【16:30メンテ明け更新終了】【eFootball 2022】セリエA注目チーム・ローマが来た!7/21メンテ中新情報追いかけ更新&読み物:ベンゼマ特集

ゴール動画
WISTERIA
WISTERIA
ついに情報が出てきました(^ ^)

 

WISTERIAでございます。

 

ついに情報が出ましたね(^ ^)

 

 

「FIFA 23」

でございます!

 

「FIFA〜」の名前を冠した

最後の作品

(この次は外れることが決定済)

でありまして、膨大なライセンス

(Jリーグは消滅、日本代表は復活)

と、スキルムーブをはじめとする

軽快な試合がウリであります。

 

今作から新操作

「パワーショット」

(どこかで聞いたような…)

などが実装され、同世代間の

クロスプレイ(PS5×Xbox

SeriesX/Sなど)が

可能になるようです。

 

詳しくは、また別記事で紹介

(いつになるかは未定)しますが、

eFootballが配信延期となった昨季は

ガッツリやり過ぎてしまったので、

今作は

eFootballと両立できる

適度な距離感

を持って挑戦しようと思います。

リリースは9月30日。

いつものように、9月27日からは

メンバー&アルティメット版の

先行プレイが始まるようです。

トライアルも、あるのかな?

 

で、本日はメンテ日。

新情報解禁次第、アップします。

本日の「箸休め」は、

ベンゼマのゴール動画です。

「リンクフォワード」

の活かし方を考えます。

 

eFootball2022 Breakout Stars

「本命」の次は「個性」か「マルチ」か

【eFootball 2022】「大本命」は決定。「次」が問題。「超個性」か「超マルチ」か…。「Breakout Stars」契約権で貰える☆5選手徹底解剖

eFootball2022 能力は高いが被り多発!

フィーチャー「English League」

【eFootball 2022】能力は高いが被り多発!7/18フィーチャーガチャ「English League」ご紹介

eFootball2022 今週獲得選手の勇姿!

ハーランド、シュマイケル、イブラ…

【eFootball 2022】ハーランド、シュマイケル、イブラ…今週獲得選手が活躍!ゴール動画にて使用感解説&「途中投入は『セット』で考える」WIS的スパサブ論

 

16:30 メンテ明け

早くなってますねぇ

 

早くも

メンテが

明けました!!

 

 

2週続けて17時から

早めのメンテ明け。

早まるか延長になるか

2択となっております。

別に時間通りでも

ええんやで(笑)。

 

お詫び等々もバッチリ

 

届いておりました(^◇^;)

ローマガチャは一発勝負。

まぁ、☆3でしょう(苦笑)。

 

ローマ人選

 

で、その

ローマガチャ

スタンダード選手

セリエAからの登場。

 

ということは、月曜の

フィーチャーガチャは…。

ま、お楽しみですな(^_^;)

 

これにて更新終了。

それでは、明日の記事

お会いしましょう。

 

16:10 大会ランキング発表

ASIA PS

 

不正と見做された方

上位にこれだけ(笑)。

それを除外した上位8名

ラウンド3進出となります。

レバさんとかがおりますね(^ ^)

 

ただまぁ、これにしても

不正した人が正確に

除外されている保証はなく、

そもそも、ギブアップ等に遭い

もっと獲れていた得点が

獲れずに終わってしまった

方も多数いると思われますので、

不公平感は否めませんねぇ

(突破された方には

罪はないと思いますが)。

 

ASIA Mobile

 

モバイル版での除外者は

上位4名。mayagekaさん

惜しくも落選となっております。

本人も

「時間がなかった」

と仰ってますので、仕方なし。

大会途中からランキングが

「異常」

だったため、疑心暗鬼のまま

進めた方も多かったのでは…。

 

ASIA PC

 

PC版はこんな感じ。

うでぃさんなどが予選突破。

プレイ人口の関係か、

突破のハードルが一番低かった

ことになります。あっ、

Xboxを忘れてました(^◇^;)

 

お詫びが来てます

 

ラウンド2進出者には

お詫び50,000GP

配られるようです。

 

