Jun.17:Iconic Momentバイエルンご紹介〜今季獲得ラストチャンスか〜&ゴール動画解析【ウイイレ2021 myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
チームとして結果を残せるか。

 

WISTERIAでございます。

 

デ・ブライネ…やはり凄い。

エリクセンのために頑張るデンマークに

劣勢を強いられたベルギーが、

後半開始からデ・ブライネを投入。

圧巻の1G1Aで逆転勝利(^◇^;)

 

勝負どころでのクオリティの高さ

やはり素晴らしく、DF2人を

滑らせての冷静なアシスト

アザール兄弟の連続ダイレクトパスから

これまたダイレクトでゴール左隅を

いとも簡単に射抜く逆足シュート…

ハイライトでいいからぜひご覧ください(^ ^)

 

それにしてもベルギーの前線は

タレント揃いで恐ろしい。途中投入が

デ・ブライネE・アザールって(笑)。

守備は守備で、この試合はデナイエル

ビルドアップのミスから先制されましたが、

ヴェルトンゲン、アルデルヴァイレルト

守るDFをやっとこ越えたところに

クルトワ(^◇^;)

 

一番の心配だったデ・ブライネ

最高の形でピッチに戻ってきて、

リーグ戦不調のE・アザール

アシストをマーク。長期離脱していた

ヴィツェルもこの試合30分プレーし

いよいよ役者が揃ってきた印象です。

 

LSBの人材難、CBのもう1枚

ボヤタデナイエル)が落ち着かない

という問題もあり、試合運びの面でも

細かなミスが散見されるなど盤石とは

言えず不安要素はありますが、

そこをこれから払拭して

「ベネルクスのタレント軍団」

がチームとして結果を出せるか。

 

さて、本記事は

 

 

6/17より開催のIconic Moment

バイエルンのご紹介です。

しかし、全員復刻ということもあり、

後の「ゴール動画解析」の方が

分量が多くなります(笑)。

 

6/14今週前半のフォメご紹介

Jun.14:今週前半の各種フォメ一挙公開〜5バック脱却フォメ模索中「原点回帰」〜【ウイイレ2021 myClub】

6/17今週のフォメ改良の記事

Jun.17:続・今週のフォメ〜5バックの限定復活「サイドアタック対策」〜&ゴール動画解析【ウイイレ2021 myClub】

6/17POTWEUROガチャ結果

Jun.17:POTWEUROガチャ結果〜希少な選手揃いも結局は…〜【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

Iconic Moment バイエルン

概要

 

Iconic Moment

バイエルン

(2ヶ月半ぶり4回目)

 

4回目の登場となりました

パートナークラブのバイエルン。

さすがに今回はオール復刻となりましたが、

他にも出して欲しい選手が結構いるので

来作はさらに期待したいところです。

 

選手紹介:ルンメニゲ

https://twitter.com/we_konami/status/1405460207187210242

 

カール=ハインツ・

ルンメニゲ

 

バイエルン1回目に登場

Dec.10・Iconic Momentバイエルン編〜ベッケンバウアー&マテウス引くまで終われまてん〜【ウイイレ2021 myClub】

した「環境破壊級」FW

スピード、技術、決定力と

フィジカルが共存し、理不尽シュートを

これでもかと決めてくるまぁ厄介な選手。

味方として使ってしまうと、普通の

選手にはなかなか戻れません(笑)。

 

12月以来ということになりますので、

逃した方は「ラストチャンス」

でございます。ひょっとしたら

「7月のポイント交換」

に旧作が出る可能性もありますが…(^◇^;)

 

選手紹介:X・アロンソ

https://twitter.com/we_konami/status/1405462723941388298

 

シャビ・アロンソ

 

2月のIconic Momentで登場

Feb.25・Iconic Moment バイエルン編〜コレクション以外には…〜&今週のフォメ紹介【ウイイレ2021 myClub】

した名プレーメイカー。

ミリ単位で調節できる恐ろしいほどの

キック精度を誇る選手で、特に

中長距離のパスはまぁ美しい(^ ^)

 

ことウイイレではスピードが

あまりにもないので、使いづらいこと

この上ないわけですが(^◇^;)

勝敗は度外視して中盤底に置いて、

左右にロングパスをこれでもかと

通したいという衝動にかられます(笑)。

 

選手紹介:リザラズ

https://twitter.com/we_konami/status/1405461465709133824

 

ビセンテ・リザラズ

 

こちらも2月に登場

Feb.25・Iconic Moment バイエルン編〜コレクション以外には…〜&今週のフォメ紹介【ウイイレ2021 myClub】

した元フランス代表LSB。

 

