【eFootball 2023】エピック・メッシ!それだけで入手する価値あり(笑) 11/17登場アルゼンチンパック全選手の育成案徹底解剖

アプリ
WISTERIA
WISTERIA
病院と祝日を忘れてました。

 

WISTERIAでございます。

 

本日通院日なの忘れてた(^◇^;)

明日も祝日でブログが書けず、

遅くなっちゃって申し訳ない。

どうにかして出しますので

お待ちになって下さいm(_ _)m

 

今回は…

 

 

11/17に出ております

アルゼンチンパックのご紹介。

11名全員の育成案まで

ビシッとやります。

購入を迷っている方、

育成を悩んでいる方の

一助になれば幸いです(^ ^)

 

eFootball2023 11/17POTW

RSBキミッヒいぶし銀の面々

【eFootball 2023】「RSBキミッヒ」が本命も、随所に侮れない「いぶし銀」が隠れているぞ! 11/17 POTWガチャの☆5選手を大解剖!

eFootball2023 11/17エピックスペイン

「無敵艦隊」2010の3名登場!

【eFootball 2023】「無敵艦隊」黄金期!お馴染み3選手の代表バージョンが登場 11/17 エピック・スペイン(2010)を育成案まで大解剖!

eFootball2023 11/17ブラジルパック

爆速ネイマ&優秀センターライン

【eFootball 2023】爆速若ネイマール&頼りになるセンターライン!11/17登場ブラジルパック全選手の能力・育成案・獲得判断まで徹底解剖

eFootball2023 11/17フランスパック

ベンゼマ・エンクンクなど超有能!

【eFootball 2023】無念の代表離脱・ベンゼマ・エンクンクをはじめほぼ全員が超有能(T . T) 11/17登場フランスパック全選手の育成案徹底解剖

 

11/17 アルゼンチンパック

概要

 

メッシと共にあった

アルゼンチン代表も、おそらく

今回が最後になると思われます。

「ラストダンス」

で、メッシに唯一欠けている

ワールドカップトロフィーを

掴み取ることができるか。

 

実際問題、メッシに依存していた

これまでとはチーム構成が異なり、

良いチームに仕上がっている模様。

コパ・アメリカなどのタイトルを

獲得し、南米予選も余裕で

通過するなど結果も出ています。

 

選手一覧・最大総合値

 

ベテランと新世代の融合

図られ、だいぶメンバーも

変化してきました。

 

そうは言っても、やはり

メッシが凄い(笑)。

2014年、26歳のメッシ

ですから、全盛期も全盛期。

反則級だと思いますが、

具体的に見ていきましょう。

 

個別選手紹介

リオネル・メッシ(26.Jun.2014)

 

代表主要大会ではラスト

になる可能性が高い

レジェンド・オブ・レジェンド。

2014.6.26は、ブラジルWC

ナイジェリア戦に2ゴール。

特に直接FKは、相手GK

エニュアマ(リール)が

「もう笑うしかない」

と握手を求めに行ったほど

美しいゴールとなりました(^◇^;)

 

 

こちらも笑うしかない(^◇^;)

若返った能力なので

スピードが全く違います。

ただまぁ、

「ウイイレ2014」あたりの

能力ではもっと速かった(笑)。

さらに、決定力爆上がり。

地味に凄いのが、キック力が

大幅に上がっているので、

コンカにも力強さが出そう。

 

反面、

パス数値が下がっているので、

30代の「アシスト力」を持った

メッシと違って、

独力で切り開き

自分で決め切ってしまう

イメージの方が強くなりました。

ま、それでもパスは普通の

超一流選手並みですが(^◇^;)

 

育成方針としては、まぁ、

ドリブルと決定力は90程度

あれば十分と考え、

パスもそこそこにしておき、

できるだけスピ瞬に振る

という形を取りました。

で、「常時使う」ことを鑑み、

チームスタイルも2種類

99にしておきました。

 

 

フィーチャーなどは

比較にならないので(苦笑)、

レジェンダリーとの比較だけ

載せます。

意外に健闘しておりますが、

キック力の差が大きいと感じます。

特に「2.1.0」以降のメッシ

コンカが入りづらくなった

印象がありますので、こっちで

もう一度試してみたいと思います。

 

