【eFootball 2023】 11/28登場ベルギーパック大解剖!総合値100も見えた天才OMF&安定感抜群超大型守備的GKが目玉!

ハイライト
WISTERIA
WISTERIA
12/1メンテ前に執筆。

 

WISTERIAでございます。

 

ビシバシいきます。

今回は…

 

 

11/28に登場しました

ベルギーパックを大解剖。

 

「黄金世代」

円熟期のWCとなりましたが

なかなか苦労しているようです。

そのあたりも解説しつつ

全選手ビシッと育成までやります。

 

各種パック解説

eFootball2023 11/17ブラジルパック

爆速ネイマ&優秀センターライン

【eFootball 2023】爆速若ネイマール&頼りになるセンターライン!11/17登場ブラジルパック全選手の能力・育成案・獲得判断まで徹底解剖

eFootball2023 11/17フランスパック

ベンゼマ・エンクンクなど超有能!

【eFootball 2023】無念の代表離脱・ベンゼマ・エンクンクをはじめほぼ全員が超有能(T . T) 11/17登場フランスパック全選手の育成案徹底解剖

eFootball2023 11/17アルゼンチンパック

エピック・メッシ1人で1500コインの価値

【eFootball 2023】エピック・メッシ!それだけで入手する価値あり(笑) 11/17登場アルゼンチンパック全選手の育成案徹底解剖

eFootball2023 11/21 イングランドパック

超新星BtoBに注目も被り多し!

【eFootball 2023】初戦快勝!先制点を挙げたBtoBの超新星と「中盤ハードプレス」が目玉の 11/21登場イングランドパックを大解剖

eFootball2023 11/21 ドイツパック

初登場&C固定満載の新鮮パック!

【eFootball 2023】依然崖っぷち(苦笑)。最強キミッヒが目玉!初登場選手が意外と多い 11/21登場ドイツパックを大解剖

eFootball2023 11/24 オランダパック

CB王国!天才MFも初登場

【eFootball 2023】控えもワールドクラス(笑)超強力なCB陣と天才MFが目玉! 11/24登場オランダパックを大解剖

eFootball2023 11/24 スペインパック

激強アンカー&若き天才MFで充分

【eFootball 2023】激強アンカーと若き攻撃の柱が目玉!スパサブ勢も見逃せない超優良メンバーの 11/24登場スペインパックを大解剖

 

過去記事

eFootball2023 11/24 エピックイングランド

サイド限定Big Timeベッカム

【eFootball 2023】右サイド限定Big Timeベッカム登場!OMF追加スコールズに超強化オーウェンも! 11/24 エピック・イングランド(2002)を育成案まで大解剖!

eFootball2023 11/24 クロアチアNS

両足使い大集合!飛び出しスパサブ

【eFootball 2023】「両足使い」大集合!「最後の大舞台」バロンドーラーと「万能飛び出しスパサブ」が目玉の 11/24クロアチアNSを大解剖!

eFootball2023 11/28 POTWWC

七変化グリーズマン

【eFootball 2023】ワールドカップの優秀選手!「七変化」グリーズマンにイングランドの「希少若手BtoB」が登場! 11/28 POTW WCガチャの注目選手を大解剖!

 

11/28 ベルギーパック

概要

 

アザール兄弟、ルカク、

デ・ブライネらが揃った

「黄金世代」

が30歳前後という円熟期、

FIFAランク2位で迎えた

期待高まる今大会。

序盤2戦は苦労が続き、

モロッコに敗れた2戦目後は

地元で暴動が起きたようです(T . T)

 

アザールが不調、ルカク

ケガ明け、デ・ブライネ

精彩を欠くという中で、

大会中の復活&復調はあるのか。

 

登場選手一覧

 

育成後最大総合値がこちら。

チームスタイルブースト後

(フォメ組込後)の総合値が

100に到達する可能性のある

デ・ブライネを筆頭に、

過去最高能力であろう

クルトワ、不調ながらも

さすがの能力のアザール、

ルカクが上位に来ております。

 

個別選手紹介

ケヴィン・デ・ブライネ

 

現状のベルギー最大のタレント

である絶対的司令塔。

マンCでの活躍はご承知の通り。

年々凄みと精度を増すパス、

天才肌ながら運動量と強さ

兼備し、ゴール数も増えている

ハーランド加入で今季は

アシスト寄り)という

「完全無欠のOMF」。

 

心配なのはとにかくケガ。

マンCでもある程度

ローテーションを組まれて

おりますが、特に代表では

替えが効かないだけに…。

周りの不調に引っ張られて

精彩を欠いているようにも見え、

真価の発揮が待たれます。

 

 

いよいよ

「総合値100」

になった(らしい)能力。

攻撃性能が軒並み80を超え、

スキルも有能揃いと充実。

 

ただ、私もそうなんですが

機動力不足「重め」の操作感

気になる方も多いかと。

ガチスカスタメンに起用

している方はあまりいません。

POTWでの登場が待たれます(^◇^;)

