【17:00メンテ明け更新終了】【eFootball 2023】POTWはスパサブハフェルツ!エピック(Big Time)は「神の手&5人抜き」マラドーナ 12/8メンテ中新情報追いかけ更新

POTW
WISTERIA
WISTERIA
久しぶりの睡眠バッチリ(^ ^)

 

WISTERIAでございます。

 

メンテですねぇ(^ ^)

怒涛のパック紹介が終わり、

ようやくゆとりが生まれた

感じになりました(^◇^;)

WCも久しぶりの試合なし日

睡眠バッチリであります(笑)。

 

というわけで、いつもの

新情報追いかけ更新

ということになります。

ゴール動画もありますので、

暇つぶしにどうぞ。

 

各種パック解説は

eFootball2023 11/28 ポルトガルパック

曲者揃い!異端児LSBが目玉!

【eFootball 2023】11/28登場ポルトガルパック大解剖!曲者多数!CMFでも通用する「技巧派LSB」が目玉〜両方の育成法をご提案〜

にリンクがありますので

ここから飛んでね(^◇^;)

 

過去記事

eFootball2023 12/5 Dominant Defenders

クリバリ&ハキミのアフリカ勢!

【eFootball 2023】12/5登場ハイライトガチャ「Dominant Defenders」大解剖!待望のフィジカル系CB&爆速系RSBのアフリカ勢が目玉!

eFootball2023 12/1 週ガチャ結果

モラタもらった&本命は…

【eFootball 2023】12/1週のガチャ結果〜きっちり「沼」に…〜&日本代表雑感〜「ジャイキリ」と呼ばれなくするための「継続した強化」が必要〜

eFootball2023 ゴール動画特集

三笘の代名詞「反発ステップ」

【eFootball 2023】ゴール動画特集:三笘選手の代名詞「反発ステップ」がeFootballでも出せる!そして、突破に使える(^ ^)動画・図で解説します!

 

17:00 メンテ明け

 

メンテが

明けました

(^ ^)

 

 

POTW WCも無事来てます!

日本人は来てない模様(^◇^;)

 

詳細情報は明日出します。

 

17:00 12/8 POTW WC

最上位はソン・フンミンですが…

 

最上位はスルーパス

付いたソン・フンミン

オランダで頑張っている

ガクポワンタッチパス

付きでの登場になっております。

 

しかし、目玉は別に…。

 

スパサブのハフェルツが熱い!

 

モロッコのエン・ネシリ

ネイティブスパサブの

デ・アラスカエタ(ウルグアイ)

なども有力候補ですが、

何と言っても

スパサブハフェルツ

が個人的に熱い!!

 

今回も5回無料1回

(ツアークリアで貰えます)

となっています。

詳細は明日。それでは。

 

範囲は「日曜まで」か「GLまで」か

 

追記

多分GLまでだと思います。

詳細は明日お知らせします。

追記終わり

 

前回のPOTW現地時間の

日曜までが対象でしたが、

今回の範囲は

「同様に日曜まで」

(ラウンド16前半戦を含む)

「キリよくGL第3戦まで」

(=金曜日まで)

か、ということになります。

 

個人的には後者の方が

対象試合がバラけるので

いいんじゃないのかなぁ

と思いますが、そうなると

鮮度は薄れる(GLの戦いは

もう忘れ去られてるかも)

ことになるので、微妙です(^◇^;)

 

16:30 12/8 本日のエピックBig Time

ずいぶん乱暴なまとめ方

 

(笑)。

今週のエピックは

「South America」

というかなり乱暴な括り。

せめて国くらいは

まとめて欲しかった気がします。

 

っとなると、来週は

「ヨーロッパ」

とか言ってまとめられる

ことになるんですかねぇ(^◇^;)

 

登場選手

 

マラドーナ

(Big Time 22.Jun.1986)

バティストゥータ

デニウソン

 

