Apr.5:CSガチャ結果3バイエルン編〜「ロベリーの後釜」と「マッチョ化」BtoB〜&ゴール動画解析4K【ウイイレ2021 myClub】

ゴール動画
WISTERIA
WISTERIA
前置きなしで本編に。

 

WISTERIAでございます。

 

はい、本日は前置きをカット。

 

 

4/5開催のCSガチャ

バイエルン編をお届けします。

 

CSガチャバルセロナ編

Apr.5:CSガチャ結果1バルセロナ編〜若手能力爆上がり〜&今週のイベントは…【ウイイレ2021 myClub】

CSガチャR・マドリー編

Apr.5:CSガチャ結果2R・マドリー編〜ファン待望のファンタジスタ〜&ゴール動画解析4K【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

eFootball ポイント交換

4/5追加選手

 

eFootball Leagueから

この2名が参戦。両名とも

FPとして多数登場しているので、

被りとして引いてしまうよりは

「ポイント交換で欲しい方はどうぞ」

という方がみんな幸せかも(^◇^;)

 

リオネル・メッシ

 

バルセロナの記事でも紹介の通り

メッシがこちらで登場。

トップ強化はGパスです。

カンスト項目以外の強化は嬉しいですが

IMを持っている以上は…(T . T)

 

ヨシュア・キミッヒ

 

バイエルンはキミッヒ

この方もかなり登場していますが

私は持っていません(笑)。

能力的には激強、中盤中央と

RSBを超ハイレベルに両立する

汎用性の高さも魅力的です。

現実のバイエルン、ドイツ代表でも

両立してしまうんだから凄い(^_^;)

 

「プレーメイカー」

というプレースタイルには疑問で、

それがウイイレにおいての彼の

評価を落としている気もします。

BtoBであればスタメン確定(^◇^;)

 

我が軍待望の…

 

キミッヒを獲得!

大好きな選手でありまして、

どこで使うかについてはまぁ

考えなければなりませんが、

バイエルンフォメにおいては

アラバ、パヴァールらとともに

先述変更の肝として柔軟な起用が

今から楽しみです(^ ^)

 

ノーマル2体をフュージョン!

 

 

片方無爆発が痛かった(T . T)

とりあえず総合値95ですので

試合では使えそうです(^◇^;)

 

Apr.5:CSガチャ結果バイエルン編

概要とラインナップ

 

バイエルン・ミュンヘン

(8週ぶり5回目)

 

現在ブンデスリーガ首位。

着々と首位固めを行う一方で

チャンピオンズリーグは

準々決勝でパリとの決戦を控えます。

 

このタイミングでバイエルンとしては

最も起きてほしくない事件が。

絶対エースのレヴァンドフスキ

代表アンドラ戦で全治1ヶ月のケガ。

週末のリーグ戦では代役として

シュポ=モティングを出場させた

ようですが(結果は伏せます)、

CLパリ戦を乗り切るクオリティが

出せたのか。4月はチームとして

正念場となるでしょう。

 

選手能力と獲得希望

previous arrow
next arrow
Slider

 

持ってる :ミュラー(2/8CS)

ニャブリ(2/8CS)

アラバ(1/18CS、3/25POTWCL)

サネ(12/7CS)

パヴァール(11/19ナショナルPOTW)

 

本命  :ゴレツカ

対抗  :ジューレ

当たり :コマン

乗り換え:ニャブリ、ミュラー、

アラバ、サネ、パヴァール

 

本命は未だ獲得できないゴレツカ

大型万能BtoB、重さが指摘される

向きもありますが、獲得して

使わないことにはそれもわからず(笑)。

対抗にはジューレを挙げます。

RSB適性は相変わらず付きませんが、

フィジカル系超大型CBに今回なんと

スピードが爆上がりする充実ぶり。

スパサブドリブラーのコマンは、

カンストする瞬発力の超強化が残念

ですが、こちらもMAX総合値95の

超速で後半から出るとまぁ厄介。

弱点もありますがスパサブで補填すれば。

 

乗り換え組では、

ニャブリは順当進化で乗り換え○、

ミュラーは前回のスピード強化を持ち

それを活かしたい。ただ、今回のは

決定力アップで別に育てるのも大アリ。

アラバは1月のCSを活かしつつ

POTWCLを育成中でしたが、今回のは

それよりも強いので乗り換え○。

サネも順当進化、乗り換え○。

パヴァールもいよいよ11月の

ナショナルPOTWを超える能力で

登場しましたので、これはそちらを

活かしつつの育成ということに。

 

1人目

 

1発で本命ゲット!

レオン・ゴレツカ!!

 

 

恵まれた体格、攻守のセンス、

運動量を兼ね備えた中盤の大器。

いわゆる「10番・8番・6番」

どのポジションもハイレベルにこなし、

ダイナミックな攻撃参加が持ち味で

ボール奪取からゴールまであらゆる

場面で顔を出します。

 

コロナ禍の中断期間を有効活用し

肉体改造に着手。中断明けには

見違えるほどの「マッチョ」になり

帰ってきて、プレー面でも進化。

スピードと運動量はそのままに

フィジカルがさらに強化され、名手

ティアゴ・アルカンタラから

ポジションを奪い取りました

ピンチはチャンス、

考え方、過ごし方一つで

コロナ禍も無駄ではないんですなぁ(^_^;)

 

ウイイレ能力的にも現実さながらに

フィジカル、技術、スピードを兼備

した穴のないCMF。守備力も高く

OMFで置くと中盤守備が劇的に強化

されそう(^ ^)

唯一決定力は並ですが、それを補う

キック力とシュートスキルがあるので

問題ないかと思われます。

やばい、使うのが楽しみ(^◇^;)

 

2人目

 

こちらも待望のゲット!

