【eFootball 2023】1/23 CS・ユヴェントス大解剖!待望の「超有能スパサブウインガー」が大本命!他もなかなかのメンツが揃います(^ ^)

ワールドカップ
WISTERIA
WISTERIA
「絶賛副反応中」でございます(T . T)

 

WISTERIAでございます。

 

週末に、

「オミクロン対応ワクチン」

を打ちまして、絶賛

副反応にやられております(苦笑)。

 

体調不良ではありますが、

本日は…

 

 

1/23〜開催の

CSガチャユヴェントス

を大解剖します。

 

勝ち点15を剥奪され(後述)、

中位に沈んだ名門クラブ。

あの「スパサブRWG

復活登場しておりますので、

それを大本命に引きたい(^ ^)

 

過去記事もぜひ。

eFootball2023 1/12〜 ガチャ結果

シュマイケル引くまで終われまてん

【eFootball 2023】1/12〜週 ガチャ結果:デンベレ狙いのPOTW & 激狭当たり目指すCSトッテナム & 結局引いちゃったエピックマンU「シュマイケル引くまで終われまてん」

eFootball2023 1/19 メンテ速報

希少性高POTWエピックチェルシー

【eFootball 2023】1/19 メンテ明け速報:エピックはチェルシー!Big Timeマケレレ!POTWには「リンク&ワンパ」ディバラ、「飛び出し&ピンクロ」ガビなど!

eFootball2023 1/19 POTW

ポジ&スタイル変更祭り!ディバラなど

【eFootball 2023】1/19 POTW大解剖!ポジション、プレースタイル変更が続出!希少性高いガチャの本命はディバラ?ガビ?ラッシュ?それとも…。

eFootball2023 1/19 エピックチェルシー

Big Timeマケレレ&ドログバ&チェフ

【eFootball 2023】1/19 エピック・チェルシー大解剖!「カンテの源流」マケレレ、「フィジカルキング」ドログバ、「シュマイケルとどっちが優秀?」チェフを徹底解説!

 

1/23 CSユヴェントス

概要

 

序盤の出遅れから

「フォメの最適解」

を見つけて中盤以降

追い上げる、という

アッレグリのチームがまさに

調子に乗りかけていた最中、

首位ナポリけちょんけちょん

負けてしまった上に、数々の

「不正経理」

(キャピタルゲインの偽造など

多くの財務違反を犯す)

が発覚。

 

正確にいうと、昨年末の

調査を受けている段階

アニエッリ会長やネドヴェド副会長

など役員が引責辞任をしており、

事態は深刻だったのは明らか。

あとはどのような裁断が降るか

というだけだったのですが、当初

「勝ち点9剥奪」

程度だった「求刑」に対し

「勝ち点15剥奪」

という重いペナルティ

科されることに(T . T)

 

もちろん、ユーヴェ側はこれから

上訴することになるんですが、

ユーヴェは2006年にも

「カルチョ・スキャンダル」

(審判買収問題)など、

ちょいちょいこういうことを

起こしてしまいます。

「イタリアの貴婦人」

「セリエAの盟主」

の座を守りたいあまりの

行動なんでしょうが、

ユヴェンティーノの私としては

なんとかしてもらいたい

「悪癖」

無んですよねぇ(T . T)

 

登場選手一覧

 

選手のモチベ低下

非常に心配なわけですが、

今回はこの8選手が登場。

前回CSとの被りが4名

そこまで変わり映えはしない

気もしないでも無いですが、

今回は「目玉」選手が(^ ^)

 

全体的なレベルも総じて高く、

好調ならガチスカで使えそうな

選手が多数おりますので、

ガチャ参戦は悪く無い判断かと。

私は、当然引きます(^◇^;)

 

個別選手紹介

ドゥシャン・ヴラホヴィッチ

 

新たなエースとして招かれた

将来性抜群の大型ストライカー

でありましたが、10月の登場を

最後に出場がなく、どうやら

クラブとの関係がよろしくない

とのこと。

本人からR・マドリーに

「逆オファー」

をかけている話だとか、今般の

財政スキャンダルに乗じて

アーセナルが獲得に動いている

だとか、色々あります(T . T)

