Jul.15:ライジング&スタンプ結果報告〜ワサコレ甘くない〜&MVSタワー〜MVSの塔への参加は…〜【ワサコレS】

ウイイレ2021
WISTERIA
WISTERIA
早起きしてワサコレ(^◇^;)

 

WISTERIAでございます。

 

ワサコレを開始して1週間近く。

不思議と早起きすることができる

ようになり、活動時間が増えました(笑)。

目覚ましアラームより効果的ですな。

 

これでユニオンなんかが始まったら

ビシッと朝から頑張る姿が

容易に想像できますが、まぁ

日常生活が破綻しない程度に

やりたいと思います。

 

というわけで、本記事は

7/15に終了いたしました

ライジングアカデミー

スタンプマッチ

の結果報告でございます。

 

 

そして、参加要件が我が軍にとって

かなり厳しいものであるタワー

そちらの初日の状況をお届けします。

 

7/12今後のイベント&「2022」の噂

Jul.12:今週以降のイベント・ガチャ情報〜KONAMI International Cup〜&「ウイイレ2022」は製品版無料?の噂【ウイイレ2021 myClub】

7/12ワサコレフォメ紹介

Jul.14:3年ぶり再開のワサコレフォメご紹介〜わからないことだらけ〜&ウイイレゴール動画解析〜必殺・自陣からのFK〜【ワサコレS】【ウイイレ2021 myClub】

7/15ウイイレフォメ紹介&今週後半イベ

Jul.15:Fans’ Choiceガチャを踏まえた今週のフォメ〜堂々巡り〜&今週後半のイベント【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

ライジングアカデミー結果

選手はいいものが出ず

 

ライジングも終了したわけですが、

途中からの参加ということもあり

ライジングアカデミーそのものの

選手強化はドライに見切りました(^◇^;)

 

とりあえずMVS選手を中心に作成

しようと考えましたが、早々に

切り上げていることもあり

☆4選手ばかりという結果になり割愛(^_^;)

 

道中の課題クリア報酬

 

課題もこんな感じ。

SPSには期待したんですが、

リヨンのメンデスさんで玉砕(T . T)

こう並べてみると結構悲惨な引き(笑)。

 

スタンプマッチ結果

とりあえずここまでやりました

 

メインに関しては210個まで

回しました。エナボ1つあたり

スタンプ30個前後(40GP×4or5個)

と換算し、これ以上は厳しいと判断。

次は498個ですからねぇ(^_^;)

 

 

サブチームに関しては

よりエナボが厳しかったため

その手前の140個止まり

 

 

こちらはスタンプ道中と

ライジング道中でこれだけの

当たりが出たもんですから(^◇^;)

ライジング券でSPSヴェッラッティとは…。

 

スタンプ結果報酬

 

まずは全クリア報酬!

 

 

CBからボランチにコンバートされた

マルセイユの若手B・カマラ

 

そしてスタンプ結果報酬!

 

 

SPSチャレンジの方が

コストが高い(笑)。

 

ここで、ちょうどSPポイントが貯まり

もらったSPS券の結果も!

 

 

なんとも中途半端な結果に(^◇^;)

 

MVS極券は後ほど。

 

サブの結果は…

 

 

あっさりチャレンジガチャで

SPSを引きおってからに…(T . T)

 

そしてタワーへ…

参加要件

 

参加要件は、先週末から再開した

我が軍には厳しいもの(T . T)

 

とりあえずメインチームは

極MVS    :4名

COST32以上MVS:4名

 

あと1名極化(もしくは獲得)で

とりあえず塔1つ登れることになります。

COST32以上なら3つ目の塔の

要件も1つクリアに!

 

スタンプ極MVS28券の結果は…

 

 

 

 

 

 

誰かは存じ上げませんが…

(今季降格したバジャドリーの選手)

 

 

これで極MVS5名!

課題クリア(^ ^)

 

COSTも32を突破したため

あとは、極3名プラス

ラストの塔も登れます。

間に合うのか?無理っぽいなぁ(^◇^;)

 

サブチームは

極MVS    :4名

COST32超MVS:7名

であります。数ではこちらが上。

クオリティは、まぁベンゼマの分

メインの方が…(^◇^;)

ただし、被らなければOKなので

難易度はメインより低いです。

 

結果は…

 

 

必要十分(笑)。

 

 

フォメには改善の余地はありますが、

一応これでこちらもクリア(^ ^)

 

道のりは険しく…

 

ありましたねぇ、こんなの(^◇^;)

 

 

ありましたねぇ(笑)。

 

色々思い出しながら、急かされるように

登ったタワーですが…

 

 

道のり険し(T . T)

お相手さんに全く勝てません(><)

 

やはり、今のワサコレはチーム力

だけでは勝てないようです。

ボコボコにやられて登るのも

ままなりません(T . T)

