【eFootball 2023】1/12POTW大解剖:ちょっと地味目ですが…「レフティのベンゼマ」G・モレノ、「ワンシュー追加」デンベレのスペインが熱い!

ドリームチーム
WISTERIA
WISTERIA
無駄話を少々。

 

WISTERIAでございます。

 

ガーシーガーシー

うるさいっすねぇ(呆)。

 

正直なところ、芸能人有名人の

スキャンダル云々なんぞ

(ホントか嘘か含めて)

私にはどーでもいい話で、

それを飯のタネにしている人が

なんで国会議員になっているのか

よく分かりません。まぁ、

それを興味津々で見ている

日本人がそれなりにいる

ということなんでしょうが…。

 

んで、逮捕されるされないで連日

テレビ等に報道されているのが、

国民の利益から考えて

全く時間の無駄だと思うんです。

結局、彼の宣伝にしか

なっていないような気がします(T . T)

 

ま、

「国会議員の不逮捕特権」

の範囲がどうなるのか、とか、

「国会議員なのに海外逃亡し

国会に出ない」

のがどうなのか、とか、色々

「実験台」的な役割にはなる

とは思いますがね。でも、

報道の仕方だけは、検討の

余地はあるんじゃないかなぁ…。

 

無駄話はさておき(笑)、

本日のお話はこちら。

 

 

1/12〜開催、復活の

POTWを大解剖します。

 

正直なところ、欧州各国リーグが

まだまだ本格再開でない

(カップ戦等々だったり)

ので、ノミネートの範囲

自体が狭くて少々残念。

週中のプレミアリーグ

くらいは入れてもよかったのに(^◇^;)

 

とりあえず、

どの選手が使えそうかを

☆5選手に絞って見ていきます。

引くに値するガチャかどうかは

皆さんでご判断ください。

 

過去記事

eFootball2023 1/9 Derby Days

マンチェスターダービー

【eFootball 2023】1/9〜「Derby Day Manchester」大解剖:「現実で活躍さえすれば…のGK」「攻撃的だけど守れそうなRSB」など掘り出し物が…

eFootball2023 1/5〜週ガチャ結果

ロベカル引くまで終われまてん

【eFootball 2023】1/5〜週 ガチャ結果:ブラジルエピックに独自の見解!「ロベカル引くまで終われまてん」&スパサブレヴィとダービーガチャの結果も!

eFootball2023 1/12 メンテ速報

シーズン3開幕!POTW復活!

【メンテ明け更新終了】【eFootball 2023】1/12メンテ速報:シーズン3開幕!エピックはマンU!Big Timeはファン・ニステルローイ!POTWやら指名契約権やら色々来てるぞ!

 

1/12 POTW

概要

 

ということで、

きっちり復活はしましたが、

前述の通り欧州各国リーグの

足並みが揃っておりませんで

イングランド、フランス、

ドイツなどがノミネート外。

イタリア、スペイン、

ポルトガルにトルコなどが

入ってきておりますねぇ。

 

登場選手一覧

 

ネームバリューとしては

地味アンド地味(苦笑)。

 

リーグ別の内訳は、

スペイン  4名(☆5が3名)

イタリア  2名(☆5が2名)

ポルトガル 1名(☆5)

トルコ   1名(☆5)

オランダ  2名(☆5なし)

ベルギー  1名(☆5なし)

になります。

 

選手内容から見ても今週は

スペインが熱い!