 

年明け、アッレグリ監督は

「今月末には戻ってくる」

と話してはおりましたが…。

 

レベル上限:21

(私の予想:21)

 

大型ラインブレイカーとして

これまで数回出ているものの、

あまりスタメンでは見ません(T . T)

重さLive Updateの乗りが

よろしく無いからでしょうか、まぁ

試合に出てませんからねぇ。

 

フィジカルを落として

スピードを増したドログバ

的な感じで、ちょっと

マイルドになったハーランド

というところでしょうか。

決定力を90に乗せ、

スピ瞬とドリブルを育てて

このくらいまでは来ましたが、

逆足が全く使えない

(個人的にこの拘りは好きですが)

のはゲーム的に苦しく、

使いにくさはあるでしょうなぁ。

 

 

指名契約権のを持っていれば

そちらでOKかも。前回CSとも

それほど差はありませんが、

決定力を考えれば今回か。

 

フェデリコ・キエーザ

 

昨年正月に大ケガを負い、

昨年終盤に復帰。今般カップ戦で

1年ぶりのゴールを決めた

スパサブウインガー。

積極的に仕掛ける姿勢

エネルギッシュなプレー

ユーヴェの原動力そのもの

であり、完全復活が待たれます。

 

不祥事に沈むチームの

「光」になって欲しい(T . T)

 

レベル上限:28

(私の予想:21)

 

スタンダード選手を使う

猛者も多かった

超強力スパサブウインガーが

待望のハイライト初登場(^ ^)

レベル上限も私の予想を上回り、

育成最大総合値96は破格!

 

スピ瞬とドリブルの高さを基軸に

スキルも充実。突破よし

アシストよしゴールよし

3拍子揃った選手に(^ ^)

STでもプレー可能なので、

フォメも選ばないのも魅力です。

 

あとは、各人の使い方

どんなプレーを求めるかが

育成の分かれ道。

スパサブ効果も考慮に入れ、

バランスよく育てる

上記のようになりますが…

 

 

スパサブらしく決定力を

重点的に鍛えるのもあり。

コンカを活かすなら

左サイド起用も手です。

クロス、アシスト重視であれば

右サイド起用となります。

 

マヌエル・ロカテッリ

 

ユーヴェのレジスタ。

中盤底から長短のパスで

ゲームをコントロールする

プレーメイカーでありますが、

守備やカバーリングなども

厭わないチームプレイヤーの

側面も。

 

今季もチームの核として

奮戦しているところですが、

アーセナルが継続的に

熱視線を注いでおり、

財務状況によっては高額での

売却原資に…それだけは

なんとか避けて欲しいですが…。

 

レベル上限:26

(私の予想:26)

 

攻守非常にバランスの取れた

プレーメイカー。守備から

パスに至るまでの能力が高く

スキルも充実。また、この手の

タイプによくあるひ弱さが

この選手にはなくフィジカルも

80近くまで育ちます(^ ^)

 

スピ瞬が若干足りないので、

あまり動かず、走らせず

ダブルボランチの攻撃側

もしくは脇に守備的人材を

従えたレジスタが適任か。

今回の育成はやや守備寄りに。

 

 

前回9月のCSの上限が30と

高かったので、その分

今回のは不利になります。

イタリアNSもそれなりの能力

になるだけに、今回被りで

獲得するのはちょっと…。

初獲得なら戦力になりますよ(^ ^)

 

ブレーメル

 

デ・リフトの退団により補強、

今季新加入の肉体派CB。

高さ強さは申し分なく、

セリエAの名だたるFWを封殺。

CB陣にケガ人が続出し、

本人もケガを抱えながらも

ナポリ戦前までの連勝完封に

貢献しておりました(^ ^)

 

レベル上限:21

(私の予想:21)

 

CBの守備を考えれば

申し分のない能力。

ブロッカー以外の守備スキル

を揃えており、高さ強さ

最低限のスピードもあります。

 

パス能力など、プラスアルファは

望めませんので(苦笑)、

あまり難しいことをせずに

敵とボールを跳ね返す役割

専念するのが吉。

オーバーラップのスタイルは、

どうなんでしょうねぇ(^◇^;)

 