早急に戦力見直しを図るとともに、

私でも勝てるような皆様方が

登るまでGPを貯めようと決意。

おそらく早期到達ギリギリの

突破になると思われます(^◇^;)

 

「世代交代」を急ピッチで

 

やはり、ユニークスキル等を揃えなければ

勝ち抜くのは不可能と悟りました(T . T)

高コストであり、愛着のある

ラモスデ・ロッシを外すのは

躊躇われましたが、勝てないんであれば

意味がない、と大鉈を振るいました。

デミラル、デリフトのユーヴェコンビに

LSBはティモシー・カスターニュ

無理やり起用(適性は赤ですが)。

 

極MVS選手は必ずしもスタメン起用

しなければならないわけではないですが、

オフェンシブMVSを4人起用すると

アクティブ連携により爆烈強化されるようなので、

COST24の極MVSマクニール

スタメン起用するという結果に(^◇^;)

 

ベンゼマカラム・ウィルソン

コンビ起用するとアクティブ連携のAが

2つ付くという好相性のようなので、

2トップの布陣にしてみました。

 

道中SPSチャレンジ

 

がっかり(T . T)

 

 

サブは相変わらずチャレンジ券から

サクッとSPSを引いております

(ただし被り)。

 

ログインアニバーサリーセレクト

選べるといいましても…

 

COST32以上選べるガチャ券

大盤振る舞いというところですが…

 

 

ピタリ2名から選べ

と言われましても(T . T)

 

一応サネをもらっておきました。

 

ウイイレゴール動画解析

カンテ

 

飛び出しからダイレクトクロス

 

 

チェルシーのMatchday

それまであまり使わなかった

カンテですが、言うほど悪くはない

印象は受けました(^ ^)

ヴィエラのようにリーチがあるわけでは

ありませんが、その分俊敏性が高く

彼に合った守り方をすれば

サクサクボールハントできる気がします。

 

攻撃面でも同じ。上記動画のような

小気味よいダブルタッチ(失敗してますが)

を挟みながらパスアンドゴーをかけ、

飛び出してからのダイレクトクロス!

のっしのっしと上がるヴィエラと対照的に

軽快なプレーをしてあげれば。

 

ルンメニゲ

 

横向きトラップスルー

 

 

これも結構効くプレーです(^◇^;)

ルンメニゲが縦パスに対して

垂直方向に走り拾いに行きます。

敵も当然併走してくるわけですが、

そこを横向きにトラップスルーでまたぎ

鮮やかに突破(^ ^)

 

周りの状況を考えてのトラップスルーは

効果絶大。並走していた守備選手を

置き去りにすることができました。

最終的にはクロスがOGを誘発

 

ルンメニゲ

 

連続ダイレクトパスからの

トラップスルー

 

 

トラップスルーは

「味方のパスが弱まった時」

が狙い目です。

まともなパスだと、強過ぎて

背後に大きく流れてしまいますので、

多少パススピードが遅く、足の短い

ボールの方が後で追いつきやすいです。

 

で、その絶好のタイミングが

味方の連続ダイレクトパス時

2本3本と繋ぐうちに若干パスが

ずれたり、無理やり出して

弱くなったりするので、そこでの

トラップスルーの選択。

これがいい感じに抜け出せます(^ ^)

 

B・フェルナンデス

 

ギリギリ引きつけてからの

横パス

 

 

ほんの一瞬、ワンテンポという

感じですが、これが結構大事かも。

マンUフォメ、ベッカムの斜めのパスを

ブルーノが受けます。ダイレクト、

もしくはツータッチ目の横パスという

ことは十分可能でしたが、それを

ワンテンポずらすことによって

左に構えるギグスから敵を離すことが

できました。

 

これが、往年の「ロシア皇帝」

A・モストヴォイなどが言うところの

「時間軸をずらす」

プレーにあたります。

今現在パスコースがなくても、

ワンテンポずらし敵も味方も動いた

後なら道が拓ける、という寸法。

彼らのようなプレーメイカーは

「数秒後の未来が見える」

わけですねぇ、素晴らしい(^ ^)

受けたギグスが決めていればもっと

美しかったんですがねぇ(^_^;)

 

グリーンウッド

 

タイミングを測った

スルーパス

 

 

これもまぁ結構溜めました(^◇^;)

味方の即時奪還により

ショートカウンターチャンス

ダイレクトパスを受けたグリーンウッド

自らの突破やファーサイドへのパスを

ちらつかせながら、実際待っていたのは

フォルランの抜け出し

 

敵CBのプレス(遠い方のCBが来ました)を

ギリギリ引きつけ、絶妙のタイミングでの

ラストパスになりました。

 

あとがき

 

というわけで次回は

ウイイレ・POTWEUROガチャ

の模様をお届け。

いよいよ今季最後(?)の

ドンナルンマチャンスを活かせたのか。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村にほんブログ村