「WIS的ポジション別最新序列・2020春」OMF編【ウイイレ2020 myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
総勢25名がひしめくも…

 

WISTERIAでございます。

 

本日は

「ポジション別最新序列」

OMF編

2020開始当初から我が軍には

ポジションはありましたが、

冬を経て春になり、徐々に

位置や役割が変わりつつあります。

 

前回の「中間査定」

WIS的ポジション別中間査定「OMF編」【ウイイレ2020myClub】

からどう変わったか。激変です(^◇^;)

 

WISのブログ、始めます。

 

ポジション分けの定義と役割

OMFのポジション

 

単純明快。いわゆる

「トップ下」

というやつです(^◇^;)

 

 

もしくはサブフォメの

オフェンシブ4−2−1−3

のインサイドハーフ

いずれも攻撃のタクトを振るう

重要ポジションとなっております。

 

OMFの役割

 

当然ながら攻撃の中心的役割

担うわけなんですが、個々の

キャラクターによってその

「味付け」

と言いますか、

「攻撃の作り方」

が違ってきます。

 

パスが得意な選手だとスルーパス、

フラスルなども含めた

「ラストパサー」

ドリブルが得意な選手だと

「ドリブルでの局面打開」

シュートが得意ならば

「飛び出してフィニッシュ」

というような感じになるでしょうか。

あとは、フィジカルが強ければ

「中盤での基準点」

として、ヘディング等々も絡めて

周りの動きを促すなど、特徴的な

働きをする選手なんかもおります。

 

ただ、やはり最重要になるのは

「FWへのチャンスボール供給」

だと思いますので、

「パス能力」

(特にグラウンダーパス)

が高い選手が欲しいところ。

 

獲得選手とデータ

可能性のある選手を集めたら…

 

OMFがメインポジションの選手

に限らず、

「OMFで出場する可能性のある」

ウインガーやストライカーなども

含めて集めてみたら、

総勢25名

という大所帯になりました(笑)。

 

「中間査定以降」獲得の変遷

 

1位 デ・ブライネ

2位 ベルナルド・シウヴァ

注目 ディバラ、デ・アラスカエタ、久保

だったOMF。

 

ここから、

デレ・アリなどの新規獲得

ディバラ、スソなどのバージョンアップ

があり、フォメ変更による

メッシ、グリーズマンなど

他ポジションからの参戦

があり、極め付けは

『黒船』フリット襲来」(笑)

など色々ありまして、あっという間に

激戦区となってしまいました。

 

必須能力・スキルによる「ふるい落とし」

OMFに必要な能力・スキル

 

パス能力(特にグラウンダー)

パススキル(1パス、スルーパス)

最低限のスピード(80以上)

最低限のフィジコン(70以上は欲しい)

・ドリブル、シュート能力・スキル等々は

「あればプラス要素」で、なければないで良い

 

とまぁこう考えていくと、多数の

候補者の中からOMFにふさわしい選手

相応しくない(他ポジションの方が

向いている)選手がわかってきます。

上記の能力、スキルにより25名から

「ふるいにかけて」

いきたいと思います。

 

パス能力、パススキルによるふるい落とし

 

Gパス能力についてはほぼほぼ

最低限の能力は皆ありましたが、

「ワンタッチパス」

「スルーパス」

どちらかは持っていないと

トップ下としては苦しい(T . T)

これらの方々が弾かれます。

いきなりネイマールが…(^◇^;)

この後もネイマールには

「決定的な欠落」

が突きつけられます(><)

 

スピード不足によるふるい落とし

 

スピード80未満の御三方。

マウント、L・アルベルト

レベルを上げれば80は超えます

D・シルバは、寄る年波には勝てず

プレーメイカー的に使う方が

輝く可能性が高そうです。

 

フィジコン不足によるふるい落とし

 

これが結構シビア。有力どころの

ネイマールB・シウヴァなどが

ここでふるいにかけられます(T . T)

 

フィジコンが低いのがなぜ

OMFに向かないか

と言いますと、OMFの位置で

フィジカル勝負で負けてしまうと

ボールロストからカウンターを

浴びやすくなるからです。

ちょうどYouTuberのちゃまくん

ネイマール使わなくなった理由

としてこの

フィジコン不足によるボールロスト

を説明してくれておりました。

 

個人的には、これだけを理由に

全く使わないのもあんまりなので、

「できる限り味方ゴールから遠い位置

(MFよりFW、中央よりサイド)で使う

という解決方法がよろしいかと。

と言ってもコウチーニョB・シウヴァ

OMFで使いたいところですが…f^_^;

 

コン安不足によるふるい落とし

 

ライブアプデ中断による

「オールC」(レジェンド、IMはB)

という状況下において、

コン安4以下というのは

ほぼ不調になるため使いようが…。

 

