【16:35 PS4メンテ明け・更新終了】Feb.18:メンテ中新情報追いかけ更新&ゴール動画&FIFA21TOTW21情報【ウイイレ2021 myClub・FIFA21FUT】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
監督の力…。

 

WISTERIAでございます。

 

いやぁ、アレですねぇ(^◇^;)

CLラウンド16、初戦となった

バルセロナ vs パリSG

1回戦屈指の好カード

という触れ込みでしたが、

アウェイのパリが完勝。バルサは

逆転が絶望的となっております。

 

勝負を分けたのは守備。

と言いましても、

「どちらがマシだったか」

レベルの話であって、就任2ヶ月の

新監督ポチェッティーノ

「組織的守備の基礎固め中

であるパリSGが、

組織的守備の基礎が全くない

バルサを負かしてしまった

というのが実状です。

どちらが勝ち進んだとしても

優勝に手が届くかと言えば…。

 

バルセロナとしては

クーマン監督が就任半年を迎えても

「組織的守備の基礎」

が全くできていないことが

改めて明るみに。

「選手個々人の判断」

でプレスをかけているため

連動性が全くない。それが今回の試合では

失点に直結しております。

ある程度の相手ならば

メッシ神通力

「麻薬」みたいなもんですな)で

ねじ伏せてしまうので分かりませんが、

リーグ上位やCLでの戦いになると

化けの皮が剥がれます。

 

クーマン監督(に限らず、ここ10年の

バルサ監督全員)の選択としては

メッシ守備をさせる

メッシを除いた10人での守備をする」

の2パターンしかないんですが、正直

どちらもできていませんで、

攻撃時の「麻薬」に頼ってしまう

それに頼りながら守備を実質放置

(マンマーク指示くらいですか)するのでは

監督の仕事を放棄している

と言われても…。

就任当初はメッシ移籍を考えていた

クーマン監督をして、残留ののちは

結局彼に頼ってしまうわけですから、

やはりよほどメッシ(の攻撃力)

魅力があるんでしょうな。

 

CLの勝ち抜き要件として

最終的、究極的には

「監督の力」

によるところだと言われています。

バルサは、この監督でこの先も

進むんでしょうかねぇ…(^◇^;)

 

というわけで、本日は

「メンテ中新情報追いかけ更新」

ということになります。

スタートがちょっと遅れまして

申し訳ありませんm(_ _)m

 

WISのブログ、始めます。

 

16:35 PS4メンテ明け 更新終了

 

PS4のメンテも

時間前に

無事明けました!

 

 

というわけで、明日の

ガチャ結果をお楽しみに。

それでは。

 

16:00 アプリメンテ明け

 

アプリのメンテが

明けてました(^◇^;)

 

今週のPOTWラインナップ

 

クロース

メレット

ギュンドアン

ジエゴ・カルロス

ベジェリン

ベルフハウス

エンディディ

ヴェレトゥ

アルル

トリンコン

バストーニ(スペツィア)

 

の11名。

あれ、オバメがいない(T . T)

これは残念に思う人も多いかも

 

その他、ベルフハウス以外は

何らかの形で私が触れた選手

ではあります。まぁあれだけたくさん

紹介すれば当たるんでしょうが(笑)。

 

目玉はアンカーのエンディディ、

総合値の高いクロース、守備的GKで

案外やれそうなメレット等々。

具体的な能力を調べてから

明日詳しくご紹介したいと思います。

 

15:40 次週Matchday・CS

次週Matchday

 

次週のMatchday

相変わらずのKONAMIカップ

CLの2本立てということになります。

CLは週の前半・水曜日までとなると

ちょっと寂しくなりそうですが…↓

 

Ranking challenge

 

Ranking challenge

開催されることで、週末は

こちらへの参加ができます。

前回のRanking challengeは

eFootball Leagueとも重なり

えらい忙しい週末となりましたが、

今回は余裕を持っての参戦が可能。

 