個別に見ていきたいと思います。

 

☆5選手個別紹介

ジェラール・モレノ

 

いきなりR・マドリー

戦ったビジャレアルでしたが、

エース・G・モレノ1G1A

(1PK)で見事勝利。

アラバのハンドはかなり

気の毒(スリップしてのハンド。

手を引っ込めるも間に合わず)で、

どうにかならんもんかと思いますが

「ハンドを回避する意思」

があったかどうかまで判定すると

ジャッジが一定しないのも事実。

 

 

今回のPOTWで総合値最高。

元々はラインブレイカー

だったんですが、最近のアプデで

スタンダードがデコイラン

変化した模様です。

スルーパスも付いております。

 

で、今回のモレノ

リンクフォワードに変貌。

身長高めのテクニカルな

スタイルはベンゼマ似ですが、

決定力91ドリブル系と

Gパスが80中盤近く。

ダブルタッチ、スルーパス、

シュートスキルも豊富

かなり使えるのでは…。

個人的には当てたい選手(^ ^)

 

ヴィクター・オシムヘン

 

好調ナポリは年明け最初の

サンプドリア戦も快勝。

マリオ=ルイのクロスに

ワンタッチで合わせ先制ゴール、

その後もスピードでちぎって

相手を退場に追い込むなど、

オシムヘンは元気です(^ ^)

 

 

爆速が売りのラインブレイカー。

ドリブル技術はそんなになく、

決定力も爆上がりして84と

そこまで強そうには

見えませんが、

フィジコンボディコンが

両方高かったり、

高さもあったりして

使いやすさがあるらしいです。

 

カウンターや裏抜けのスピードと、

点で合わせる形の「両面作戦」

できるのが魅力だと思いますねぇ。

 

 

過去との比較。今回のは

Oセンスの低さが気になる

ところですが、まぁどれも

大差ないというところか。

 

ウスマヌ・デンベレ

 

バルセロナは

アトレティコとの競合対決を

デンベレのゴールで勝利。

ペドリの仕掛け、ガビ

アシスト、余っていた

デンベレが余裕のゴール、

見事でしたねぇ(^ ^)

 

しかし、フェリックスの移籍

(チェルシーへ半年レンタル)

は驚きました。WCでも

片鱗は見せていたので、クラブに

持ち帰って…と思っていたんですが。

 

どうやら、シメオネ監督との

折り合いが悪いとのことで、

クラブとしてはシメオネ

途中解任するわけにもいかず、

とりあえずフェリックス

半年外に出して(買取義務なし)

シメオネ監督

今季末に満了退任させ、

その後フェリックスを戻す

「両者の顔を立てる」

形にしたと推測します。

まぁ、シメオネ退任も

決定事項ではなく、

「どっちを取るかの決断を

半年先送りにした」

とも言えますがねぇ(^◇^;)

 

なお、アトレティコは

フェリックスなどの穴埋めのため

バルサからデパイのレンタル

がほぼ合意とのこと。

 

 

デンベレの話に戻します(^◇^;)

 

サイド限定ながら

両足使えて両サイドこなせる

超速ドリブラー。

ドリブル、ピンクロ、シュート

とスキルも揃い、今回は

ワンタッチシュート

追加されております(^ ^)

 

パスと決定力が80以下

というのが気にはなりますが、

基本ドリブル突破が

気持ちの良い選手ですので、

その後はプレイヤースキルで

なんとかしましょう(笑)。

 

 

前回POTWとの比較。

前回はヘッダーとスルーパス

が追加されており、Gパスが

81となっております。

数値的には前回、決定力を

考えるなら僅差で今回

というところでしょうか。

 

ダヴィド・シルバ

 

ソシエダ、スペインの重鎮。

大ベテランとなりましたが

クラブでの存在感はさすが。

今回も、久保アシスト未遂

(敵DFに当たる)からの

ゴールで決勝点でございます(^ ^)

 

「似過ぎている」

とされた久保との共存は、

久保をFWに上げることで回避

したソシエダですが、今度は

正真正銘のクラブのエース、

オヤルサバルが復帰してきます。

この人をどう組み込むかが課題。

3人でのローテーション

(3人のうち2人を起用)

ということも視野に入るか。

 

 

小柄でスキルフル

レフティチャンスメイカー

ですが、今回はプレースタイルが

2列目からの飛び出しに変貌。

ダブルタッチのない

左利きのイニエスタ

という感じになっております。

 