ただし、例えばMatchdayなんかで

コンディションが確定する場合

(アーセナルのエジルなど)は

このふるいは取っ払われます。

 

「使用感が悪い」ふるい落とし

 

最後は、自らの使用感

選手にとっては理不尽極まりない

項目ですが(笑)、何が悪いのか

チャルハノールは使っていてどうも

しっくりこない(T . T)

能力的には弱点も少ないように見えますが…。

D・シルバはなんとなく衆目の一致する

ところだとは思います。

こっちもまた失礼な話か(^◇^;)

 

OMF最新序列と注目選手

ふるいで残った面々

 

というわけで、ふるいにかけた結果

勝ち残った上位のメンバーを

ランキング形式でご紹介。

 

6〜4位

 

コウチーニョは6位。フィジコンの

ふるいにかかって一旦落ちましたが(笑)、

ウインガーにするにもスピード不足

トップ下が適正ポジに変わりなし。

同じく能力的にはトップ下以外なさそう

B・シウヴァとの差は、スキルの豊富さ

eFootball League対象クラブだから(^◇^;)

 

 

5位はグリーズマン

ドリブル能力がそれほどでもないのが

意外でしたが、スルーパス持ち

「2列目からの飛び出し」は貴重。

当然決定力も高いのでOMFST

どちらで使うか迷うところです。

 

 

4位はディバラ

能力的に見るとやはりシュートを

撃つべき選手だとは思いますが、

スルーパス持ちスター性(!?)で

10番・トップ下に置きたくなる選手(^◇^;)

 

第3位 デ・ブライネ

 

中間査定でトップだったデ・ブライネ

3位を死守。OMFとしての総合力は

さすがで、弱点が少ない

一番の武器はやはりパスで、

フラスルなんかは神の領域(^○^)

 

スキルトレーナーで私はダブルタッチ

付け、ドリブル力を補強しましたが

ワンタッチパスを付けて

「パスの鬼」

と化しても面白そうです。

 

第2位 メッシ

 

個人的には、

「インサイドレシーバー」

としてサイドと中央の間でフラフラ

させておくのも好きなんですが

(マークが付きづらい印象)、

OMFで置いてプレースタイルを消し

有り余る能力を存分に発揮して

もらうのも大アリ。

 

あと、この人の使い方としては

CF起用で2トップの右とか

クロップ3CFの右に置く

というのもこれまた大アリ。

ダブルタッチからのコンカ

おっそろしいほど高精度ですから…。

 

「パサー」として使うか

「フィニッシャー」として使うか。

大いに悩みましょう(笑)。

 

第1位 フリット

 

我が軍に

「革命」

を起こした張本人(^◇^;)

体格、フィジカルを利して

トップ下で抜群の存在感を発揮。

大柄の割にターンなども速いので

ボールを収めて周りを活かす

振り向いて自ら撃つ、両方可能。

 

「ナンバー10」

ですので、多少ダイナミズムには

欠けるという意見もありますが、

まぁ「使いよう」

という感じもします。トップ下に

ダイナミズムが欲しければ

飛び出しの選手を使って、フリット

CF起用するなどして

「ナンバー10を消す」

方法もアリだと思います。

 

注目選手1 スパサブの2人

 

デ・アラスカエタ

なかなかの働きぶり

基本スパサブとして出しますので

心許ないように見えるGパス能力(88)も

スパサブ補正がかかって実質90超えます

フリットをCMFに下げ、彼を

トップ下に置くパターンが増えております。

 

 

デレ・アリについては後付けで

スパサブが付きました。が、個人的には

まだまだうまいこと使えておりません

デ・アラスカエタの方が動きが軽くて

後半に出すにはいいんですよねぇ。

他の方を見てみると結構使っている人も

おりますので、ちょっと起用法を

検討してみたいと思います。

 

注目選手2 ミリンコヴィッチ=サヴィッチ

 

CMFの仕分けでも登場した

ミリンコヴィッチ=サヴィッチ

に注目してみました。

獲得以来事実上唯一無二の状態

出ずっぱり(ターンオーバーなし。

アイテムで回復させ起用)

フリットに代わる存在を探しております。

 

体格、フィジカルは似ていますが

スピ瞬が圧倒的に足りないので

全く同じようにはいかないでしょう。

しかし、OMFの位置でちょっと

試してみる価値はないとは言い切れない。

ダメだったらすぐ報告します(笑)。

 

あとがき

 

ちょっと無理やりだった

OMF編。いかがでしたでしょうか。

 

いよいよ次回からFW部門

突入するわけですが、今回登場して

トップ下に馴染めなかった選手も

「ウインガー」「ST」

として再登場する予定がありますので

お楽しみに。

まずはカテゴリーを、どうしようかなぁ(^◇^;)

そこから出発したいと思います。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村