 

 

マンCのCSと比較。

決定力の爆上がりと

レベル上限分で今回に軍配。

 

ティボー・クルトワ

 

ベルギーの絶対的守護神

にして、R・マドリーの

正GK。ここ数年は

「世界最高のGK」

という称号は彼のものに。

 

決して調子の良くない

ベルギーが初戦カナダ戦を

勝てたのも、PKストップを

含む完封を果たした彼のおかげ。

逆に2戦目は「曲者」モロッコの

FKでニアを抜かれるなど

痛恨の2失点を献上。

前線の不調が目立つだけに、

彼の活躍は不可欠なんですが…。

 

 

さすがの超一流GK、

キャッチング以外

80後半に乗るGK能力は

見事です。それ以上に

「高身長は正義」

のeFootball仕様があるだけに、

199cmの守備的GK

能力以上の価値があります。

レジェンダリー、エピックを

差し置いて起用するプレイヤーが

多いのも納得(^◇^;)

 

唯一の不満は

低弾道パントキックを

所持していないことくらいか。

 

 

マドリーCSとの比較。

レベル上限とチームスタイル

の分だけ今回のに軍配が。

乗り換えで良いかと(^ ^)

 

ロメル・ルカク

 

前回大会も活躍。

圧倒的体格と身体能力、

スピードに技術も備わった

モンスター系ストライカー

「ビッグ・ロム」。

チェルシーで不調に喘ぎ、

インテルに出戻ったものの

ケガで出遅れという状況。

 

復帰途上ながらも、モロッコ

戦のピンチに無理矢理出場。

やはり状況は芳しくないようで、

目立った活躍はできませんでした。

代わりのバチュアイはやはり

数段劣るだけに、大会中の復調を

祈るしかありませんが…。

 

 

フィジカルと決定力を備えた

大型ボックスストライカー。

個人的には、意外と瞬発力も

あるなぁという印象ですが、

体格もあって重さは感じます。

ポストプレイはパス精度が心配、

キープ力も高いとは言えず、

点で合わせるかコンカを狙うか

ということになります。

 

で、一番の心配は波の大きさ。

Live Updateが良くても

不調を引いてしまう確率が高く、

ギャンブル感は否めません。

 

 

インテルパックとの比較。

振り方とチームスタイル分で

多少凸凹しておりますが、

実際はほぼ変わらず。

 

アクセル・ヴィツェル

 

ベルギー黄金世代の

中心選手であるレジスタ。

アフロの見た目で目立ちますが、

プレースタイルは地味。

ただ、ボール奪取技術と

巧みな配球は実に玄人好みで

「効いてるなぁ」

と唸ることが多々あります(^◇^;)

 

アトレティコでは3バックの

中央、リベロ起用が主戦場。

機動力のなさを経験で補う

ベテランらしいスタイルです。

 

 

とは言うものの、機動力が

ロドリ、ブスケッツを下回る

「超鈍足アンカー」

でありまして、

「走らせたら負け」

というわかりやすい選手(^◇^;)

ま、アンカーなので基本は

中盤底に鎮座し、動かない守備と

散らしのパスができれば

問題は少ないと思いますが…。

 

 

指名契約権との比較。

チームスタイルが高い分

今回の方が良いかなぁ

という感じ。育成が

ブレている(指名契約権は

8月当時の育成案)あたりが、

私の迷いを反映してます(笑)。

 

ユーリ・ティーレマンス

 

レスター所属の

隠れた有能BtoB。

基本的にはセンスあふれる

攻撃性能が魅力の選手ですが、

守備もきっちりこなし、

量と質を兼ね備えたCMF。

今季開幕前はアーセナルへの

移籍が噂されましたが残留。

 

 

総合値以上に活躍できる

選手だと思います。

攻撃の精度はシュート以外高く、

逆足精度も高くて

パス中心にスキルも充実。

守備もきちんとこなし、

インターセプトも持ってます。

 

調子の波が普通で、

レスターの調子自体が

今季極めて悪いのが心配。

あとは、飛び抜けた長所がなく

ガチスカスタメン起用に足る

決定的根拠に乏しいのも…。

 

エデン・アザール

 

ベルギー黄金世代の旗手。

超絶技巧と決定力の高さ

チェルシーとベルギー代表の

中心選手として活躍して

きましたが、R・マドリー移籍で

評価が暗転。何しろケガが絶えず、

まともに活躍できてません(T . T)

 

練習嫌いで体重が増えやすく、

今大会の会見でもそこを質問され

不機嫌になったとか(^◇^;)

結果で黙らすしかありませんが…。

 

 

以前は

能力は高いけどスキルに

癖があり扱いにくい選手」

という印象でしたが、現在は

スキルも有能なものが増え、

どうにか使いこなせそうな

選手になってきた感じ。

ポジション適性も広いですが、

スピードを重点強化し、

ウイングでも大丈夫かと(^_^;)

