Oct.12:CSガチャ結果1インテル&レンジャーズ編〜CBがまだ獲れません〜【ウイイレ2021 myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
どこまで進化するか。

 

WISTERIAでございます。

 

新車になったということで

土日に県内をドライブ

東名高速を使ってちょいと買い物に

向かいました。

 

その目的の1つとしまして、新車の

 

「レーダークルーズコントロール」

 

 

を使ってみました。

高速道路上でセットすると

ペダル操作なしで、指定されたスピード

進んでくれるアレです。

 

 

我がC–HRに付いているのは

「全車速追従」

というもので、車内のカメラで

前方の車を捉え、車がいなければ

指定されたスピードで走り

車がいれば、車間距離を自動で取って

適切な速度で追従するやつ。

渋滞で前の車が停止すると、うちのも

操作なしで止まってくれます(^ ^)

 

使ってみると、これがまぁ

便利なことこの上なし(笑)。

 

特に私は腰痛持ちのため、長時間

ペダルを踏まなくていい

(一応ブレーキは用意してます)のが

助かること助かること(^ ^)

技術の進化には驚かされるばかりです。

 

ちなみに、「自動運転」というのは…

 

 

このようにレベル分けされてまして、

今のところ日本の市販の車ではあくまで

「運転支援機能」

にとどまっております。

 

 

私のC–HRはレベル2のここに該当

(車線逸脱のアシスト機能付き)

すると思われます。

 

 

一部の高級車には自動での

追い越し機能がついているはずなので

ここまでは来ていることになります。

また、近距離移動の電気自動車などで

(東京五輪の送迎で使われるとか)

一部自動運転レベル3も実験が

行われておりますねぇ。

 

果たして、私の生きているうちに

どこまで進化するのか(^◇^;)

 

前置きが長くなりましたが本日は

10/12〜開催のCSガチャをお届け。

 

 

ダービー2つですが、皆様の興味を

均等にするため(笑)

本日 レンジャーズインテル

明日 セルティックミラン

という

「抱き合わせ方式」

でご紹介いたしますm(._.)m

 

WISのブログ、始めます。

 

Oct.12:CSガチャ結果レンジャーズ編

概要と注目選手紹介

previous arrow
next arrow
Slider

 

グラスゴー・レンジャーズ

 

スコットランドプレミアリーグ

2強の一角。

昨季国内リーグ2位

スコットランド1部リーグ優勝54回

カップ・ウィナーズ・カップ優勝1回

(欧州国内カップ戦王者の大会)

を誇ります。

 

選手構成としてはスコットランドの

有望な若手の登竜門だったり、

欧州でキャリアの晩年を迎えた大物

(かつてガスコイン、B・ラウドルップ、

デ・ブール兄弟などが在籍)が来る

イメージがあります。

現在一番有名なのは…監督

スティーヴン・ジェラード

でしょうねぇ(^◇^;)

 

ウイイレで活躍させるには

能力的にはちょっと厳しい選手たちが

多いのが正直な印象ですが、

注目選手としては

 

 

ヤニス・ハジ

でしょうか。

オールドファンには懐かしい、あの

 

 

ゲオルゲ・ハジ

のジュニアでございます(^ ^)

ルーマニア代表の10番として

94アメリカWCベスト8進出。

東欧のマラドーナ

と呼ばれました。

 

父親は左足の魔術師として

攻撃の全権を握る「王様」でしたが

息子は両足を遜色なく使い分け、

ラストパス、アシストに秀でた

10番であると自己分析。

コレクション的にちょっと欲しい(^◇^;)

 

獲得結果

 

ハジ確保!

2人は余分でしたが

特に欲しい選手も見当たらず

(失礼)、まぁいいか(^◇^;)

 

Oct.12:CSガチャ結果インテル編

概要とラインナップ

 

インテルナツィオナーレ

 

セリエA優勝18回、CL制覇3回。

昨季イタリア・セリエA2位

ここ数年はユヴェントスに独走

許しておりますが、昨季は最終的に

勝ち点差1のところまで来ました。

監督の力量に疑いの余地はない

コンテ監督(シーズン終了後に

若干ゴタゴタしましたが)が率いる

2シーズン目。期待の若手ハキミから

コラロフ、ビダルのベテラン勢など

幅広く強化されたスカッド

ユーヴェを引きずり下ろせるか。

 

サミール・ハンダノヴィッチ(守備的GK)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
GK+1クリアリング

【欲しいが…】

 

インテル不動の守護神

在籍9年目の古株になりますが

昨季も安定したプレーを披露。

イカルディ騒動

(キャプテンだったイカルディ

問題を起こしキャプテン剥奪)

の後の新主将に就任し

「背中で語るキャプテン」

としてチームを引っ張っております。

 

ウイイレ的にも長年優秀な

守備的GKとして名を馳せ、シーズンの

割と早い段階で出るインテルCS

(昨年は私もお世話になりました)

の目玉となってきましたが、さすがに

加齢により伸びしろが少なく…。

デヘア、ノイアー、ドンナルンマ

あたりとは差が開きましたねぇ。

守備的ということもあり、飛び出しに

若干遅れるのも個人的には…です。

 