 

9月CSとの比較。

レベル上限は前回のが上

ですが、超強化ポイントが

前回はフィジカル、今回は

Dセンスになっているので

今回のでも充分やれるかと(^◇^;)

 

フィリップ・コスティッチ

 

今季加入の高性能クロスマシン。

左サイドからのアシストは

絶品であり、チーム最多の

アシスト数を誇りますが、

個人的な印象では、まだまだ

戦術コスティッチだった

フランクフルト時代

「凄味」

は完全には出せていない様子。

 

「ターゲット」

となる同胞ヴラホヴィッチ

去就がどうなるかも重要。

ミリクでも同じような役割は

こなせるとは思いますが…。

 

レベル上限:29

(私の予想:25)

 

スタンダードのレベル上限を

超える強化となりました(^ ^)

Fパス精度が90を超える

レフティのクロサーは超希少。

様々な球種を蹴り分ける

キックスキルも豊富にあり、

セットプレーのキッカー

としても優秀。

 

育成としては、守備に目を瞑り、

攻撃に全振り!

スピードキック精度を高め、

ドリブルも最低限上げております。

意外とフィジカルがある(^◇^;)

左サイド限定は厳しいですが、

フォメに合う方はぜひ。

 

 

POTWにも迫る強さに(^ ^)

決定力は及びませんが、

アシスト性能を考えると

スピード含めて今回のに

軍配が上がると思います。

 

ヴォイツェフ・シュチェスニー

 

WCポーランド代表で

大活躍を果たした守護神。

脂の乗り切った年齢であり、

ユーヴェでもきっちり仕事を

してくれております(^ ^)

 

8連勝時は無失点で乗り切り

(一部未出場あり)ましたが、

ナポリ、アタランタ相手に

2試合で8失点(T . T)

自信家でもあり、そこまで

凹む性格はしておりませんが、

気を取り直して今後の試合に

向き合って欲しいところです。

 

レベル上限:21

(私の予想:21)

 

長身の攻撃的GK。

ほぼ理想的な能力構成ですが

今回のトップ強化が

ジャンプなのが残念(T . T)

使用感は毎回悪くないので、

調子が良い時はスタメンを

任せうる選手だと思います。

今週は、Eです(T . T)

 

 

多少凸凹あるものの、

PKストッパーが付いた

POTWWCが一番強そうです。

あとはまぁ横一線か(^◇^;)

 

ダニーロ

 

こちらもWC出場した

守備のマルチ。

つい先日POTWでも登場

したので説明は省きます。

 

レベル上限:26

(私の予想:29)

 

今回はちょっと育成幅が…。

攻撃的サイドバックですが

守備もかなりできるのが

ポイントで、個人的な使用感は

上々。アーノルドカフー

攻撃的に過ぎる、かと言って

パヴァールのような守備的人材は

使いたくない、という方には

ちょうどいいくらいの選手かと(^ ^)

 

 

POTWはいずれもCB登録の

ハードプレス。ですが

フィジカルや守備力等々を

鑑みるとSBが適任だと思います。

となると、無印よりは、

攻撃的サイドバックの

付いた選手を使いたいところ。

 

となると、ブラジルパック

ファーストチョイスかと。

今回のは能力的に微妙で

他を持ってるなら…という感じ。

 

モイーズ・キーン

 

イタリアの将来を担う

「はず」

であるFWの大器。

スピードに乗ったカウンター

からのゴールが十八番で、

一昨季はパリで13ゴール

挙げたこともあるんですが、

今季ユーヴェでは4ゴール。

出場機会がないわけではなく

数字的、期待値から考えると

ちょっと寂しい(T . T)

 

レベル上限:25

(私の予想:28)

 

能力的にはこのガチャでは

一段劣ると言わざるを得ません。

育成最大総合値は90。

スピードとシュートスキル、

ある程度のフィジカルも持つ

ラインブレイカーですが、

決定力が80は寂しいところ。

 

 

POTWとの比較でも

ちょっと厳しいですねぇ。

POTWの方もガチスカまでは

届かないですから(T . T)

 

あとがき

 

というわけで次回は

今週のガチャ結果をば。

次にフォメをご紹介します。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村