キングスレイ・コマン!!

 

 

フランス産超絶ドリブラー。

圧倒的なスピード切れ味鋭い

テクニックを兼備し、目の前に

スペースを与えたら彼の独壇場に。

パリSGユース出身、ユヴェントス、

バイエルンと名門を渡り歩きます。

バイエルンでは

「ロベリー」

の後釜として期待され、

ニャブリ、サネらとともに今では

その幻影を消し去ることになりました(^ ^)

 

ケガの不安は付き纏い、フィジカル面でも

貧弱さは拭えません。プレー面でも

ドリブル突破の次のプレー精度

難を抱えており課題は複数ありますが、

特大のポテンシャルを活かすべく

更なる成長を期待したいところ。

ちなみに、プロになってからここまで

リーグ優勝を逃したことがない

(12-13のパリから全てリーグ優勝)

という稀有なキャリアの持ち主。

 

ウイイレ能力的にも、長所も欠点も

現実の通りという見事な再現力(笑)。

唯一、逆足精度は現実より良い

(現実は左足の精度はイマイチ)です。

フランス代表のスパサブ要員としても

重宝するかもしれませんねぇ(^◇^;)

 

ノーマルが3人いたのでフュージョン!

 

 

そこそこ爆発(^ ^)

MAXまであと少しです。

 

3人目

 

優先順位は高くありませんでしたが…

レロイ・サネ!

 

 

こちらはドイツ代表

超速超絶スパサブドリブラー

圧倒的スピード、その中でも

ブレない超絶技巧の持ち主

FKも蹴れるキック技術の高さも○。

足が細くて長い(裏山)。

シャルケでブレイク、マンCに

引き抜かれてペップの元で戦術的

動きも学び理想的に成長(^ ^)

 

そんな中での靭帯断裂の大ケガ、

バイエルン移籍が実質1年遅れました。

ケガの影響からかダイナミズムに欠け、

特に守備面での不満があったようですが、

半年以上を経て現在では徐々に改善。

ドイツ代表に呼ばれた際、レーヴ監督から

守備意識の向上を褒められていました(^ ^)

 

12月のCSを所持しており、

フュージョンしようとも考えましたが

せっかく育成していたので(^◇^;)

そちらを活かしつつの育成にします。

 

バイエルン総評

 

待望の選手を2人ゲット

なかなか満足な結果に(^ ^)

eFootball ポイント獲得のキミッヒ

ともに中盤から前線が強化されました。

 

ゴール動画解析4K

ルンメニゲ&ベンゼマ

 

大きな展開

トラップスルーからのクロス

打点の高いヘッド

 

 

ワイドに開いた4−3−3フォメ

まだ3CF未採用の時期ですが、

これを見るとワイドの4−3−3も

悪くない攻撃ができそうです(^ ^)

 

ルンメニゲはFパス精度79で

ピンクロ未所持ですがまぁ

このくらいのアシストはできる模様(^◇^;)

 

ヴィエラ

 

進撃のヴィエラ

トラップスルーから

ど迫力ヘッド

 

 

さすがのヴィエラ。デカいだけに

パスアンドゴーで飛び込んでくると

迫力が違います(^ ^)

 

ちょっと重心が後ろの選手の

終了間際の攻撃参加ですから、

マークも付き切れずに見事ゴール。

まぁベンゼマもいましたけど(^◇^;)

 

アンヘル・コレア

 

U-2999

FKから地道に繋ぐ

初アシストの近距離クロス

 

 

自陣近くのFKから右サイドを

地道に繋いで前へ。斜めのスルーパスで

抜け出したA・コレアが近距離クロスで

初アシストです(^ ^)

 

中央より後ろのFKではいたずらに

ドカンと蹴るばっかりでなく、

地道にこうやって繋いでいった方が

ボールロストの心配がないぶん

有効な場合もあります。状況で

使い分けが必要ですな(^◇^;)

 

フリット&ルンメニゲ

 

U-2999

フリット激突の後

ルンメニゲがかっさらって独走

 

 

ほぼファウルですが(笑)。

 

フリットの突撃両者撃沈

転がったボールを怒涛の勢いで

ルンメニゲが掻っ攫うと、サパタとの

ワンツーで完全に独走。これはお相手も

納得いかなかったでしょうなぁ(^◇^;)

 

フリット

 

U-2999

真ん中を割るパスアンドゴー

 

 

U-2999チームでは

ナンバー10のフリット

そのままOMF起用。普段は当然

スタイルが反映され、あまり動かず

います。

 

が、この際はパスアンドゴーを

発動して前に突進。中央を割って

見事ゴールです。

「普段と違う動き」

を挟むとチャンスが広がる典型ですね。

 

あとがき

 

というわけで明日は

今週前半のフォメと雑談等々

メンテ中の読みものとしたいと思います。

4月から勤務形態の変化により

「追いかけ更新」

ができなくなりましたことを

改めてお詫びしますm(_ _)m

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村