アンヘル・ディ・マリア

 

メッシと共に代表の道を歩んだ

「盟友」

今回がラスト。

多少衰えたとは言え、

ツボにハマった時の爆発力、

1人で試合を決めてしまう

煌めきは健在。

「天使の輝き」

を、もう一度見たいですねぇ。

 

 

eFootballのディ・マリア

まだまだやれる能力の持ち主。

ドリブルとスピ瞬を中心に

バランス良く攻撃力に振りました。

 

ドリブル、パスが85以上、

スピ瞬も83〜4になり

パス&シュートスキルがずらり。

サイドも中央もこなせる

利便性も持ち合わせます。

右に置いてカットイン、

左に置いてクロスなど

多様な使い方ができるのが強み。

 

 

ユーヴェCSとの比較。

これは同じくらいの強さ。

2人目となった場合は、

異なるチームスタイル

使えるようにするのもアリ。

 

ニクラス・オタメンディ

 

こちらもベテランとなった

おなじみCB。現在は

ベンフィカ所属です。

スピードの衰えは

気持ちの強さとプロ意識、

そして経験でカバーします。

 

 

身長が若干低め(183cm)で

☆4ということもあり

能力的にはガチスカには…。

ただ、守備スキルが完璧

調子の波も小さいなど

良い要素も多数あり、

絶好調で他が不調なら

使ってもいいかもしれません。

 

アグレッシブネスが

極端に高い(笑)。

 

ニクラス・タグリアフィコ

 

小柄な体でエネルギッシュな

上下動を繰り返すLSB。

ドリブル突破が得意で

内外に2パターン抜ける

ことができ、また

CBもこなせる守備力も。

 

破格の攻撃力が武器

ライバル、アクーニャより

戦術的柔軟性があり、

両者の使い分けも見どころです。

 

 

良くも悪くもまとまっている

インナーラップLSB。

突出した武器がない代わりに

それほど弱点も見当たらず。

攻守に必要な能力とスキル

整っているので、好調なら

スタメンも充分アリかと。

 

 

11/3のPOTWは、こう見ると

相当強かったんですねぇ(^_^;)

 

 

指名契約権のやつとは

ほぼ同じです。

 

レアンドロ・パレデス

 

ローマ、パリ、そして

ユーヴェと渡り歩いている

隠れた名プレーメイカー。

元トップ下なだけに

パススキルと攻撃センスがあり、

戦術眼も高く守備から

ゲームコントロールまでできる

中盤のキープレイヤーです。

 

 

eFootballではアンカー。

やはり守備力が求められる

ので、きっちりディフェンスを

上げることにしました。

インターセプトも所持し、

イメージよりは守れそうです(^◇^;)

 

攻撃面は、パス能力が突出

スキルもほぼ完璧。

スピードがないので、あまり

動かさないようにするのが吉。

気になるのは、フィジカル不足か。

 

パウロ・ディバラ

 

「元」ユーヴェのアイドル(T . T)

ローマ移籍後も頑張ってますが、

先月負ったケガでリハビリが

間に合うかどうか。

アルゼンチン代表にとって

「切り札」

になるカードなだけに…。

 

 

万能の攻撃力を持つ

レフティチャンスメイカー。

メッシと比較されますが、

メッシよりは前寄りで

ドリブルとシュートに特化。

パススキルがほぼないのが

意外ではあります。

 

この人の現在の問題は

なんと言っても波の大きさ。

たとえライブアプデが良くても

不調を引いてしまう可能性があり

ベンチに入れるのはある意味

「賭け」に近いものが(^◇^;)

 

 

指名契約権との比較。

そっちの方が伸びしろがあり

強かった。

獲っておくべきだったか(T . T)

 

ロドリゴ・デ・パウル

 

中盤ほぼ全域と前線の

幅広い位置をこなせる

万能MF。ウディネーゼ時代は

毎週優秀選手に選出されるなど

攻撃の全権を握ってました。

代表では中盤の攻撃担当

メッシなどへ繋ぐ役割。

相性はとてもよろしいようです(^ ^)

 

 

まさに万能戦士。

スピ瞬、ドリブル、パスが

85前後でまとまり、

目立った欠点はありません。

スキルも優秀なもの揃いです。

 