身長とフィジカルの問題で

実用的とは言えませんが、

5バックの左だったら可能性は

ワンチャンあるような…

まぁ無理して使わなくても良い

とは思いますが、バイエルンフォメ

を使うという方なら。

 

WISの判断は…

 

スルーです(^◇^;)

シーズンも終わりですからね。

ルンメニゲも持っているので。

 

ゴール動画解析

ラッシュフォード

 

CFを入れ替えての

カウンター発動

 

 

通常はCFの右に1CF

(裏抜けより高さと決定力重視)、

左に2CF(スピード、裏抜け重視)

を置くんですが、この時期は

2トップの左右を入れ替えて

右からの攻撃を模索しておりました(^◇^;)

それを踏まえての右でのカウンター発動。

 

結局、フォメは元に戻しまして

(右に高さのあるFWを使った方が

セットプレー等のポジションが有利)

攻撃自体を

「左で裏抜けして右で仕留める」

ように転換することで決着し、

この試みは短期間のうちに終わりました。

1ヶ月前になるんですねぇ(^_^;)

 

クルトワ

 

トップ左右入れ替え

右からの攻撃

オウンゴール

 

 

これも上と同様、左右CFを

入れ替えておいての攻撃でした。

 

まぁこれは

「おもしろ動画」

だと思っていただければ(^◇^;)

クルトワ右手で弾いたボールが

まさかの左手に当たってオウンゴール…

実に残念(T . T)

 

ラッシュフォード

 

自陣からの高弾道FKを

スパキャン操作で

ダイレクトシュート

 

 

このパターンは習得しておいて

損はありません(^ ^)

自陣からのFK。高弾道ロングパスを

DFとGKの間に落とし、そこへ

スパキャン操作で裏に抜けていた

ラッシュフォードがダイレクトで

合わせて簡単ゴール。

 

ポイントは、FKの力加減

スパキャン操作。慣れてしまえば

それなりの確率でゴールできます。

もちろん、相手GKが守備的(今回は

クルトワ)だったり、色々ファクターは

ありますが、10本に1本決まるとしても

「自陣FKから」

ということを考えれば有効な武器。

 

ジェラード

 

ダブルタッチ突破

クルクルキープ

真横への△パス

 

 

3トップの左STだった

ジェラードが、ダブルタッチで

一人かわしてから独走。

無理せずキープしてクルッと

回りながら後ろが上がってくるのを

待ちつつ横向きで△パス。

 

これも割と決まりやすいパターンで、

無理に突っ込みがちなところを

冷静にキープすることができ、

無駄にボールを失うことが減ります。

ポイントはパスを出すタイミングで、

敵DFがボールホルダーに食いついた

ところを逃さずに出すこと。

 

フリット&デパイ

 

パスアンドゴー

ヒールアシスト

 

 

5−3−2フォメ

FWファンバステンと距離を置く

(近過ぎるとFWのダイナミズムが

著しく削がれるため)CMF起用の

フリットナンバー10が発動するため

自ら動くことは少ないですが、

その分パスアンドゴーなどで

主体的に動かしてあげると効果絶大

 

飛び出しを活かすべくOMFに置いた

デパイが、上がってきたフリット

向けてオシャレヒールパス。

あとはズドンと決めるだけです(^ ^)

 

 

ラッシュフォード&ミリサヴィ&ベッカム

 

パスアンドゴーで

敵のラインを下げておいて

外からのスルーパス

 

 

ミリサヴィがパスアンドゴーで

中央を上がっていきます。

 

右からベッカムがスルーパスを

出すわけですが、ミリサヴィの前に

左でラッシュフォードポストプレイを

しており、そこから上がっている影響

オフサイドラインを下げていた

ところが最後に生きました(^ ^)

 

ラッシュフォード

 

ゴール前

ベッケンバウアーに

足の長さで競り勝つ

 

 

ある意味残酷(^◇^;)

 

ゴール前、体を投げ出して

クリアにいったベッケンバウアー

足の長さで競り勝つラッシュフォード

インモービレの持ち出しに対し、

中で一瞬下がるあたりがOセンスを

感じるわけですが、ベッケンバウアー

としてはクリアしたかったところ(T . T)

 

カマヴィンガ&ラッシュフォード

 

トリックトラップ

コレアの飛び出しに合わせる

ラストパス

 

 

カマヴィンガのトリックトラップは、

敵のチャージからボールを遠ざけ

パスコースを確保する意味で

地味ながら効きました(^ ^)

 

あとは飛び出したラッシュフォード

先ほどもあったように、キープし

後々飛び出してくるコレアを待ちつつ

敵を引き連れてラストパス!

 

あとがき

 

というわけで月曜日は

NSガチャの模様をお届けします。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村