Dec.10・Iconic Momentバイエルン編〜ベッケンバウアー&マテウス引くまで終われまてん〜【ウイイレ2021 myClub】

IMガチャ
WISTERIA
WISTERIA
この運のなさで突入するのは…。

 

WISTERIAでございます。

 

ノジマオンラインの抽選に外れ

16連敗(笑)。

昨日楽天ブックスでの争奪戦含めると

17連敗となっております。

いちいち報告する義務はないんですが、

誰かに言わないと自分が壊れそうで

書き殴っておりますm(_ _)m

 

それでも、今日も元気に

コジマの店頭抽選(25/120)、

そしてヤマダ電機のネット抽選

果敢に応募しております。

打てる手は全部打ちます(笑)。

 

しかし、これだけ連敗する運のなさ

果たして本日の

Iconic Moment バイエルン

 

 

ベッケンバウアーマテウス

引くまで終われまてん

が無事終了するのかどうか…。

まぁ目次を見ればわかることですので

最初に言いますが、

「沼りました」

(T . T)

 

メシウマ記事をお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

Dec.10:Iconic Momentバイエルン

ラインナップ

 

Iconic Moment史上屈指

激アツガチャでございます。

ここで引かないでどこで引く(笑)。

 

現状ウイイレNo. 1のアタッカー

IM1、2を争う守備者が同時登場。

3人目の男だって普通に考えれば

大当たりの選手です。

さすがバイエルン、歴史が違います。

 

選手紹介

 

フランツ・ベッケンバウアー

 

https://twitter.com/we_konami/status/1337230625036595200?s=20

 

「カイザー(皇帝)」

守備力、攻撃力共に最強クラス、

全知全能のプレイヤーです。

選手・監督でWCを制し

(ブラジルのザガロ、フランスの

デシャンの僅か3名のみ)、

「リベロ」(自由人の意。

ポジション的には3バックの中央、

マンマークの2CBをカバー)に

攻撃のタスクを組み込んだ先駆者

ですが、ユース時代はCF、

プロ前半にはMFとして地位を確立。

 

後述もマテウスや日本の長谷部誠

(今季で引退か)もそうですが、

年齢・経験を重ねてゲームが

「見える」存在になるとともに

ポジションを下げ、カバーリング、

インターセプト中心の守備から

自ら持ち上がって長短のパスを繰り出す

ベッケンバウアーマテウス

シュートまで撃ちましたが)まで

試合全般を支配するスタイル

なっていきます。

「究極のオールラウンダー」

だからこそできる芸当ですねぇ。

 

ウイイレ能力的にも規格外

身長が足りないのでCBは不向き

ですが、RSBやボランチ、OMF

まで務まる汎用性は驚異的

特にRSBだとパス能力OMFだと

守備力が突出している特徴になるので

そのポジションで使うと

違いが出るでしょう。もちろん

アンカーやインサイドハーフでも

最高水準のプレーが約束されます。

超欲しい(^ ^)

 

 

カール=ハインツ・ルンメニゲ

 

https://twitter.com/we_konami/status/1337230625875636225?s=20

 

「ミスターヨーロッパ」

何度か説明してきたので

経歴的なものは省略しますが、

ドイツ屈指のアタッカーであり

敏捷性、突破力、テクニック

得点力を兼備した伝説的選手。

 

ウインガーとCFをハイレベルでこなせる

現状のウイイレNo.1アタッカーで、

継続特典IMで当てた私は

開幕から3ヶ月間そのアドバンテージを

享受(^ ^)

このスピードと技術がありながら

フィジコンが高いことが最大の特徴で

スピードでぶち抜く、敵を振り払う、

ダブルタッチでかわす、ミドルを突き刺す

という全ての場面が理不尽(笑)。

今後はみんなが持ってることに

なるんですよねぇ(ビクビク)。

 

 

ローター・マテウス

 

https://twitter.com/we_konami/status/1337230630095097857?s=20

 

ドイツが誇る「闘将」

ベッケンバウアーが監督を務め

優勝した90WCのキャプテン

通算5度のWC出場は歴代2名のみ

(メキシコのラファエル・マルケス)。

 

「史上最高のMF」

とも呼ばれ、攻守に総合力の高い選手

正確なパスパワフルなシュート

果敢なタックル強烈なキャプテンシー

中盤を制圧。基本的には中盤底を

主戦場としながらも、キャリアの中で

OMF、晩年はリベロとしてプレー。

我の強い性格には批判者も多く、

過激な言動で物議を醸すこともしばしば。

監督としての実績に乏しいことも

これが影響しているかもしれません。

 