 

ただ、この人も近年の不調を

反映してか、波が大きくなり

ギャンブル性が高いことに(T . T)

所属のマドリーでも

出場機会が限られてるので…。

 

ヤン・フェルトンゲン

 

大ベテランとなりました

ベルギー守備の柱。

長身のレフティCBとして

堅い守備力とフィードが持ち味。

今季はベンフィカから母国

アンデルレヒトに移籍。

長いキャリアを誇りますが、

若くしてアヤックスに所属したので

実は母国リーグは初(^◇^;)

 

 

守備力、高さ、パス能力

信頼できるものがあるCB。

LSB起用も可能なため

便利な選手と言えますが、

インターセプトとブロッカーが

なく、スピードが遅くて

波が普通という点で厳しいか。

 

レアンデル・デンドンケル

 

イングランドの中堅クラブで

活躍する堅実な守備者。

ボランチとCBに対応し、

フィジカルと技術を融合した

守備は信頼が置け、奪ってからの

繋ぎのパスも安定。

「過小評価されている選手」

として取り上げられることも

多い「いぶし銀」系の選手です。

 

日本人的には、お名前が

ちょっとコミカルで気になる(笑)。

 

 

大型の守備的アンカーとして

信頼できる能力の持ち主。

サイズとフィジカル、スキルも

多数揃えた守備、

キープ力も一定以上あり、

ロングパス系のスキルも所持。

 

波が普通、ワンタッチパスと

スルーパスがないのが多少心配。

育成はバランス重視でしたが、

もう少し守備寄りでも良いかも。

 

ティモシー・カスターニュ

 

RSBとRWBで躍動する

活きのいいプレイヤーですが、

左サイドも器用にこなし、

代表では3CBの右も務まる

マルチぶりが評価されています。

スピードを生かした攻撃

意外に堅実な守備能力が魅力。

 

 

eFootball能力としては

ガチスカにはもう2歩ほど。

スピードとドリブル、クロスは

ギリギリ合格くらいですが、

スキルも少なく波も普通で、

絶好調だとしても…。

 

ミシ・バチュアイ・アトゥンガ

 

確か最近までeFootballでも

「ミシ・バチュアイ」

という名だったと思いますが、

いつの間にやら

「アトゥンガ」

というお名前が追加された

ベルギー第2のストライカー。

 

初戦貴重なゴールを挙げるも

最前線でボールが収まらず、

タイプが違うとは言え、

ルカクとはちょっと格が違う。

モロッコ戦敗戦の一因は

正直彼にあると思いますねぇ。

3戦目の活躍に期待します。

 

 

スピードあるラインブレイカー

でスパサブではありますが、

それにしても決定力が低く

ガチスカには厳しいです。

波も大きいので…。

 

トマ・ムニエ

 

右サイドに不安を抱えた

バルサからもお声がかかった

(条件面で折り合わず)

大型のRSB。

単独での突破力はありませんが、

ダイナミックなオーバーラップ

味方との連携で崩しに参加する

タイプの選手で、時には最前線に

上がることもあります。

 

現在ベルギー代表では

カスターニュとの併用。

 

 

珍しい超大型のRSBで、

守備力は低いですが、SBで

ネックになりがちな高さが

期待できるのが特徴。

瞬発は低いもスピードがあり、

ピンクロを所持し攻撃力が

期待できる選手ですが、

シュートスキルを持つ割に

決定力が低いチグハグさも(T . T)

 

波が普通、ドルトムント所属で

C固定というのが残念。

 

獲得の判断基準

クルトワ次第ですかねぇ

 

総合値100デ・ブライネ

守備的GK最高峰のクルトワ

が目玉になるわけですが、

これまでの傾向を考えると

デ・ブライネが急激に

使用感が良くなりそうにもなく…。

 

クルトワに関しては、

今後POTWで出てくる可能性

(12/1メンテ前執筆)

あるので、それの動向次第

獲得を考えるのも良さそうです。

 

軒並み「調子の波」が心配

 

能力ある選手は他にも

多数存在するわけですが、

現時点での状況を反映してか

「調子の波」

が軒並み普通以下なので、

獲得してもスカッドに入れるのは

かなりリスキーな存在に。

 

前の「ウイイレ」時代のように

「国籍別で調子固定」

なんて戦いが出てくれば

活躍して来れそうな感じですが…。

 

私の判断は…

 

ステイです(^◇^;)

クルトワが他で獲れるかどうか。

 

ただ、GKは現時点で

間に合ってるポジション

ジーダシュマイケルで…)

なので、よほど使用感が良い

という報告がなければ、

そのままスルーしてしまう

公算も高いですねぇ。

 

あとがき

 

メンテ速報を挟んで

ポルトガルパック

出せれば。

間に合わなければ

POTW等を優先します。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村