ロメル・ルカク(ボックスストライカー)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CF+1ボルコン

【超欲しい】

 

ご存知フィジカルモンスター

インテル移籍初年度は

公式戦34ゴール、ELでは

11試合連続得点の記録樹立

大成功のシーズンに。

ラウタロとのコンビは

セリエA随一の2トップとなりました。

今季も開幕3戦3発と好発進。

 

本人はゲームでの自分の能力値に

納得がいかない(「FIFA」側に抗議)

ようですが、まぁ強いですわ(^◇^;)

個人的には無回転がなくなったのが

残念ですが、ロナウドに次ぐCFとして

ぜひ確保しておきたい。

 

ステファン・デ・フライ(ビルドアップ)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CB+1Dセンス

【超欲しい】

 

インテルのDFリーダー

3バックの中央として空中戦、

対人戦の強さと読みの鋭さ、

ライン統率力を発揮。攻撃の

1歩目のパス出しも正確

安定感抜群の働きを見せています。

 

超欲しい(笑)。

スピードが遅いイメージがありましたが

MAXで80に乗り現状問題なし。

ディフェンス能力は最強クラス

最低限の足技も揃う優良CB

 

ミラン・シュクリニアル(ハードプレス)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CB+2フィジコン

【超欲しい】

 

こちらも超有能CBでここ数年の

インテル守備陣に欠かせない存在。

サイズとフィジカルもありながら

インテリジェンスが際立つ守りは

欧州各国で注目の的に。

マンU、トッテナムとオファーが続き、

特にトッテナムは獲得寸前まで

いったとか。

 

レベルMAX総合値が96になる

垂涎のCB。無敵のフィジカル

ディフェンス能力は素晴らしく、

デ・フライよりも少し速いです。

今季からハードプレスに変更

されたのもポイント高し。

せめてどっちか欲しい(T . T)

 

ラウタロ・マルティネス(ラインブレイカー)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CF+2スピード

【超欲しい】

 

昨季序盤の活躍で価値が急上昇

ルカクとのコンビ、独力での

ドリブルからシュートに持ち込む

圧倒的な活躍を見せました。

個人的には後半戦がやや

尻すぼみっぽい気がしましたが…。

バルサ移籍が盛んに取り沙汰される

人気銘柄になるも移籍金高騰

逆影響を招き、バルサの政権交代

メッシ騒動」により残留決定。

 

アグエロ」なCFと捉えてOK。

バランスの取れたストライカー

今季黒球昇格。スピードの超強化

嬉しいところで、スキル枠も1つ空き

スパサブが付いたら驚異的

 

マルセロ・ブロゾヴィッチ(BtoB)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CMF+1キック力

【欲しい】

 

質と量を兼ね備えたインテル

中盤の大黒柱。昨季はバレッラ

センシなど活きのいい若手CMF

脚光を浴びましたが、やはり

この人が支えていたことに間違いなし。

インサイドハーフレジスタ

高次元でこなせる能力は

さすが代表でモドリッチ、ラキティッチ

と組んでいるだけの選手です。

 

この人も黒球昇格。スキルに

ダブルタッチインターセプトが付き

昨季よりパワーUPしております。

フィジカルが弱いのが気になるところで、

ゲイェやヘンダーソンと比べてどうか。

 

ニコロー・バレッラ(BtoB)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CMF+3ボールキープ

【欲しい】

 

昨季カリアリからインテル移籍

複数回の故障欠場期間はあったものの

ほぼレギュラーをキープ

イタリア代表にも選出された逸材。

中盤を所狭しと走り続ける戦士ながら

タックル、パス、そしてシュートと

随所に質の高さを見せます。

そのアグレッシブさゆえ

カードコレクターとしても有名で

改善の必要が。

 

昨季に比べ攻撃スキルが削られたのが

ちょっと残念。しかしそれを上回る

インパクトなのが「スパサブ化」

アランに近い活躍を期待しても

いいかもしれません。

 

アレクシス・サンチェス(デコイラン)

ポジション所持登場回数ベースアップ大幅アップ(さらに+3)追加スキル
CF+2ドリブル

【ちょっと興味あり】

 

「終わった選手」

と思われていた昨季、インテルで

復活の兆しを見せたチリ代表

主に途中出場からでしたが

ルカク、ラウタロとは異なる

独特のリズムで攻撃に変化を加える

役割を果たしました。同胞ビダル

移籍加入してきた今季は

できればケガなくシーズンを

全うしたいところ。

 

ポジションもCFに変わりましたが、

最大の変更点はプレースタイル

「デコイラン」

としてどのように動くかは

興味のあるところです。

 

1人目

 

まずはスパサブ確保

ニコロー・バレッラ。

 

2人目

 

CB来ないのか…。

アレクシス・サンチェス。

この人はこの人で気になりますが…。

 

3人目

 

今季も来たか(T . T)

ブロゾヴィッチ。

 

インテル総評

 

CB引けなかった…(ToT)

私はいつまでノーマルで

過ごすことになるのか…。

 

あとがき

 

ミランセルティック

CB確保を賭けることに…。

これでダメなら本格的に

ベッケンバウアーマルディーニ

獲りにいかなければ…(^◇^;)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村