Jun.17:POTWEUROガチャ結果〜希少な選手揃いも結局は…〜【ウイイレ2021 myClub】

POTWEURO
WISTERIA
WISTERIA
ふと思った、素朴な疑問。

 

WISTERIAでございます。

 

埼玉県のネットカフェで

従業員女性を人質に取った

立て籠り事件が起こっているようです。

既に丸一日近く立てこもっている模様。

無事の解決を祈っております(>人<;)

 

素朴な疑問なんですが、こういう場合、

トイレとかって

どうしているんでしょうねぇ(^◇^;)

「立て篭もるぞ!」

っと計画的な犯行の時は前もって

オムツとかを用意しているかもしれませんし、

複数犯なら変わるがわる…という感じ

なんでしょうが。

まさか人質の分まで用意している

わけもなく、となると…なかなか

想像するのも恐ろしいことに(T . T)

 

しょーもない話で申し訳ありません、

ふと頭をよぎってしまい…(^◇^;)

 

 

本日は、6/17開催のPOTWEUROガチャ。

どうやら現地時間月曜日までの試合

対象となっているようです。

希少な選手もノミネートされていますが、

お目当ての選手の獲得はなったのか。

 

6/14今週前半のフォメご紹介

Jun.14:今週前半の各種フォメ一挙公開〜5バック脱却フォメ模索中「原点回帰」〜【ウイイレ2021 myClub】

6/17今週のフォメ改良の記事

Jun.17:続・今週のフォメ〜5バックの限定復活「サイドアタック対策」〜&ゴール動画解析【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

Jun.17:POTWEUROガチャ結果

ラインナップと一口選手紹介

resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165814
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165817
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165820
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165823
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165827
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165831
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165834
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165838
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165841
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165845
resize_eFootball2021SEASONUPDATE_20210617165854
previous arrow
next arrow

 

ロメル・ルカク

ベルギー代表、いきなりの2ゴールで

リーグ戦の好調そのままに好発進。

先日のベルギーNSの超速ルカクに

比べると大人しめですが、Oセンスと

決定力、スタミナが上がっているので

それと迷うくらい。他は乗り換えか。

 

ダヴィド・アラバ

オーストリア代表。まさかのリベロ先発(^◇^;)

しかし勝負どころで3バックの左に

ポジションを移して決勝アシスト。

まさに「頼れる千両役者」でした(^ ^)

ウイイレでもご存知の通りの

ウルトラ万能戦士、強化幅も上がって

3回当ててる私でも欲しい(笑)。

 

ミラン・シュクリニアル

スロバキア代表。ポーランドを破る

決勝ゴールは落ち着いたインパクト重視の

キックが見事でした(^ ^)

守備陣を統率しレヴィを完封したのも大きい。

ウイイレでも守備能力は完璧で

瞬発力が若干心配な程度か。

スキルでインターセプトは付けたい。

 

ルカーシュ・フラデツキー

【+PKストッパー】

フィンランド代表。

「エリクセン事件」があり、集中力を

保つのが非常に難しかった試合で

PK阻止を含む完封。

安定感のある守備的GKですが

まぁクルトワと比べてしまうと…。

 

マルセル・ザビッツァー

オーストリア代表。先制点を産む

「レーザービームアシスト」

はさすがのキック精度(^ ^)

ディフェンスとヘディングを除く

ほぼ全ての能力が85以上という

オールラウンダー。しかし終盤戦で

突出した能力がないというのも…。

スキルも満杯でスパサブが付けられない

のも残念。

 

ヴァウト・ヴェフホースト

オランダ代表。同国に定期的に出現する

「ハイタワー」型のCF。197cm。

試合では2点目となるゴールを挙げ、

こぼれ球への反応とシュート技術が○。

超長身ポストプレイヤーで決定力、

キック力、フィジカルは抜きん出ており

Oセンスも96、コン安も7と安定。

さすがにスピ瞬は遅く、特に瞬発力は

致し方ないところか(^◇^;)

 

ジョルジーニョ

イタリア代表。開幕戦で見事な

ゲームコントロールを見せ守備でも活躍。

パス成功率が94%とずば抜けて高く、

意外と運動量もあります(^◇^;)

しかし、再三言うようにウイイレでは…。

ライカールトくらい能力が高ければ

やれるんですけどねぇ(^◇^;)

 

トマ・ムニエ

【+スパサブ】

ベルギー代表。先発カスターニュが

負傷退場後に途中投入され1G1A。

特に、後半最終盤に内へ絞るドリブルから

敵を急襲するスルーパスをルカクに

通したのは見事でした(^ ^)

大型RSBで攻守に能力は良いんですが、

如何せんコン安が4なのが…。

RSBのスパサブも扱いに困りますし…(^◇^;)

 

レオナルド・スピナッツォーラ

イタリア代表。ゴール・アシストは

ないものの、タイミングの良い飛び出しと

守備での安定感で高評価を得ました。

こちらも高身長のSBで両サイド対応可能な

選手ですが、どうにもスキルが少なくて…(T . T)

