【FIFA 22】どっちを獲った?いいえ、「両方」です!「ショーダウン」ジューレ&ピケご紹介と「両獲り」の原因となった「あるGK」の存在

FIFA 22
WISTERIA
WISTERIA
「FIFA」を入れることにしました。

 

WISTERIAでございます。

 

ブログタイトルとロゴ

ちょっとだけ変更しました(^ ^)

 

新しいブログタイトルは

 

WISTERIAeFootball

FIFA欧州サッカーブログ

 

 

ということにしました(^◇^;)

 

「FIFA」のご紹介をしているのに、

今季は「FIFA」の文言を入れてません

でしたので、それを追加。

ヘッダー画像も上記のように変更。

やっつけで作成したので、今後も

ちょっとずつ変化させるかもしれませんが、

ブログタイトル名は基本これでいきます。

 

今季は開幕から波乱の連続で、

重点的にご紹介する予定だった

「eFootball 2022」

がまさかの開幕延期。それにより

私のブログやYouTubeも二転三転する

という迷走ぶりを見せていまして、

読者視聴者の皆様方には

大変混乱させてしまい、申し訳ないm(_ _)m

 

YouTubeについてもちょっと考えが

あるんですが、またこれは別の機会に。

今回は、FIFAの話題です。

期間限定イベント

「ショーダウン」

レアリティと、登場した2選手の

ご紹介をさせていただきます。

 

「超短期決戦」のため、今紹介しないと

(今でも遅いくらい)

明日早朝には「結果」が出てしまうので

こちらを先にご紹介。

「ブラックフライデー終盤戦」

についてはこのあと、ご紹介します。

 

過去記事

eFootball eFootballポイント期限延長から見る「開幕日予想」

【eFootball 2022】「eFootballポイント期限延長」延長期限から見る「来春の開幕日程」ズバリ予想

FIFA22「ブラックフライデー」釣果前半戦

【FIFA 22】ブラックフライデーの「釣果」まとめ前半戦〜軍資金投入!「絶対エース」「最強の刈り取りCM」獲得〜

FIFA22「ブラックフライデー」中盤戦SBC

【FIFA 22】ブラックフライデーの「釣果」まとめ中盤戦〜SBCで強力選手獲りまくり!有能RW&ベテランの若き日の姿〜

 

WISのブログ、始めます。

 

超短期決戦イベント「ショーダウン」

CL第6節の結果が反映

 

「再登場」

と書いてありますが、今季は多分

初登場となると思われます(^◇^;)

 

CLGL第6節

バイエルンvsバルセロナ

直接対決の結果によって、

今回選ばれた選手がさらに強化される

という仕組み。

勝った方が総合値ベース+2、

引き分けの場合は両者総合値+1、

負けた方は現在のままとなります。

 

SBC(チーム編成チャレンジ)で獲得

 

既に終了してしまいましたが

(紹介が遅くて申し訳ない)…

 

 

総合レート84

(要TOTW選手)と

総合レート86

(要「各人の所属リーグ」選手)

という2組を完成させる必要があります。

 

1人獲得するのに約15万コイン

(全員市場から購入した場合)かかり、

両方獲得することも可能。

まぁCBに15万コインをかけて、さらに2名

(当然コインは倍の30万)を獲得する

というのもかなり

「無謀」

な気はします。

 

 

まぁ私は訳あって

「無理矢理両名獲得」

という無茶をしましたが(^◇^;)

その理由は、後ほど。

 

バイエルン:ニクラス・ジューレ

 

ニクラス・ジューレ

 

ドイツが誇る、いかにもドイツ人らしい

朴訥かつパワフルな巨漢CB。

ゴール前に「巨壁」として立ちはだかり、

ガツンとぶつかり敵を弾き飛ばす

フィジカルを活かした対人戦の迫力が凄い(^ ^)

実は、走らせたら案外スピードもあり、

かつて前線や中盤でのプレー経験もあるからか

技術やパス精度も一定程度あり…

 

 

こんなこともできます(笑)。

 

昨季はケガに泣き、EUROも出場

1試合(途中出場)のみと悔しい出来に。

CBが複数抜けた今季も、リュカ

新戦力ウパメカノに押され気味ですが、

ホッフェンハイム時代の恩師

ナーゲルスマン監督は評価しているだけに

ケガなくコンスタントに出場できれば

きっと結果は残してくれるでしょう。

 

FIFAの能力としては、ノーマルは典型的な

「文鎮型CB」

であり、フィジカルは無敵ですが

瞬発力、敏捷性が極端に低く

すばしっこい相手には手を焼きます。

高さはあるものの、ジャンプ力は低く

この辺りも心配と言えば心配です。

 

しかし、今回のレアリティは

スピード面が劇的に改善。

加速+36、敏捷性+29、バランス+24

という鬼進化を遂げております。

スタミナも+17で80に乗り、

走り負けない超強力な選手となりました(^ ^)

FIFAでは攻撃面の貢献は期待できませんが、

守備専業のCBと考えれば素晴らしいです。

これで、さらに勝利して能力アップ

したら、どうなっちゃうんでしょう(^◇^;)

