【ガチャ中止→まさかの復活】【eFootball 2022】被り少なめ!有能選手ワンサカ!7/25〜フィーチャーガチャ「Serie A TIM」徹底解剖

選手紹介
WISTERIA
WISTERIA
やはり週末の夜ともなると…。

 

WISTERIAでございます。

 

土日は更新お休みm(_ _)m

早くも夏バテの模様です。

 

それはそうと、週末の夜に

リーグ戦をやっていると…

 

 

「まだD5にいるんかい(苦笑)!」

というのは置いといて

(忙しくてなかなかできません)、

マッチングするのも遅ければ

電波アンテナが4本ばかり(T . T)

アプデでアンテナの評価が

厳しくなったとは聞いていますが…。

 

我が家の環境は当然有線

ほぼルーター直結

常時数百Mbps

(混雑時もそこそこの数字)を

叩き出しているんですがねぇ。

田舎ゆえ、多少Ping値は高い

ですが、それだって20前後です。

 

3回に1回くらいは5本の方と当たり、

全く問題なく試合が

できているので

いいっちゃいいんですが、

気にはなりますよね(^◇^;)

 

ま、それはともかく、本日は…

 

 

7/25〜開催、フィーチャー

「Serie A TIM」

でございます。

プレミアと違って被りが少なく、

それでいて有能選手も多数存在。

移籍した選手もおりますので、

今のうちに確保したいですねぇ。

では、詳細をどうぞ。

 

過去記事

eFootball2022 今週獲得選手の勇姿!

ハーランド、シュマイケル、イブラ…

【eFootball 2022】ハーランド、シュマイケル、イブラ…今週獲得選手が活躍!ゴール動画にて使用感解説&「途中投入は『セット』で考える」WIS的スパサブ論

eFootball2022 7/21メンテ速報

アプデ1.1.4&読み物ベンゼマ特集

【16:30メンテ明け更新終了】【eFootball 2022】セリエA注目チーム・ローマが来た!7/21メンテ中新情報追いかけ更新&読み物:ベンゼマ特集

eFootball2022 バティが欲しいか!

レジェンダリー・ASローマ

【eFootball 2022】「マシンガン・バティ・ゴール」に期待!7/21〜開催・レジェンダリーガチャ「ASローマ」徹底解剖!

 

【さらに追記】まさかのガチャ復活

7/27のメンテで…

 

復活しましたねぇ(^◇^;)

 

理由等々については

別の記事をあげますので

そちらを参照ください。

 

開催期間短縮に注意!

 

唯一、開催期間だけが

7/30の11時までと

短縮されております。

週末ゆっくり引こうと

思っている方、注意です(^◇^;)

 

【追記】異例のガチャ中止

7/25 17:00からのメンテで…

 

なんと、このガチャ含め

大半のガチャが

「中止」に(T . T)

 

「理由の考察」は次の記事で

 

「諸事情」

とありますが、果たして

そんな一言

お詫び2万GP

済む話なのかどうか(怒)。

 

理由の考察は次の記事で。

それでは。

 

「Serie A TIM」

概要

 

今週はセリエA特集。

レジェンダリーの時点で

なんとなく予想はつきました(^ ^)

 

今更ですが、

「Serie A TIM」

「TIM」は、

冠スポンサーである

「テレコム・

イタリア・モービレ」

(イタリアの携帯電話会社)

の名前なんですねぇ。

日本のJ1で言うところの

明治安田生命J1リーグ」

みたいなもんです(^ ^)

 

登場選手

 

ユーヴェの覇権が終わり、

昨季はインテル、今季はミランと

群雄割拠時代に突入。

リーグとしてはその方が

面白いと思いますが、

国際的な競争力自体は…。

ま、覇を競って切磋琢磨し、

実力とクラブ価値を上げていく

方向と捉えましょうか(^◇^;)

 

今回登場選手の内訳は、

ミラン(優勝) 3名

インテル(2位) 3名

ナポリ(3位) 2名

ラツィオ(5位) 2名

サッスオーロ(11位) 1名

ということになっております。

4位のユーヴェがゼロ(T . T)

パートナークラブを外れる

からと言って、酷い仕打ち…。

 

個別選手紹介

カリドゥ・クリバリ

 

人気実力実績そして

ゲーム内能力(笑)において

セリエA最強と言えるCB。

長年ナポリの守備を固めた

圧倒的フィジカル、スピード

守備能力を兼備するハードプレス。

毎年メガクラブへの移籍が

噂されるも残留してきましたが、

30歳を過ぎたこのタイミングで

チェルシー移籍を果たしました。

この歳で移籍金4,000万ユーロ

(約56億円)は破格で、結果

8年止め置いたナポリ会長も

ホクホクでしょう(^◇^;)