まぁ、なかなか上位進出は難しく

参加賞をもらうだけで終わってしまう

わけですが…腕試しの意味で

頑張ってみるかもしれません(^◇^;)

 

次週CSガチャ

 

で、次週CSは

アタランタ

ナポリ

セリエA2クラブ。

クリバリを除けば

「中当たり」

クラスの選手が多いかと。

そのクリバリにしてもFans’ Choice

獲得した方も多いと思いますので、

絶対引かなければならない

というところまでには至らないか。

 

15:15 今週後半のイベント

Iconic Moment

 

予告通りアーセナルでございます。

ベルカンプ

リュングベリ

ピレス

ということになりますねぇ。

 

ヴィエラ、G・シウバがいますが

プレミアリーグのフォメでは

リヴァプールを中心に使っているので、

個人的には無理して回さなくても

いいかなぁとは思っています。

 

ただし、

「トレーナーキャンペーン」

今週がとりあえずのラストチャンス

でありますので、それ目当てで

結局は参戦するでしょう(笑)。

優先順位としては

リュングベリがトップで

ベルカンプピレスは同格

(ウイング、サイドハーフを使わない

フォメの方はピレスは必要なし)

という感じですかねぇ。この辺は

土曜日に検証したいと思います。

 

POTW

 

2週間ぶりのご無沙汰です(^ ^)

今週はPOTWがありまぁす

選手紹介は情報解禁後に。

 

今週のFIFA21

TOTW21

 

「時々FIFAブログ」

と謳っておきながら、ご紹介は

週に一度のTOTWのみというのは

個人的にも忸怩たるものがあるんですが、

現実生活とウイイレのご紹介で

アップアップしているもんですから(^◇^;)

ご容赦ください。

 

それはさておき、このTOTWから

ウイイレのPOTWについて

ポジション別にあれこれ雑談をば。

 

GK

 

GKはヴィラのE・マルティネス

(我が軍では過去POTWが

U-2999で活躍中。高身長は正義)、

そしてナポリのメレットという2人が

選出。

レアリティと活躍選手の関係で言うと

ウイイレでもこの2択になるかと。

面白いところではマンCの

エデルソンにアシストがありましたので

大穴サプライズでの選出があったりして(^◇^;)

 

DF

 

CB、FIFAではストーンズ(マンC)、

ポルトガルからコアテス

フランスから大ベテランの

イウトンというところが選出。

決め手に欠けるような気もします。

 

他に、引き分けたシャルケから

ムスタフィ(8.3MOM)、好調

リーグ戦5試合無失点を続ける

セビージャのジエゴ・カルロス

(8.2MOM)、見事なクロスで

アシストを記録したローマの

マンチーニ(8.0)

あたりも候補に入ってくるか。

 

SBとしてはFIFAの選出はゼロ(!)。

候補となるのは、ちょっと地味ですが

バーンリーのロートン(1G9.4MOM)、

味方にハットトリックがいますが

アーセナルのベジェリン(1G8.1)、

ミランを破ったスペツィアから

LSBのバストーニ(1G7.7 白玉)

というところですかねぇ。

 

MF

 

TOTWの総合値上位では

アトレティコのM・ジョレンテ

(1G1A 7.7)、リヴァプールを

撃破したレスターのエンディディ

(1A・9.0)、ローマのヴェレトゥ

(2G 7.7)、そして何故か

中東にいるバネガ、英2部から

ワトフォードのイスマイラ・サール

というところが挙げられております。

 

ウイイレでは、他に現在絶好調、

トッテナム撃破の立役者

ギュンドアン(2G 8.8 MOM)が

大本命、アトレティコでは他に

A・コレア(1G 8.6 MOM)、

十八番の美しいコンカを決めた

R・マドリーのクロース

(1G1A 8.3 MOM)などが候補か。

フランスやオランダにも多数

活躍選手がいますが、有名どころが

多く活躍しているのでちょっと

出番はないかもしれません(^◇^;)

 

FW

 