 

バルセロナ:ジェラール・ピケ

 

ジェラール・ピケ

 

バルセロナのディフェンスリーダー

にして、将来の会長候補(^◇^;)

長年バルサの最終ラインに君臨し、

空中戦、地上戦の強さ

危機察知能力とディフェンスセンスを兼備。

バルサらしく、最後方からのゲームメイク

にも長け、攻撃も大好き。機を見ての攻撃参加は

もはや「名物」となっております。

 

ピッチ外の「政治・外交能力」にも優れ、

投資会社のCEOも務める辣腕。その縁で

楽天の三木谷社長とも交流があり、結果

バルセロナと楽天のスポンサー契約

デンベレの件で拗れましたが)にも貢献。

ただ、この辺の「活躍」には賛否両論あり、

「癖が強過ぎる」「でしゃばりすぎ」からか

チームの第1キャプテンにはなれず

(現在はブスケッツ。ピケは第2キャプテン)、

ソシオの意見も割れているようです。

まぁ、バルサの会長候補となると

それだけの「アクの強さ」

必要になるんでしょうが(^◇^;)

 

FIFA能力では、ノーマルはやはり

「スピード・敏捷性」がネックに。

カウンターを食らった際に走り負け、

敏捷性のある相手に手こずる場面に弱い。

しかし、これまたジューレと同様、

このレアリティでは「超進化」を見せ

加速+31、ダッシュ+16、敏捷性+17、

バランス+40、スタミナ+22

という爆上がり項目が多数。こちらも

CBとして最上位と言っていい能力です(^ ^)

 

「勝敗結果前」の能力比較

 

左:ジューレ 右:ピケ

 

能力値的に見ると、ピケが圧勝

スピードとフィジカルでやや劣るものの、

守備能力でやや上回り、敏捷性バランス

含めた攻撃力では完全に凌駕。

 

ただ、「CBの守備」だけを考えると、

ジューレの方が割り切っている

という見方もできます。

ピケは、下手に攻撃力があり、

「攻撃意識が高い」ゆえに、不用意に

上がったり、セットプレーの後

守備への戻りが遅かったりと、

守ることを考えると不安定で

「操作側の期待通りに動かない」

という話もよく聞きます(^◇^;)

 

両者ともスタイルは「影(シャドウ)」一択

ペース(スピード)が最大90以上となり、

ヴァランマルキーニョスをも超える

爆速巨漢CBの誕生となります。これもまた

FIFAらしい強化と言えるでしょう(^◇^;)

 

現実の試合は、どっちが勝つか

 

試合前の順位表がこちら。

 

「実際の強さ」

を考えると、今季現時点では

「圧倒的なバイエルン優位」

は否めないでしょう(苦笑)。

ブンデスリーガでも首位に立ち、

CLGL5連勝。第1節の直接対決では

アウェイで0−3とバルサを粉砕しております。

バルセロナの方は不振を極め監督交代

往年の名手シャビに代わったとはいえ

就任から間がなく、未だ修正の途上にあります。

 

ただ、今回の試合に関しては

「バルサに有利なファクター」も。

バイエルンは既に1位突破が決定。今節に

無理してレギュラークラスを投入する

理由が全くありません(笑)。

おまけに、新型コロナの影響で

バイエルンホームの試合ですが

無観客試合での開催が決定しております。

バルサはと言うと、これに負ければ

GL敗退の危機(ベンフィカの結果次第)であり、

突破には確実に勝利が欲しいため

全力で勝ちに行くことになります。

この

「モチベーションの差」

は、試合にかなり影響してくるでしょう。

 

ただ、それでも、個人的には、

「バイエルン優位」

と見ます。基本的にドイツのクラブは、

お相手の事情など関係なしに

勝利を重ねていく

「無慈悲」

なところが多々あり、国民性というか、

「クラブのフィロソフィー(哲学)」

と言うか(T . T)

 

どうなりますか、明日が楽しみです(^ ^)

 

私が「両方獲得した」理由

 

で、合計30万コインに相当する2選手を

「両獲り」

した理由が、この選手の存在。

 

 

バルサの守護神

テア・シュテーゲン

(adidas NUMBERS UP)!

 

この人が、

ドイツ国籍バルサ所属

ということで、両者と良好な

ケミストリーを紡ぎ出すことが可能。

 

 

この3名でブロックを形成すると…

 

 

このような連携になります(^ ^)

どっちも活かせる布陣に。

これがあったんで、両方獲ました(^◇^;)

ジューレのところにヴァラン、

LBにメンディ(レアル・マドリー)を入れると

よりケミストリー的には高いんですが、

現状はこれで戦っております。

こうなると、引き分けという選択肢も

アリになってきますねぇ(笑)。

 

あとがき

 

というわけで、今回はFIFAの

「ショーダウン」

2選手のご紹介となりました。

動画は、明日の試合に間に合いませんので

「事後報告」

という形になるかと思います。

そもそも、動画を作るかどうか(^◇^;)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村にほんブログ村