Jan.4:CSガチャ結果1トッテナム編〜チームは好調ですが…〜【ウイイレ2021 myClub】

今週のイベント
WISTERIA
WISTERIA
いつものことですが…。

 

WISTERIAでございます。

 

体調悪し…(T . T)

風邪ひいた妻

「濃厚接触者」

(コロナではありませんが)

となってしまう私は、大概

妻が風邪をひくと後を追うように

体調不良となります。まぁ

仕方ないことなんですけどねぇ。

 

一方の妻は風邪薬を飲んで一日

寝ていましたら多少回復。

どうにか出勤しております。

私も無理せぬよう、おとなしくします。

 

さてさて本日は…

 

 

ようやくここまで辿り着いた(^◇^;)

新年4日から開催のCSガチャ

トッテナムマンCでございます。

本記事はトッテナムの模様をお届け。

新年1発目に良い選手は獲れたのか。

 

WISのブログ、始めます。

 

Jan.4:CSガチャ結果トッテナム編

概要とラインナップ

 

トッテナム・ホットスパー

(6週間ぶり3回目)

 

現在プレミアリーグ暫定4位

1試合消化が少なく首位との

勝ち点差が4。

久しぶりの混戦模様となった

プレミアリーグで首位を争っており、

モウリーニョ監督らしい堅守速攻

硬質なチームができつつあります。

 

ホイヴュア、M・シソコ

ヌドンベレという中盤の構成が

「いかにも」

という形に収まり、筋肉質な

中盤から後ろでガチッと守った後は

ケインソン・フンミンらが待つ

前線にボールを預けるシンプルかつ

効率的なサッカー。前線の2人が

揃って2桁ゴール、22G16Aという

突出した数字を挙げております。

 

逆に、この2人を失った時に

モウリーニョがどう対処するか。

特に、足りない中盤の

クリエイティビティをも補っている

ケインが長期離脱となると…

 

選手能力と獲得希望

previous arrow
next arrow
Slider

 

持ってる:ケイン(POTW)

ヌドンベレ(CS)

 

本命  :D・サンチェス

対抗  :ソン・フンミン

当たり :ヌドンベレ(乗り換え)

ケイン(フュージョン要員)

 

ちょっと渋い評価でしょうか。

対抗のソン・フンミンも育成で

それほど伸びずMAX総合値は93止まり

守備力、スピード、フィジコンの高い

D・サンチェスは相変わらず本命

(実際のサンチェスはポカが多く

あまり信用していませんが…)ですが

あとは乗り換えのヌドンベレ

POTWの育成要員としてのケイン

欲しいくらいですかねぇ。

 

1人目

 

対抗に挙げました

ソン・フンミン。

 

圧倒的なスピード研ぎ澄まされた

決定力はまさに脅威。

これがアジアのライバルですから

日本もどうにか抑える方法を

考えなければいけませんねぇ。

 

ウイイレ的には、MAX総合値が

93と意外に伸びないのが残念。

まぁ特徴がはっきりしているので

割り切って使えばいいんですが。

やはりフィジコンが最大の弱点

 

2人目

 

本命確保!

ダビンソン・サンチェス!

 

圧倒的なフィジカルスピードを

兼ね備えるコロンビア代表CB。

守備面での積極性は買いたいんですが

時にそれが裏目に出て軽い守備になる

ことが散見。集中力を欠いたミスも多く

今季出場試合が5試合、基本的には

アルデルヴァイレルト、E・ダイアー

控えという位置付けになっております。

 

しかし、ウイイレではこの能力は強い(笑)。

フィジカルがあり基本的守備力が高く

身長187cmスピードがMAX90

こういう選手(ミスの多い選手)の

「実際の能力」を数値化するのが

「コンディション安定度」

なんだと思うんですが、

サンチェスと同じ「5」のCB

我が軍所属選手で

ラングレ(バルサ)、ボヌッチ(ユーヴェ)

というのは何とも解せないところ。

 

3人目

 

ほうほう、

ムサ・シソコ。

 

このトッテナムで適応に苦しみ

戦力外になりかけた時期もありましたが、

ここへ来てスタメンの座を勝ち取った

フランスの重戦車。その理由は

監督の求めるスタイルにあるようで、

チーム・選手間では常に尊敬を集める

頼れる兄貴分であり続けています。

 

中盤に強度と推進力をもたらす選手で

パス精度とクリエイティビティは低め

監督に求められたタスクを忠実に

遂行することに長け、とりわけ

中盤右サイドに置くと推進力と守備力を

両方担保できるのは強みだと思います。

モウリーニョのもとではその守備力と

強度を買われてボランチ起用

 

ウイイレ的には、レベル1能力はアリ

だと思うんですが、ベテランとなり

伸びしろが低いのが残念

それでも、この身長とフィジカル

スピードが90を超え瞬発力もあるCMF

と考えれば使いどころはあるかも。

Iconic Momentヴィエラとかが

いなかったらなぁ…(^◇^;)

 

トッテナム総評

 

本命対抗をゲットしました。

まぁでもまだちょっと地味な感じ

否めませんねぇ。

IMの具合もありますし

(今週後半にIMトッテナムは出ますが)

Matchdayチームで使うことも

なさそうですから…。

 

ゴール動画をいくつか

ザニオーロ

 

前線の選手全員使って崩す

スルーパス

 

 

ゴール動画をしばらく扱ってなかったら

撮ってある動画が古くなりそうなので

毎日いくつか紹介します。

 

まずはザニオーロ

80分を過ぎモラタレビッチという

スパサブコンビを投入しており

その選手たちを全員使った攻撃。

右から左へ展開していくんですが、

ザニオーロちょっとの溜め

レビッチへのアウトサイドキック

スルーパスが鮮やか(^ ^)

 

出した選手を全部使ってゴール

というのは監督冥利に尽きます(^◇^;)

 

C・ロナウド

 

カウンター

クロスオーバードリブルからの

スルーパス

 

 

延長戦後半のカウンターのチャンス。

人数は不利なんですが、それを

ものともしない見事なスルーパスと

突破からのループシュート(^ ^)

 

ロナウドがパスをもらいモラタ

ダッシュしていったコースを見て、

それと交差する形でドリブル開始。

これをやると本来ならロナウド

何人かDFが連れられる、はずなんですが

今回は全く動きなし(笑)。

それでもビシッと出したスルーパスが

見事モラタに通り(正確には

DFから強奪)決めてくれました。

 

ルンメニゲ

 

ダブルタッチ突破

2連発

 

 

ダブルタッチの突破というのは

当然狙ってやるわけですが、

やられた側というのは結構頭にきて

次のDFも突っ込んでいってしまって

さらにダブルタッチを決められるという

悪循環に陥りがち(^◇^;)

 

守備はできるだけ飛び込まずに

周りの状況と頃合いを見計らいながら

獲るべき時に獲りに出る…

攻撃をしながら、自分の守備を反省する

材料になる動画ですねぇ。

 

あとがき

 

次回はマンCの模様をお届け。

明日は追いかけ更新となりますので

今日もう1本出す予定でおります。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村