ナンバー10とまでは

言いませんが、スピ瞬がないので

飛び出しの鋭さは厳しいか。

ボールを持ってのドリブル、

パスは超一級品といえますので、

できればいい形でボールを預け、

ドリブルやターンでかわしつつ

良質のアシストを供給したい。

なお、スタミナがないので

途中交代は必須です(^◇^;)

 

 

8月のソシエダCSと比較。

8月の総合値は多分91です

(表の間違い)。

正直なところ、スピードに

これだけ振っても74なので、

POTWでも良いかもです。

 

アレックス・グリマルド

 

ベンフィカ所属のLSB。

豊かなスピードで機を見た

オーバーラップを仕掛け、

精度の高いクロスでチャンスを

作り出す攻撃的サイドバック。

バルサ育ちのスペイン人ながら、

当時のL・エンリケ監督と衝突し

ポルトガルへ移籍するという

異色のキャリアを歩んでおります。

 

中村航輔がMOMに輝いた

ポルティモネンセ戦で高評価。

 

 

攻撃的サイドバックとして

比較的オーソドックスな能力。

ドリブルやシュートスキルがあり

やや攻撃に振れておりますが、

インターセプトが追加され

バランス良くなった印象です(^ ^)

 

ピンクロ持ちとは言え、

Fパス精度が80とやや

物足りなく、守備力や

身長の低さも不安要素。

ただ、今週はLive Updateの良い

LSBが比較的少ないので、

スタメンでも良いかもしれません。

 

マウロ・イカルディ

 

トルコで活躍中、本来なら

WCの地に立っていなければ

行けなかったはずの能力を持つ

アルゼンチン人CF。

代理人であった有名妻、

ワンダ・ナラさんとは離婚した

ようで、代理人でもなくなった

模様。これでイカルディ

キャリアにも新展開があるか。

「貧乏神」みたいに言うのも

何なんですが…(^◇^;)

 

強豪フェネルバフチェ戦で、

途中出場から1G1AのMOM。

 

 

スパサブスルーパス

付くという見事な強化(^ ^)

シュートが命のボックス

ストライカーでしたが、

スルーパスが付いてGパスも

73になったとなると

アシストでも貢献できるか(^◇^;)

 

物足りなく見えたトラップ系の

技術も、スパサブブーストが

入ればかなり改善されそうなので

これは使う価値があるかも。

 

 

前回との比較。

数値は行って来いですが

スキル2つ追加があまりにも

大き過ぎる。今回の勝ち(^ ^)

 

ダニーロ

 

セレソンでWC出場した

ユヴェントス守備の

ユーティリティ。ユーヴェは

ボヌッチ、ブレーメルがケガで

守備陣が火の車ながら、

ダニーロ、ルガーニ、

A・サンドロの3バックで

完封勝利しました。

この状況でよく8連勝、

8試合無失点できてます(^◇^;)

 

決勝点のダニーロも良いですが、

個人的にはアシストの

F・キエーザを出して欲しかった(T . T)

 

 

ワンタッチゴールということで

ワンタッチシュートが追加。

元々は攻撃的サイドバックですが

CB起用だったのでハードプレスに。

守備力も超強化されたものの、

CBとして使うにはまだまだで、

フィジカル等々も考えると

守備的なサイドバック起用

が無難。

 

DFライン全て務まる

汎用性は嬉しいところで、

今週はLive UpdateAでもあり、

ベンチに置いておけば

3ポジション賄えます(^ ^)

 

 

過去との比較。

どこで使うかにもよりますが、

個人的にはブラジルパック

が優秀だと思います。

これだけ守れる

攻撃的サイドバックも珍しい(^ ^)

 

あとがき

 

意外と時間がかかった(^◇^;)

次回はエピックを大解剖。

好きな選手だけに、

獲得しようか、迷ってます。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村