の3選手になりました。

MAX総合値99

神の手&5人抜き」

マラドーナはかなり魅力的。

 

しかし、どうやらプレースタイルが

「リンクフォワード」

での登場のようです。

全くイメージにありません(^◇^;)

 

MAX総合値97

バティストゥータ

ボックスストライカー。

ロマーリオが出ているだけに、

今から獲得するのはどうか。

 

MAX総合値94

デニウソンは、02WCで

途中出場のジョーカー的役割

を果たしていたドリブラー。

スパサブが付いたら

面白かったんですがねぇ。

 

欲しいっちゃ欲しいですが、

2週連続で沼ってますからねぇ。

我慢しようかなぁ(^◇^;)

 

(登場前予想)今後のエピック、Big Time予定から

 

公式HPのキャンペーン情報

から類推してみますが、

未だ登場していないのは

エピック

ジェラード

(イングランド 06、10、14)

バティストゥータ

(アルゼンチン 94、98、02)

 

Big Time

ストイコヴィッチ

(旧ユーゴスラビア 90、98

セルビア監督 22)

マラドーナ

(アルゼンチン 82、86、90、94

アルゼンチン監督 10)

 

ということになります。

 

これだけ見ると、もはや

これまでのように

「国&年代指定」

は厳しそうに感じます。

 

妄想膨らむエピック予想

 

マラドーナバティストゥータ

94年が被っておりますが、

この年はマラドーナ追放処分

(ドーピング発覚)

になっているので、まさか

そこで出すとも思えません。

Big Timeの日付も86年ですし。

メンバー的には面白い

カニーヒア、レドンド、

シメオネなど)んですが…。

 

ユーゴスラビアロマンの塊。

ミヤトヴィッチ

(R・マドリーのストライカー)、

サヴィチェヴィッチ

(ミランの超絶ドリブラー)、

スタンコヴィッチ

(ラツィオ、インテルのMF、

レジェンド登場経歴あり)、

ミハイロヴィッチ

(イタリアで活躍のレフティCB、

フリーキックでハットトリック)

など、錚々たるメンバー(^◇^;)

国家分裂によりスター選手が

バラバラになり、クロアチアや

ボスニア・ヘルツェゴビナが

今もって同じ国だったら、

えらいチームになっていましたねぇ。

ちなみに、ストイコヴィッチ

Big Timeは90年のようです。

 

どのように出してくるか、

また

「隠し球」

はあるのか(^ ^)

 

その他更新情報

ハイライト予定

 

これまた公式にしれっと

こんな画像がありました。

 

12/5にDF

Dominant Defenders

が登場しておりますので、

今後MF

「Marvelous Midfielders」

FW

「Amazing Attackers」

(多分)が順に出るということに。

ネーミングが安易(笑)。

 

2022の同じようなガチャが、

レジェンダリーと連動して

出ていたので、もしかしたら

今回も連動はあるかも。

だとしたら、本日のエピックは

DFということになりますが…。

 

メンテの暇つぶしゴール動画

サラー:ウイングでも…

 

ウイングサラーの

カットインゴール

 

 

綺麗なカットインゴール(^ ^)

 

当時POTWで

CFサラー

の1回目が登場してまして、

それをガチャで外した私が

「ウイングでもできるんだ!」

と半分「やっかみ」もこめて(笑)

使ったサラーのゴールです。

 

インサイドレシーバーとして

外から内に向かってボールを貰い、

緩急チョップタッチ

エリア内を横断しつつのシュート。

のちに私は無事

2回目のCFサラー

を引き当てましたとさ(^ ^)

 

ルンメニゲ:クロス前のひと工夫

 

中のマークを引っ張り

サラーをフリーにする

クロス前のひと工夫

 

 

「2.2.0」になってから、

クロス時のDFのマークが

きっちり付くよう改善され、

単純に上げただけでは

跳ね返されるようになりました。

なので、クロスの前に

敵のマークを引っ張りずらす

などの「ひと工夫」が必要に。

 

