【FIFA 22】「ショーダウン」勝利者決定!能力比較&「ブラックフライデーの釣果」まとめ終盤戦〜ヒーロー・アイコンチャレンジ!〜

FIFA 22
WISTERIA
WISTERIA
「看板」だけでは勝ち抜けない時代に。

 

WISTERIAでございます。

 

CLのGLが今季も終了。

強者が順当に勝ち抜けた一方、

伝統のクラブが3位以下に沈むなど、

「波乱」も複数起きました。

 

まぁ「波乱」と言うよりは、

現状のチーム力的確に反映された」

という表現の方が正しいのかもしれません。

不調のチームは、たとえ

歴史あるクラブでも勝ち抜けない。

「名前」「伝統」「所属リーグ」といった

「看板」だけでは勝てない…

正しい傾向にあると思います(^ ^)

 

来年2月からの決勝Tはもちろん

楽しみですが、3位のクラブが回ることになる

「ヨーロッパリーグ」

も、結果的に豪華な陣容となっております。

現状、忙しくてとてもELまでは

見てられないんですが、有力どころが

ぶつかる決勝Tは、見てみたいと思います。

 

さて、今回もFIFAの話題。

ようやく

「ブラックフライデー」

の終盤戦の模様をお届けできます(^ ^)

「ヒーロー」「アイコン」チャレンジ、

果たして、誰が当たったのか。

そして、今朝のCL

「バイエルン vs バルセロナ」

の結果を受けた

「ショーダウン」

の能力アップについても報告します。

 

eFootball eFootballポイント期限延長から見る「開幕日予想」

【eFootball 2022】「eFootballポイント期限延長」延長期限から見る「来春の開幕日程」ズバリ予想

FIFA22「ブラックフライデー」釣果前半戦

【FIFA 22】ブラックフライデーの「釣果」まとめ前半戦〜軍資金投入!「絶対エース」「最強の刈り取りCM」獲得〜

FIFA22「ブラックフライデー」中盤戦SBC

【FIFA 22】ブラックフライデーの「釣果」まとめ中盤戦〜SBCで強力選手獲りまくり!有能RW&ベテランの若き日の姿〜

FIFA22「ショーダウン」両獲りの理由

【FIFA 22】どっちを獲った?いいえ、「両方」です!「ショーダウン」ジューレ&ピケご紹介と「両獲り」の原因となった「あるGK」の存在

 

WISのブログ、始めます。

 

「ショーダウン」結果発表

バイエルン vs バルセロナ

 

予想通り(笑)

無慈悲な試合となりました(^◇^;)

シャビ監督が試合後に激おこ(苦笑)

となってしまうほどの一方的ゲーム。

 

ここまで全勝で首位通過を決めている

バイエルンでしたが、メンバー上も

手を抜くことなく(苦笑)、

ケガやコンディション不良を除いた

ベストメンバーを並べてきました(T . T)

一方、勝ち抜けには是が非でも勝ちたい

(引き分け以下だと、ベンフィカの

結果次第でGL敗退)バルセロナも、

現状のベストをぶつけてきましたが、

J・アルバが前半途中負傷交代するなど

厳しい状況での戦いを余儀なくされました。

 

ミュラーのヘッドをアラウホがクリアできず

(ラインを割る前にクリアできたような…)

先制を許すと、前半終盤には、エリア外から

サネスーパー無回転ミドルが炸裂!

後半も、A・デイヴィスのマイナスパス

(これもギリギリ割っていたような…)を

ムシアラに決められ万事休す。

第1節に続く0−3の完敗を喫し、

ベンフィカがD・キエフに勝利したため、

18年ぶりとなるCLGL敗退となりました(T . T)

 

勝った方がさらに総合値+2!

 

この結果…

 

 

勝利したバイエルンジューレ

総合値さらに+2!

現役選手ではTOTWのファン・ダイク

に続いて2人目の

「総合値90台のCB」

となりました(^ ^)

 

能力比較:ノーマル→強化前→強化後

 

ここから…

 

 

さらにアップし、こうなりました(^◇^;)

これだけの巨漢選手がペース85

加速力や敏捷性も上がり、

元々強かった守備やフィジカルもさらに強化。

 

全体的に底上げされる形のため、

ジャンプや足元周りなど弱点の傾向は

相変わらずですが、CBに求める

「守備力」

を考えればもはや「最強」

と言っていいでしょう、

 

ライバルとの比較

 

出現当初の差はこんな感じ。

総合力を考えればピケに軍配が

上がる感じでしたが、CBにあれこれ

能力を求めず、デーンとゴール前に置いて

守備だけやらせる、と考えれば

ジューレの方が割り切っていて良い、

という私の評価。

 

これが…

 

 

こうなりました

(多少比較表を見やすく加工しました)。

ヘディング、積極性、スライディング

など、一部項目で逆転

一番の魅力は、ペースが「5」違うこと。

 

CBとしては、ペースが80あれば

基本「爆速CB」の部類には入りますが、

85に乗るとなるとこれまた別次元に(^◇^;)

スタイル「影(シャドウ)」を付けると、

最大95にまで上がるというのは

破格の能力と言っていいでしょう。

ジューレを獲得した皆さん、

おめでとうございます(^ ^)