「次回大会」は大幅な改善を…

 

今大会はこれでこのまま

遂行されていくと思うんですが、

ミソが付いてしまった感は

否めませんねぇ。

 

今後運営さんがどのような

対処をするのか、次回大会は

どういった形で開催されるのか。

私の記事でも触れてますが

【eFootball 2022】絶賛大炎上中!大会「Championship Open」で不正行為が横行する事情

運営さんには、ぜひ

「想像力」

を働かせてもらって、不正や

不公平を最初から生まない

ように、きっちりとした

ルール、レギュレーション

を整えて大会づくりをして欲しいです。

 

15:10 今週のレジェンダリー

ローマでしたか

 

今週のレジェンダリー

ローマでしたね(^ ^)

 

シーズン2も残り3週。

予告によりバイエルンがほぼ確定。

あとはアーセナルあたりが

濃厚と言われていまして、

残り1つをどこのクラブか

というところでしたが、

セリエAからの参戦となりました。

個人的には今後登場が

少なくなるであろう

ユヴェントスをどうにかして

出して欲しかったんですが…。

 

そして、最新情報としては

ユーヴェを退団したディバラ

加入するということに。

できればイタリア国外への

移籍にしてもらいたかった(T . T)

そもそも、モウリーニョ

チームに必要な人材なのか…。

 

登場選手

 

ガブリエル・バティストゥータ

アウダイール

中田英寿

 

の3選手ということになりました。

 

ローマだったら

トッティを予想してましたが、

まさかのバティが2回目の登場。

ガチャ2回目の登場選手は

eFootball初となります。

前回は4/28の代表バージョン

だったので、ローマのは初。

 

アウダイールはプレシーズン

1ヶ月チャレンジ3回目の

報酬で登場済み。ただし

私は使っている人を

見たことがありません(^◇^;)

 

中田英寿は、日本人フォメ

だったら欲しい選手ですが、

今作はスパサブが消えている

という噂なので…。

 

先週シュマイケル

頑張ってしまったので、

今週はスルーですかねぇ。

明日、詳しく紹介します。

 

14:45 アプデ:バージョン1.1.4

PS5版等の修正箇所

 

PS5などはこんな感じ。

各種不具合が改善されてます。

細かいところだったり、

地面に埋もれてしまったり(笑)、

まぁ色々ありました。

 

個人的には、ゴールパフォ時の

「スキップ」表示地味に

イライラしたのでそこは朗報。

ただまぁ、パフォに関しては

短縮するなり1回限定にするなり

そっちの方を改善してほしい

と思っているので、何とも…。

 

PS4版に関してはまぁ

公式HPをご覧ください(^◇^;)

 

アプリ側は結構改善幅が

 

ありましたねぇ。

守備時の操作方法が多少

変更になっているようです。

私はあまりアプリでは

プレイしないので、これが

どの程度影響してくるのかは

正直わからないんですが、

対応を余儀なくされるところ

ではないかと思います。

 

アプリ:フレマ実装

 

アプリでは

フレンドマッチ

ついに実装されました(^ ^)

 

まぁ、私は友達いないんで(T . T)

特にどうということはないんですが、

友達、仲間などと切磋琢磨し、

技術向上に勤しむことができます。

単純に

「仲間内で楽しむ」

ことができるのは

プラスなんじゃないでしょうか

(小並感)。

 

アプリの改善点も公式で…

 

このブログは、

「PS版」を扱っていまして、

アプリ側は各自お調べ

ください(投げやり)。

とにかくたくさんあるので…。

 

「ホームボタン」

の設置など、アプリらしい

改善が施されているようです。

 

ベンゼマさん活躍動画

能力紹介

 

私が使っているのは

シーズン1のフィーチャー

登場したこちらのベンゼマ

育成後の姿を見せたかったんですが

メンテに入ったため

見られず(T . T)

 