シザーズとエッジターンって(苦笑)。

 

パトリック・シック

チェコ代表。驚異の45m弾を含む

2ゴールで勝利の立役者に。

GKの位置をよく見ていました(^ ^)

個人的にはローマ時代、肝心の

シュート精度がイマイチどころではない

残念感があったんですが…。

ウイイレでは平均的に能力の高い

デコイランCF。低かった決定力も

今回の活躍で上乗せされ90近くに。

でもまぁ現状の強力CF陣と勝負

できるかと言うと…(T . T)

 

ケルヴィン・フィリップス

イングランド代表。昨季今季と

リーズで大活躍し代表に抜擢。

長短のパスでゲームを動かす

「ヨークシャーのピルロ」

は、猟犬の如くボール奪取もできる

ハイブリッドプレイヤー。クロアチア戦でも

自らの仕掛けからスターリングに

アシストを通す活躍でした。

ウイイレではコン安8のアンカー。

「掘り出し物」の予感です(^ ^)

 

既に所持:

ルカク(11/26 POTW)

アラバ(1/18 CS、3/25POTWCL)

シュクリニアル(2/15 CS)

ジョルジーニョ(11/23 CS)

 

本命  :アラバ(乗り換え)

対抗  :ルカク(乗り換え)

乗り換え:シュクリニアル

当たり :フラデツキー、

ザビッツァー、ヴェフホースト、

シック、K・フィリップス

 

EUROでの活躍選手ということで、

普段選ばれなかった選手がズラリ。

ただ、本当に欲しい選手となると

結局はアラバ、ルカクらの乗り換えに

なってしまうところはいささか残念(^◇^;)

 

GK枠フラデツキーもまぁまぁやれる、

ライプツィヒのザビッツァー

ヴォルフスブルクのヴェフホースト

未所属扱いで希少価値が高い。

シックは肝心の決定力は高くないが

1パス持ちのデコイランCFは貴重。

そしてK・フィリップスはコン安8の

アンカーとしてやれそうです。

しかしまぁ、いずれも

「絶対必要な強力選手」

かと言われると…。

 

1人目

 

イタリア〜(T . T)

 

 

ことウイイレでは…

ジョルジーニョ。

 

 

イタリア代表のMF陣は今大会

実にいい仕事をしています。

これでヴェッラッティを欠いている

わけですから(^◇^;)

このジョルジーニョも中盤底で

抜群のポジショニングセンス、

ベラボーに高いパス精度を発揮。

こう見えて運動量も豊富

試合全体を完全にコントロール。

 

しかしまぁウイイレでは、こういう

タイプは厳しい。フィジカルゲーでの

スピード、フィジカル不足は致命的で、

次回作ではどうにかこういう選手が

輝ける(個性を発揮できる)ゲームに

してもらいたいところです。

 

2人目

 

北欧に飛んだ〜(^◇^;)

 

 

GK枠!

ルカーシュ・

フラデツキー!

 

 

レヴァークーゼン所属。

フィンランドでは今大会

随一のタレントと言えるでしょう。

さすがの安定感でゴールマウスに君臨。

前半からデンマークのシュートを

ことごとく防ぎ、「事件」後の後半も

値千金のPKセーブも見せました。

 

キャッチングとコラプシングが

99に届かず。と言ってもそこまでの

穴というわけではないので、普通に

ガチスカでも使えるレベルではあります。

PKストッパーも付いたので…。

 

3人目

 

赤白!これは…

 

 

イングランドがあったか(苦笑)。

ケルヴィン・

フィリップス!

 

 

先述の通り

ヨークシャーピルロ

と呼ばれる赤丸急上昇中(表現が古い)

のレジスタ。どちらかというと風貌は

ダーヴィッツ(元オランダ代表の「猟犬」)

に近いですが…。

 

第1節では中盤で圧倒的な存在感

ハードなボール奪取、散らしのパス、

仕掛けの推進力にラストパスまで

まさに「主役の働き」でした(^ ^)

つい最近まで2部でプレーしていた

選手とは思えないクオリティで、

このパフォーマンスを続ければ

遠くないうちに「栄転」もあるかも。

 

ウイイレ能力としては攻守に

まとまったアンカーという感じで、

MAX総合値94、コン安8。

スキルも満遍なく揃っております。

アンカーとしては低めのDセンス

(85にはなります)、スキルに

「チェイシング」があるのが

気になります(アンカーは追いかけず

中央に止まって欲しい)が、まぁ

ちょっと使ってみて判断したいところ。

もう1人のアンカーと2枚並べて

「ハードプレス」的に使うとかすれば

いいんですかねぇ(^◇^;)

 

総評

 

残念(T . T)

とりあえずフィリップス

育ててみたいと思いますが…。

 

あとがき

 

EUROでの活躍ぶりをご紹介

していたら、結構な長さになりました。

 

土日は…どうにか1本

Iconic Momentの記事を上げたいと

思います。

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村