 

円熟したハードプレスだからか

アグレッシブネスは抑え目も、

抜群の刈り取り能力を持ち、

フィジカル、スピードが高く

一定の足元技術もある

超絶有能CB。メッチャ欲しい(^ ^)

シーズン1のよりも上です。

伸びしろは少ないので、

チームスタイルを上げた後は

スタミナ(+スピード)、

瞬発Dセンスあたりを上げる

ことになるでしょう。

 

ニコロー・バレッラ

 

インテルとイタリア代表の

中盤を支える欧州でも

屈指のダイナモ。

運動量、守備力、推進力

組み立てのパスから

アシスト能力まで持ち合わせた

好タレントですねぇ(^ ^)

今季はラウタロとのコンビが

目立ち、リーグ3位の

11アシストを挙げる活躍。

「守備に奔走しながら」

と言うところを加味すると、

驚異的な数字と言えるでしょう。

シーズン中に契約延長した

ものの、リヴァプールの

クロップなどがかなり高く

評価しているだけに…。

 

非常にバランスの取れた

BtoBと言えます。中盤守備から

持ち上がり、散らしのパス、

直接のアシストまでこなせる

(シュート精度は低い)

選手ですが、スキル構成は

割と守備寄りなのが特徴的か。

ピンクロも所持しているので、

右のインサイドハーフに置いて

サイドに流れてクロスも上げる

なんて使い方ができますねぇ。

育成は、自軍の使い方次第。

この人も、欲しいです(^ ^)

 

チーロ・インモービレ

 

セリエA4度目の得点王

(歴代2位)となる

27ゴールを叩き出した

イタリアNo. 1ストライカー。

監督交代で戦い方が大きく変わり、

ポゼッションが主な攻撃と

なってもその実力を発揮。

M=サヴィッチL・アルベルト

とはもはや阿吽の呼吸(^ ^)

ただ、WC予選敗退の代表では

「内弁慶・勝負所での弱さ」

を払拭できず。プレーオフ準決勝

北マケドニア戦でノーゴールは

痛恨でしたねぇ。

 

決定力が大幅強化された

万能系ストライカー。

カウンター含めたムービング系

のイメージが強いですが、

体格的にはレヴァンドフスキ

ほぼ同じ。スピードも大差ないので

ボックスストライカー的

ゴール前で働かせるのが良さそう。

でもまぁ、だったらレヴィ

使うかなぁ(苦笑)。

ワンタッチパス所持が特徴

であり、ポストプレイや

ゴール前での連係も考えられますが、

パス数値が低いのが難点。

シーズン1の方が実は若干強い(^◇^;)

 

ロレンツォ・インシーニェ

 

長年ナポリ攻撃陣を支えた

バンディエラでしたが、

ナポリでのセリエA制覇には

届くことなく、来季は

MLSへの移籍が決定しております。

本人的にはナポリで粉骨砕身

頑張っていたと思いますが、

移籍発表のタイミングや

過去の言動から、意外にも

ファンとの関係は微妙なもの。

難しいもんですねぇ(^◇^;)

 

ウイイレ、eFootballお馴染みの

ちびっ子キュンキュンLWG。

敏捷性の塊、左サイドから

ダブルタッチで切り込んでの

コンカが定番の選手です。

「不治の病」フィジカルの弱さが

今作それほど気にならない

仕様になっているため、割と

使える選手だと感じておりますが、

スパサブが無くなっているのが

返す返すも痛い(T . T)

スピ瞬を伸ばしつつ

決定力を高めるのが良いかと

思いますが、ドリブル重視

という育成方法もアリかと。

 

サミール・ハンダノヴィッチ

 

セリエAで、現状

実績No. 1の守備的GK。

抜群の安定感ビッグセーブ

インテルのゴールマウスを

10年にわたって守り抜きましたが、

さすがに年齢を重ね細かな

ミスが散見されるように(T . T)

来季はアヤックスからオナナ

補強。世代交代という競争

待っております。

 

現役の守備的GKとしては

一流と評価して良い能力ですが、

調子の波が大きいのが痛恨。

育成としてはGKセンス、

クリアリング&ディフレクティング

を上げるのが良いと思います。

まぁ、ライバルが多いので…

(^◇^;)

 

セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ

 

ラツィオの大型CMF。

今季は政権交代により

特性が発揮できる戦い方になり、

2桁ゴール&アシストを記録。

シーズン毎の活躍の波があり、

それがメガクラブ移籍を

阻んでいるイメージがあります。

長い目で見た「継続性」

飛躍の鍵となりそうです(^◇^;)