CMF登録ではありますが、

飛び出しのスタイルも含めて、

できれば2列目の位置で

攻撃中心の働きをさせたい。

育成も守備は完全無視し(笑)、

攻撃全振りとしております。

 

 

POTWとの比較。

持ってますが、強いです(^ ^)

 

ワンタッチパスの有無、

能力も確かにPOTWには

及びませんが、それでも

数値的にはそこまで差はない

ため、初獲得なら

積極的に使ってみて良い選手。

 

エミリアーノ・マルティネス

 

アーセナルに青田買いされ、

つい先日まではローン移籍を

繰り返していた遅咲きGK。

イングランド界隈では徐々に

評価を高めていましたが、

アルゼンチンでの知名度は薄く

「逆輸入」の格好になり、

代表デビューは昨年です。

しかし、瞬く間に正守護神に

収まりました(^◇^;)

 

 

長身の攻撃的GK。

クリアリングが低かった

ので、そこを重点的に強化。

バランスを取る格好になりました。

全項目80以上になり穴はない。

ただ、超一流に比べると

若干落ちるかもしれません。

絶好調なら、充分アリです(^◇^;)

 

ラウタロ・マルティネス

 

インテルのエースにして

アルゼンチン代表でも得点源。

小さいながらも体幹が強い

「南米のストライカー」

らしい選手。

シュート技術も高いです。

爆発力のある選手なので

序盤の試合で得点ができれば

大会通して活躍すると思います。

火がつかなければ…(^◇^;)

 

 

強化幅が若干渋いか。

ストライカーとして決定力を

80後半に乗せ、スピ瞬

きっちり上げた結果、

パスが犠牲になりました(T . T)

多彩なシュートスキルがあり、

逆足精度も高い。サイズ的にも

動かしやすい形ですが、

フィジカルも思ったほどないので

(強化できませんでした)

好調以上でないと…。

 

 

インテルパックがとにかく

強くて(笑)、大幅に差が

ついております。

獲らなかったんですよねぇ(T . T)

 

 

POTWと比べても多少差が。

ただ、スピ瞬と決定力で

若干勝っています。

 

ナウエル・モリーナ

 

アトレティコ所属のRSB。

デ・パウルとはウディネーゼ

時代からの同僚です。

機動力と攻撃性能が高い

典型的なサイドバックで、

緊急時には左もこなせる

監督にはありがたい存在(^◇^;)

 

 

スピードが90に乗る

「爆速系RSB」

になりますが、クロス精度も

高くピンクロも所持していて

攻撃性能は及第点以上。

守備も最低限できて

インターセプトも持ってます。

オーソドックスなRSBは

意外といないので(笑)、

育てても良いかもしれません。

 

クリスティアン・ロメロ

 

トッテナム所属の若手有能CB。

アンダーから実績を積み、

昨年晴れてA代表スタメン入り。

対人戦に優れたファイター

タイプですが、オタメンディ

キャラが被るのはどうか。

クラブでは3バックの右で、

4バックへの対応も見たい。

 

 

CBとしての守備力は

スピード含めて優秀の域。

スキルもきっちり揃っており、

守りに関してはほぼ隙なし。

 

パスやボールスキルに関しては

お世辞にも高いとは言えないので

奪った後のプレーには

慎重を期したいところです。

 

総評・獲得の是非

「メッシ」目当て

 

あっきらかにメッシが強い(^◇^;)

レジェンダリーをお持ちの方も

できればバージョンアップを

推奨します。

 

レジェンダリーを

「ロングカウンター非対応」

として育成してしまった私は

これで晴れてメッシが使えます(^◇^;)

彼だけで

1500コインの価値はあるかと。

 

「仲間たち」の評価は…

 

メッシ以外の「仲間たち」は、

優秀な選手も複数いますが、

手持ちの陣容によっては

過去のPOTWなどが強いので

「無駄買い」になる可能性も…。

 

エピック以外の評価では

3パック中一番下

言わざるを得ませんかねぇ(T . T)

 

あとがき

 

次回は

「ウルグアイNS」

をご紹介します。

明日はお休み、明後日に

なるかと。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村