アラバが持ち上がり、一旦

デル・ピエーロ、ルンメニゲ

経由して、ルンメニゲが右から

斜め左に持ち上がることで

DFのマークを引きずり出します。

結果、大外のサラーがフリーに。

 

アラバのピンクロで、GKにさえ

捕まえられなければ

サラーがどフリーでヘッド。

 

シュポ=モティング:無理に急がない

 

途中投入のリンクフォワード

カウンターも無理に行かず

きっちり組み立てをし

穴を見つけてラストパス

 

 

スパサブシュポ=モティング

10月11月と絶好調

何かと使い方を模索していた

ところです。

 

「リンクフォワード」

のため、ゴールが欲しい

状態での途中投入は案外

難しい(直接ゴールに向かう

ラインブレイカーが重宝)と

思いましたが、例えば先発が

ラインブレイカー

レヴァンドフスキとか)

だったら、リンクフォワードを

途中投入することで攻撃が変化し、

相方のラインブレイカーに

得点を取らせるというのも手。

 

動画も、同点で投入された

シュポ=モティング

若干降りたところにボールが

入った段階で、敵の守りが

先発のラインブレイカーの時と

同じように食いついた裏

ムバッペが走り込み、そこへ

ラストパスが炸裂しました(^ ^)

 

カウンターの場面で

ドリブルしたバルベルデ

無理せず戻して組み立てたのも

結果的に良かった。スピードで

ぶっちぎれない時は

一旦やり直しキープする

ことも大事ですねぇ。

 

ヴィニシウス

 

イレギュラーを最大限活かす

ダイレクトパス

 

 

1点ビハインドの後半。

ポゼッションしながら

回していてもなかなか

敵の牙城は崩せませんが、

たまたま敵に当ててしまい

イレギュラーになった時は

案外チャンスになるものです(^_^;)

 

きっちり守っていた敵の

リズムも崩れますので、その

一瞬を逃さずに素早く繋ぎ

ゴールに結びつけました。

集中力を切らさず、落ち着いて

穴を見つけるのも大事ですねぇ。

守る時も気をつけなければ(^◇^;)

 

レヴァンドフスキ:上の続きで…

 

敵の気落ちを見逃さず、

ルンメニゲの余りを見越した

逆サイドへのシュート

 

 

で、同点に追いついた

上の動画の直後のプレー。

明らかに気落ちしたお相手さんが

これまで丁寧に繋いでいた

キックオフ後のパスをミス。

これをチャンスと見た我が軍は、

一気呵成にプレスをかけ、

パスカットしカウンターゴール。

よくある話ですが、私は

これをよくやられます(苦笑)。

 

レヴァンドフスキまで渡り

シュートなわけですが、画面下に

ルンメニゲが明らかに余って

いたので、そこにこぼすのを

見越してファーへシュート。

思い通りになりました(^ ^)

 

デ・パウル:常に裏をかく

 

常に相手の裏をかく

カットインからの

スルーパス

 

 

これまた上の続き。

選手交代で前線の陣容が

ずいぶん変わりましたが(^◇^;)

CMFのデ・パウルが持ち、

お相手さんがLWGをケア

(敵カーソルで判断)して

いるのが見えたので、

敢えて中に切り込むことに。

 

完全に後追いになっていて、

次にカーソルチェンジするなら

CBかLSBを使って

前に出て防ぐだろうなぁ

と思いまして、

そうなるとフェリックス

マークが空くだろうなぁ

と思いながら間合いを測り、

結果的に絶妙のタイミング

フェリックスへのスルーパスが

通りました。

 

お相手さんの集中力が

切れ気味だったとは言え、

狙い通りの攻撃になった

満足度が高いゴールでした(^ ^)

 

あとがき

 

というわけで次回は

POTWWCの解説です。

お楽しみに。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村