 

しかし、個人的には、私のフォメの

ケミストリー的なことを考えると、

バルサに勝って欲しかったですねぇ(T . T)

まぁ、現状のショーダウンピケ

十分に強いんですけど…。

 

ブラックフライデー終盤戦

ヒーロー確約パック結果

 

思いのほか字数も行ってしまったので

軽く結果と紹介をさせていただく

とさせていただきます。

 

獲得時必要コインが確か12万とか

そのくらいだったと思うんですが

(手持ちの選手もいるため、実際は

それほどかかってません)、それを

上回る結果を出せるか。

 

登場している「ヒーロー」19名のうち、

ジノラ(1,650,000)は既に持っているので、

ディ・ナターレ(イタリア・615,000)

アベディ・ペレ(ガーナ・659,000)

イバン・コルドバ(コロンビア・470,000)

ロビー・キーン(アイルランド・251,000)

ジョー・コール(イングランド・140,000)

 

ここら辺までが

「投資を上回る」

選手たちです。

 

いざ、勝負!!

 

 

 

 

 

フェルナンド・モリエンテス

(ヒーロー・スペイン・49,750)

でした(T . T)

 

初代「銀河系軍団」時代の

レアル・マドリーで活躍したST。

8年間在籍したレアルでは、ミヤトヴィッチ、

ダボル・シュケル(98WC日本と対戦した

クロアチア代表ST)、ロナウド

(ブラジルの「フェノーメノ」の方)、

そしてマイケル・オーウェンと、

世界的なFWとの競争を余儀なくされながら、

272試合出場100ゴール(カップ戦等含む)

を挙げチームに貢献。

 

最大の特徴である高さを活かした

センターフォワードとして最前線に君臨。

その周りを動き回り、ポストの落としや

こぼれ球に反応するラウール・ゴンザレス

とは「レアル史上屈指の名コンビ」とされ、

得点ランク上位に2名揃って登場した時期も。

「主役級」とまではいきませんでしたが、

当時のレアルに必要不可欠な存在だった

ことは、間違いありません(^◇^;)

 

 

同リーグの選手たちと最高連携「緑」になる

「ヒーロー」ですので、ラ・リーガフォメ

で実力を発揮するんですが、そこにはもう

爆速のベンゼマがいるわけで…。

市場価格的にもちょっと残念。

 

ベースアイコン確約パック結果

 

そして、ベースアイコンパックです。

 

作成にかかる価格は33万程度。

これも手持ちの選手を使ったため

多少は抑えられておりますが、

約100人(!)いるアイコン選手の中で

これを超える市場価格の選手は約40名

全て一律の確率かどうかは知りませんが、

とにかくこれを超えて欲しいところ。

 

 

いざ!

 

 

 

 

 

デニス・ベルカンプ

(ベースアイコン・オランダ・110,000)!

 

好きなレジェンドではあるんですが…

市場価格的には惨敗(T . T)

 

みなさんご存知「アイスマン」

(どんな時でも冷静で感情を出さないから)。

 

 

「アヤックス・ユースの最高傑作」

として名を馳せた名アタッカー。

インテルを経て移籍したアーセナルで

まさにレジェンド級の活躍。

オランダ代表でも別格の輝きを放ちました。

ベルカンプ・ターン」

98WC鬼トラップ

はあまりにも有名。

 

もう一つ有名なのは

「飛行機嫌い」なこと。

「ノン・フライング・ダッチマン」

(もちろん、クライフとかけてます)

とも呼ばれ、CLなどヨーロッパでの

アウェイ戦は、飛行機移動する仲間と別に

自慢のフェラーリを飛ばして移動。

94アメリカWC

「決死の覚悟」

で飛行機に乗ったそうです。

 

彼の飛行機嫌いの原因は諸説ありますが、

それこそその「アメリカW杯」の移動中で、

「乗ってる飛行機が『爆弾騒ぎ』に遭った」

という「乗客の冗談」によって、

恐怖心が増大してしまった、という説も。

ってことは、当初は大丈夫だった?

のかもしれませんが、

友人が飛行機事故で亡くなったから」

なんて説もあるので、これは本人に

聞いてみないとわかりません。まぁ、

喋ってくれるとも思えませんが(苦笑)。

 

 

いやぁ(^◇^;)

「セカンドトップ」

が適正ポジションなんですが、

4−3−3の我が軍にはポジションが…。

CAM(トップ下)にしても、

リケルメをはじめ候補者が多数。

STで最前線に置くにはスピードも高さも

不安なので苦しいし…未だ使い道が

定まっておりません。

スキルムーブが☆4なのも不思議で、

金額的にも遠く及ばず残念。

 

ヒーロー・アイコン共に

大幅赤字の結果となりました(T . T)

 

あとがき

 

というわけで、ようやく

ブラックフライデー関連の

話題が終了しました。

後半、かなりいい加減なご紹介となり

申し訳ないところであります。

モリエンテスベルカンプなんてのは、

それぞれ1記事使ってもいいような

話題なんですが、色々と渋滞しておりまして…。

 

さて、次回はeFootballの話題を

久々にイベントの紹介でもしたいと思います。

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村