「リンクフォワード」

として中盤にも降りてきて

チャンスメイクにも関与する

ストライカー。

スルーパス所持が最大の特徴。

「ターゲットマン」

イブラよりはスピードがあり、

フィジカルはそこそこ。

非常にテクニカルな印象ですが

決定力もしっかりあるため

ゴール、アシスト両方できる

稀有なFWと言えるでしょう(^◇^;)

 

弱点としては、やはり

裏抜けが遅いのと、

若干の重さを感じるところ。

まぁこれも

「ラインブレイカー」

と一緒の扱い方をする方が

「お門違い」

であり、一旦ボールを預けて

キープしながら他へはたくなり

パスアンドゴーをかけるなり

してゴールに絡むという

「リンクフォワードの

扱い方」

をすれば、きっちり活躍

してくれます。

それこそ

「ラインブレイカーと

組ませる」

と、より力を発揮する

選手であると思いますよ(^ ^)

 

 

フォメ上で動きを考えると

こんな感じ。ベンゼマ

下がって受け、サイドFWが

上がったところにスルーパス、

CMFに落としたりサイドFWとの

コンビでワンツー、

パスアンドゴーで自らも

前に出るというのが基本です。

 

リンクフォワードとして

 

先ほどの話の

「サイドFWとの連係」

の基本中の基本の動き。

パスを受け、はたく。

左右のFWが前に行き、

後から追いかける格好です。

 

ムバッペのシュートの

弾かれ具合によっては

ベンゼマが拾うことも十分

想定できますね(^ ^)

今回は左のロナウジーニョ

きっちり走りこんで

決めてくれました。

 

 

何かイメージとちょっと

違いますが(苦笑)、

要は左右のFWの

「ハブ」となって、

キープなりパス出しをして

チャンスを創出するという

使い方がよろしいかと。

 

 

これが一番イメージに

近いですかねぇ。

ボランチがパスカット。

縦パスを下がって受け、

はたきながら自分も上がる。

結果的にそれが「囮」になって、

左サイドのムバッペ

フリーでコンカを撃ちゴール。

 

余談ですが、この時の

ムバッペのコンカ理想的。

特に、ファーストタッチ

「コンカを撃つため」

のものになっており、きっちり

ボールを置きシュート態勢に

入っております。

ボールを置く方向に

スティックを短く倒すのが

ポイント。

リズムで覚えるのが

良いです(^ ^)

 

パスと見せかけて自ら

 

で、左右に振ると見せかけて

自ら突破をかける

かなり効果的になります。

前半の大半をかけて

左右に振るパスに専念

「餌」を撒きます。

 

で、ベンゼマにパスが入り、

「今回もパスか」

と思った矢先に中央突破。

相手カーソルでは多少

気づいていた雰囲気

見受けられますが、

「一瞬、惑わせる」

だけでもかなりの効果があり、

ダブルタッチが綺麗に決まり

ガラガラの背後を取って

余裕のシュート(^ ^)

 

 

これはもっとわかりやすい(^ ^)

 

パスアンドゴーをかけた

メッシが抜け出しており、

「十中八九リターンパス」

だと思っているところを

キックフェイントで逆を取り、

余裕のインパクトシュート

炸裂しております(^ ^)

 

この

「チャンスメイク」

「自らシュート」

使い分けが、ベンゼマ

リンクフォワードの

活用のキモになりますねぇ。

 

抜け出しもあり

 

「リンクフォワード」

と言えども、チャンスの

場面はきっちり抜け出して

くれることがあります。

そこをメッシが見逃さず、

ビシッとスルーパスを通し

(実際は敵の足に当たり

アシスト付かず)、ズバッと

インパクトシュート。

 

今作はAIが進化しており、

プレースタイル通りの動きを

常に100%するわけではなく、

臨機応変に対応してくれます。

プレーメイカーでも

チャンスとあらば積極的に

前に出る場面もありますし、

今回のベンゼマもそう。

 

まぁ、その動きは

本家ラインブレイカーより

多少鈍いとは思いますが、

あまり決めつけずに

動きを見ていくのも大事かと。

 

あとがき

 

明日は、レジェンダリー

ご紹介になると思います。

土日に、FIFA23の紹介

できればやりたいところです。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村