 

技術とフィジカルに富む

大型飛び出しCMFですが、

やはりコンパスが大きく

スピ瞬も高くないのが…。

ヴィエラを攻撃に絡めた時に

感じるような厳しさがあり、

むしろ、フリット的に

「中盤のターゲットマン」

として機能させる方が…。

となると、イブラベンゼマ

などとは特徴がかぶるので、

共存は厳しそうですねぇ。

 

ドメニコ・ベラルディ

 

サッスオーロから選出の

ウイングストライカー。

右サイドからのカットイン

からシュートを突き刺す

爆発力が魅力のアタッカーです。

かつては

「ビッグクラブキラー」

として名を馳せ、そこから

停滞したイメージがありましたが、

ここへきて成長の跡が(^ ^)

 

ドリブル、パス、シュートと

バランスの良い攻撃力

持ち味のRWG。スキルも

パスとシュート中心に優秀

(ダブルタッチが欲しかった)。

育成幅も大きいので、パスと

シュートどちらに重きを置くかで

伸ばす項目を決定するのが○。

ただ、このポジションで

この能力だと、メッシ

サラーと被りまして…(T . T)

 

ハカン・チャルハノール

 

インテル移籍は大成功(^ ^)

ブロゾヴィッチ、バレッラ

魅惑の中盤を形成し、誰よりも

高いレーティングを記録。

抜群のキック精度を活かして

12アシストをマークするなど

決定的な働きを連発しました。

運動量と献身性も兼ね備えた

現代的チャンスメイカー、

個人的にはまた

「芸術的フリーキック」

も見たいところ(^◇^;)

 

多彩なキックをパスと

シュートに活かせるOMF。

機動力もそこそこありますが

スタミナが低いので

途中交代は必須。あとは

調子の波が大きいので

現環境では使いづらいか(T . T)

トレンド等でも出てましたが、

チームスタイル等を加味すると

今回のが一番強いかと。

 

テオ・エルナンデス

 

ミランで完全開花した

超攻撃的爆速LSB。

規格外のスピード

破格の攻撃力で、左サイドから

怒涛の攻め上がりを見せ

ゴールまで奪う圧巻の働き。

 

 

今期のハイライト。

80m単独突破のゴール。

とてもLSBとは思えません(^◇^;)

課題の守備力も改善され、

念願のフランス代表へも選出。

 

爆速の上フィジカルもあり、

多少の守備ならスピードで

封殺できることを考えると

全然アリなLSBです。

「インナーラップSB」

も、前作までの使いにくさはなく

私もゲレイロカンセロ

使いこなしております。

育成幅も大きいですが、

この際守備はそこそこにして

パスやドリブルなど攻撃力を

高める方針も大いにアリかと。

 

フィカヨ・トモリ

 

現SDマルディーニ

信奉する伸び盛りCB。

キャプテンのロマニョーリ

サブに追いやり、いよいよ彼は

ラツィオ移籍となりました。

抜群の速さで敵を抑え込み、

カルルとの「爆速CB」コンビ

ハイラインの守備を可能にし、

チーム全体がコンパクトになり

攻撃にも好循環を生む結果に(^ ^)

 

いかにも今作向きのCB。

スピードが大幅強化され、

CBとしては破格の数値。

最低限高さと足元技術もあります。

ディフェンス能力はそこそこで

CB起用なら集中育成。

RSB起用も十分考えられます。

 

サンドロ・トナーリ

 

ピルロの後継者

と呼ばれた内気な少年が、

今やフィジカルと闘志を秘めた

極めて現代的なMF

驚きのモデルチェンジ(^◇^;)

デュエル勝率、タックル成功数、

ボール奪取数が驚異的に上昇。

まるで背番号8のレジェンド

「闘犬」ガットゥーゾ

が乗り移ったかのような

闘争心を見せており、

シーズン終盤には決勝点を

叩き出すなど頼もしさが(^ ^)

移籍がなければ、今後10年

ミランの屋台骨を支える

ことになるでしょう。

 

まさかの「アンカー」(^◇^;)

1アンカーにするにはさすがに

守備面とフィジカル面での

ひ弱さが見受けられます。

普通に考えれば、CMFにして

アンカーを外して

「無印CMF」

として使いたいと思うんですが、

それだと面白くない(笑)。

それよりも、現状私の使う

フォメにもなっている

「ダブルアンカー」

の攻撃的な方を任せるには

うってつけの存在か。

スピ瞬はこの程度で充分として、

守備力、パス能力を鍛えるなど

「オンリーワン」

の選手を作ってみたい。

 

あとがき

 

結果は明日お知らせします。

興味深い選手が当たりました(^ ^)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村