ウイイレ的には

「ミニ・ベッケンバウアー」

とも言える能力ですが、何しろ

同時に

「本家」が

登場している

わけですから

ちょっと見劣りしてしまうのは可哀想。

プレースタイルの変更

(BtoB → プレーメイカー)も残念です。

もちろん、強い選手であることに

変わりはありませんが…。

 

「ベッケンバウアー&マテウス引くまで終われまてん」

ルール説明

 

既に継続特典でIMルンメニゲ

持っていることを前提に…

 

Iconic Momentバイエルン

IMベッケンバウアー

マテウス出るまで引く

2人出た時点で終了

ルンメニゲが出る出ないに関わらず)

100回引いた時点で1人でもIMを

引いていた場合

ルンメニゲ含む)終了

100回引いた時点でIMがひとりも

 引けていない場合は、

誰か1人(ルンメニゲ含む)

IMを引くまで

血の涙を流しながら引き続け、

引いた時点で終了

 

ちなみに前作のIMバイエルン

(記念すべき初挑戦IMガチャ)で…

110人目でようやく

IM選手獲得

という「沼」にはまりました(T . T)

それで獲得できたのがルンメニゲ

エウベルだったらさらに悲惨だった)

だったのがせめてもの救いでしたが、

Iconic Momentガチャの怖さ

思い知った次第でございます。

 

この「因縁のガチャ」。

結果をどうぞ。

 

1〜10回目

 

 

早くも

3発目にキタ〜ッ!!

 

 

 

 

 

 

 

ルンメニゲ〜(笑)。

ある意味神引きといって

いいんでしょうが…。

継続特典IMと比較すると

実はこっちの方が強い

(キック力が上回り総合値も98)

ので、乗り換えということも

考えたいと思います。

 

 

黒球出現率が悪いですが

要はIMを引いてしまえばOK

期待が持てますねぇ。

 

11〜20回目

 

カルバハル、イスコが来訪。

早くもホドリゴが被り

沼ガチャだったことを再認識。

 

21〜30回目

 

サネ、ヒメネスを獲得し

育成要員が確保できました。

それはそれで嬉しいんですが、

一番嬉しいのはとっとと

ベッケンバウアーを獲得すること(笑)。

 

31〜40回目

 

 

 

35回目ピンクキタ〜!!

 

 

 

 

 

初獲得!!

闘将・

ローター・マテウス!!

 

「マッテルス」

…で反応する人は、かなりな

オールドサッカーゲームファン(笑)。

 

 

さぁさぁ残りは個人的大本命

ベッケンバウアーのみ。

この

「最後の1人を追いかける」

というのは緊張しますねぇ(フラグ)。

 

41〜50回目

 

キミッヒレヴァンドフスキ

バイエルンの現役大物を釣り上げるも

ピンク演出(笑)はなし。

これはちょっとヤバい展開に。

 

51〜60回目

 

ブライスワイト

何回来るねん(T . T)

 

61〜70

 

レヴァンドフスキを連チャンで

引くも肝心のベッケンが来ず。

ピンク演出もパタリと止み、

ズブズブ沼へと入り込む…

 

「キミはレジェンド

持ってるじゃないか…」

 

そんな幻聴も聞こえてくる

ヤバい領域に突入します(笑)。

 

71〜80

 

もうだんだん意識が遠のいています(T . T)

いくら使ったか考えちゃうと…

 

 

キタ79回目〜!!

 

 

 

 

 

 

ルンメニゲ(2体目、通算3人目)〜。

 

 

まだ「終われまてん」(><)

 

81〜90

 

ノイアー〜(T . T)

デイヴィスアラバなど

育成パーツは手に入るものの

肝心のベッケンがぁ〜(崩壊気味)。

 

91〜100

 

特に盛り上がらず

終了(笑)

 

結果

 

ベッケンバウアー

獲得ならず(T . T)

レジェンドで我慢します。

来ないときは来ないもんですねぇ。悔しい。

 

バイエルンとは相性がいいんだか

悪いんだかわからない結果に。

3回目のルンメニゲ

「今日はイケる」

と思ったんですけどねぇ。

改めて

「沼ガチャ」

の怖さを思い知りました(><)

 

あとがき

 

この結果のあと、とある

YouTube配信者さんが

140回引いているのを見て

「私だけじゃなかったんだ」

と少しホッとしました。

 

明日はこの結果を受けた各種

育成状況ゴール動画をご紹介。

短くなると思います(笑)。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村