに関しては、

今回の大幅強化で

使える目処は充分立ったかと(^ ^)

 

爆速ラインブレイカーを

ポジションに組み込める方

積極的に獲得もあり。

また、スパサブ的に

途中出場させるという案も

あります。ファンも多いので、

これから増えるかもしれません。

 

ベッカム:「専用フォメ」を準備できれば

 

ベッカムに関しては、

能力は疑いの余地なし。

デザインもかっこいいし、

使いこなすとまぁオシャレ(^ ^)

 

ただ、やはり

「サイド限定」

「クロスマシン」

としての使い方は癖が強く、

フォメに組み込めるかどうか

というのは未知数です。

 

ウイングフォメを使っていても、

例えばディアビなどの

「スピード・突破系ウインガー」、

サラーなどの

「逆足カットイン系ウインガー」

とは使い方が全く異なるので、

ベッカム専用フォメ

をこれから構築できる

覚悟のある方は参戦もあり。

 

私の判断は…

 

どうしましょう(笑)。

正直

「見送り」

もありだったんですけど、

やっぱ使ってみたいなぁ。

ワールドカップ見てると

なおさら思いますねぇ(^◇^;)

しばらく考えてみます。

 

あとがき

 

クロアチアNS

どうにか仕上げたかった

ところですが、時間切れ(T . T)

土日のどっちかで出します。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村