Apr.22:今週後半のイベント&今週前半のフォメ〜「カイザー」の使い方〜&ゴール動画解析4K〜3バック・5バックのサイド守備〜【ウイイレ2021 myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
あと1年踏ん張っていれば…(T . T)

 

WISTERIAでございます。

 

ついに、出ましたねぇ。

 

 

Apple独自のCPU・M1チップ搭載の

iMac(24インチ)であります。

デスクトップPCとは思えぬこの薄さ!

ディスプレイだけじゃないんです、

これでオールインワンなんです(^◇^;)

 

 

初代iMacのカラバリ

 

を彷彿とさせるような

7色展開。ヴェゼルを狭くし

現行21.5インチと同程度の大きさながら

画面サイズを24インチに拡大

作業効率が良くなりますねぇ。

M1チップは非常に評判が良く

(先行搭載のMacBookAirにて確認)

パワフルかつ省電力。

いやぁ、羨ましい(T . T)

 

筆者はこれの発売を首を長くして

待っていたんですが、先に我が家の

iMacが昨年悲鳴を上げダウン

現行モデルの「最終形態」とも言える

iMac27インチ(これはこれで性能的に

非常に評判が良く、使い勝手は良好)を

泣く泣く購入しました(^◇^;)

 

新型の発売は5月後半、予約開始は

4/30とのこと。くぅぅ(T . T)

 

と言うわけで本日はメンテ日

 

 

既に19時までのメンテ

先手を打たれておりますので(^◇^;)

気長に待つことにしましょう。

メンテ中の読み物、暇つぶしとして

フォメや動画をご紹介します。

 

WISのブログ、始めます。

 

今週後半のイベント

Iconic Moment

 

Iconic Moment

R・マドリー

C・ロナウド

ベッカム

フィーゴ

の3選手となりました。

 

ユニ補正以外で欲しい選手が

いるかと言われると…どうでしょう。

ロナウドはユーヴェのがいて、

ベッカム超若ベッカムがいて、

フィーゴは…(笑)。

 

POTWCL QF

 

今週のPOTWはCL

ベスト8(QF)の戦いから

ノミネートされるようです。

 

あれ、リーグ戦のPOTW

ないのかしら?

 

今週前半のフォメ

U-2999

 

U-2999フォメはこんな感じ。

一応現在の主力フォメの形

そのまま活かしておりますが、

スタミナの問題があり3バックは

実質使えない状態です(^◇^;)

 

たくさんのCS選手(スカッドボーナス)

を獲得しましたが、被りも多かったので

意外と選択肢は少ない(笑)。

ラカゼット、ラムジー、ムスレラ

というトリオで組みました。

 

主に使うフォメはサブDの

トレーパン4−3−3になりますが

これだとプリシッチが絶望的に

機能しない(T . T)

課題を抱えたまま格下に相対し、

攻守にだいぶ苦労したまま…

 

 

姑息な手段で勝ちました(笑)。

 

Matchday:ユヴェントス

 

MatchdayのeFootball League

久々にユヴェントスで組みました。

ガチスカがユヴェントスユニなので

Matchdayに使うことが少なかった

という本末転倒ぶり(笑)。

 

アンカーと突出したRSBが

そもそもいないユーヴェの事情と、

A・サンドロを獲り逃した

我が軍の事情でその3ポジを補充

アラバ、パヴァールは便利です(^ ^)

 

プリセットチームではかなり

負けが込んでしまい精神衛生上

悪いんですが、このチームは強い。

やはりmyClubの選手に依存した

戦い方なんですねぇ(^◇^;)

 

ガチスカ(=O-4000)

 

Matchdayをユヴェントスで参戦

しましたので、ターンオーバー

するガチスカはバイエルンユニに変更。

ルンメニゲ、マテウス、そして

ベッケンバウアーが鬼強化されます(^ ^)

 

ポジション適性の広いマテウス

ベッケンをどのように使うか

このフォメの肝。

プレーメイカーのマテウスは基本

スタイルの発動しないOMF起用

ただ、3−4−3の2センターでは

あまり上がってほしくないため

プレーメイカーを敢えて発動させる

CMF起用をしております。

 

ベッケンバウアーはいわゆる

「カイザー」

の位置、すなわち

5バックのフォアリベロ

4バックはアンカー(要ディフェンシブ)、

3バックはリベロ…にしたかったんですが

人員の関係でセンターハーフ

となっております。

マルディーニをRMF、ベッカム

CMF、マテウスをDMFにして

ベッケンをリベロにできなくもない

(RSBにアーノルド等を起用すれば…)

と今思いつきました(笑)。

 

その他のスタメンは好調選手を

中心に選抜。ムバッペ、ベンゼマ

筆頭に取り揃えました。

SBとGKの好調選手がなかなかおらず

デイヴィスクルトワをCですが採用。

サブもスカッドボーナス3選手の他は

豪華スパサブカルテット軒並み好調

頼もしい限り(^ ^)

 

昨晩このフォメでオンチャレを

格上(レート900後半)相手に

見事勝利を収めました(^ ^)

 

本日のゴール動画解析4K

オドソンヌ・エドゥアール

 

This is the ボックスストライカー

 

 

フランス代表フォメ。スパサブの

付いたオドソンヌがエリア内で

待ち構えております。

まぁ裏抜けしませんね、スピードは

あるんですが…(^◇^;)

 

それならそれで、足元にボールを

渡してあげればビシッと収めて

懐の深いターンでボールを隠しながら

フィニッシュまで持っていきます。

スタイル別の動き方、動かし方

マスターした方が良いですな(^◇^;)

 

ピレス&カマヴィンガ

 

高い位置からの嵌め込み

SMFの絞り

パスカットからの速攻

 

 

敵DFが低い位置から苦しいながら

繋いで行きます。これを獲れれば

カウンターの大チャンス!

高い位置からパスコースを切って切って

嵌め込んで行きます。

 

3バック、5バックフォメで大事に

なってくるのは、サイド選手の絞り

中盤中央の守備人数確保において重要です。

相手が中央密集フォメ、さらにこの場合

SBが低い位置にいて攻撃参加は

ほぼ不可能という状態なので

必然的に繋ぎのパスは中央へ向かいます

 

LMFピレスはそれを誘導するように

内に絞ってプレス!

縦に急いでしまった敵のパスを

カマヴィンガが見事にパスカット。

その後は、上がりきっていない

敵ラインを蹂躙する速攻

フェキルが見事に決めました(^ ^)

 

「追い込みエリア」が「中央」

スティパニッチ監督はこのような

守備には合致していると思われます。

 

ヴィエラ&ムバッペ

 

フラスル1発での裏抜け

 

 

ヴィエラがボールを持った時点で

ムバッペ物凄いスピードで

斜めへ裏抜け!

グラウンダースルーパスでも

良かったんですが、敵の3番あたりに

引っかかりそうだったので

フラスルを選択。

 

ヴァラン多少不可思議な動き

もありまして、きっちり通り

イージーゴールでした。

 

フォルラン

 

ハーフウェイから「道」が見え

単独ドリブル突破

 

 

センターサークル付近でボールが

フォルランに渡った瞬間、

中途半端な位置取りの敵CB

キエッリーニが前に出て、ラモス

左に寄りすぎた)を確認。

 

「これ、単独でいけんじゃね?

と道が見えた私は単独ドリブルを敢行

見事に誰も追いつけませんでした(^◇^;)

 

あとがき

 

と言うわけで明日は

POTWCLガチャの模様を

お届け。土日は

Iconic Momentの説明をば。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村