ハットトリックでようやくお目覚めの

オーバメヤン(9.3 MOM)が本命。

FIFAで登場しているルカク(2G1A)は

ウイイレでは直近CS登場のため除外か。

途中出場で決勝ゴール、さすがスパサブ持ちの

アタランタ、ムリエル(7.5)あたりが

選ばれております。

 

ウイイレ的には、その他

バルセロナからはゴラッソ2発

メッシ(10.0 MOM)と同じく2ゴール

若手ウインガー・トリンコン(9.1)

のどちらか。ウイイレ的には

トリンコンの方が面白いかも(^◇^;)

 

CF枠がもう1つあると考えると

オランダから引き分けながら

D・マレン(2G 9.6 MOM PSV)、

アルル(1G1A 9.1 MOM アヤックス)、

セルタで久々活躍のサンティ・ミナ

(2G 8.4 MOM)などなどから。

 

ゴール動画

A・サンドロ

 

ユーヴェプリセット

CKサインプレー

ショートコーナーからのピンクロ

 

 

基本的にCKの優先順位としては

ニアに高速クロスを上げ突っ込む

というのが一番先に来ます。

 

しかし、CKの数が増えてきたり

お相手さんがニアサイドを固める守り

してきた場合は、このような

トリック的に目線を外すプレー

挟むと敵も多少混乱します。

この場合は見事に成功しましたが、

惜しいシュートを放っておくだけでも

次回のCKの時にニアの守備が緩む

(敵がいろんなことを考える)

ことがあるので、そこで再び

ニアにぶち込むのも効果的です。

 

ラウタロ・マルティネス

 

U-2999

サイドからのスルーパス

 

 

U-2999チーム、3トップの左ST

に配された獲得直後のラウタロ

ボールを受けてどうしようかと

考えましたが、中央のマークが

緩く抜け出せそうだったので

思い切ってサイドの位置から

斜めにスルーパスを通しました。

 

平均的に能力が高いラウタロですが

レベル上げができずに塩漬けのまま。

ライブアプデの乗りも良いので

育ててみたい気もしますが…。

 

クライフ&トーレス

 

すごい角度へのスルーパス

すごいターンから抜け出し

 

 

後半AT、ゴール前の即時奪還から

体が変にねじれそうな方向

スルーパスを出したクライフ

もはや直感的なものなんでしょう(^◇^;)

それに反応するトーレストーレスですが。

ブスケッツの裏側を通し、

プジョルも追いつかずゴール。

 

スルーパスを通す際には

(そこまで精緻な操作もできませんが)

「DFの背中側」

を通すイメージで出すと良いかも。

そのためには味方FWが斜めに抜け出す

通りやすいですねぇ。

 

A・サンドロ&ロナウド

 

ロングパス1発で抜け出し

躍動感あふれるヘッド

 

 

プリセットチーム。

4−3−1−2のCFになった

キエーザの元に後方のA・サンドロから

ロングパス1発。見事通りました。

 

多少もたつきまして取った取られた

繰り返しましたが、無事クロスを上げ

ロナウドさんが躍動感溢れる

ヘッドでドカンとゴールです。

近距離クロスのコツとしては

「GKに取られないコース・速さ」

で上げることを第一に考え、あとは

味方が中に突っ込んでくることを

信じてビシッと通します。

 

ロナウド

 

ユーヴェプリセット

デジャヴ感溢れる縦の

パスアンドゴー

 

 

お決まりのパターン(^ ^)

CFロナウドが降りてきてパスを受け

落とす時点でパスアンドゴーをかけ、

敵CBがロナウドについてきて

裏側にスペースができれば

抜け出しの大チャンスです(^◇^;)

 

折り返しのパスも、慌てて出さずに

DFラインと抜け出しの速さを

考えて一瞬溜めることが大事。

 

あとがき

 

というわけで明日は

POTWガチャの模様をお届け。

土曜日はIconic Momentアーセナル

を頑張りたいと思います。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村