Nov.14・FP予想(POTW)2〜ナショナルで既に出てますが…〜【ウイイレ2020myClub】

ウイイレ2020
WISTERIA
WISTERIA
昨日に引き続き
やきうの話題です。

 

WISTERIAでございます。

 

…何か書こうとしたんですが、

朝起きたらすっかり忘れてました(笑)。

思いついたアイディアや記事は

音声メモでも普通のメモでも

とにかく残しておくことが

大事なんですなぁ…f^_^;

 

プレミア12アメリカ戦

粘ったものの振り切られて初敗戦。

2回のピンチで早くも前進守備

(1点もやりたくない)をする…。

「日本は得点力がありませんよ〜

と知らしめ、自ら厳しい戦いを

選択しているような…。

 

その割には、先頭打者の

あっさり初球を打って凡退

(第2打席目はゲッツー)という

淡白さ。未知なる投手相手

(相手の先発変更はどうなのか。

今日先発するらしいし…)には、

前半は球数を投げさせて攻略の

糸口を見つけるのがセオリーだと

思うんですけどねぇ。

積極的に振るのがのスタイル」

というのもわかりますが、なら

そのスタイルの打者を一番に置く

方が悪いということにもなります。

 

先発の高橋礼についても、アメリカが

アンダースローに慣れていない

(プエルトリコ戦はまさにそれ)

というアドバンテージが

1巡回った頃には完全になく、

明らかにアメリカ打線は高橋礼

アジャストしていました

アドバンテージがない以上、

もう少し早く見切りをつけて

交代させても…とも感じましたねぇ。

中継ぎ陣も、特に味方が取り返した

直後に取られるのは残念でした。

 

もっとも、このラウンドは

決勝進出が目標ですので、

何がなんでも勝つしかない」

という試合ではなかった

考えるならば、投手起用で

無理する必要ないと判断した、

となるのも頷けなくはありません。

 

しかしこの結果で、メキシコ戦韓国戦は

連勝がほぼ必須に。また

韓国戦がめんどくさいことに

なりましたねぇ。

 

さて、長くなりましたが(笑)、

本日はFP(POTW)予想の後半戦

前半戦↓

Nov.14・FP予想(POTW)1〜選ばない理由がない〜【ウイイレ2020myClub】

2019年11月12日

と共にお楽しみ下さい。

WISのブログ、始めます。

 

フランス

アレクサンドル・ゴロヴィン(モナコ)

1G(決勝点)

 

今季もなかなか苦しんでいる

モナコですが、ここ1ヶ月は

ベン・イェデルの活躍もあり

白星先行と上り調子。

フランスリーグはパリ以外は

勝ち点差が少なく混戦模様です。

 

そんな中で今節は、お待たせしました

ゴロヴィンのゴールで勝利(映像なし)。

前作のFPで大活躍もありまして、

個人的には期待しております。

バランスの取れた能力。今作は

ポジションをOMFに移して

より攻撃的になるか。しかし

ディフェンス能力もそこそこあるので

インサイドハーフには適任かと。

 

ディミトリ・パイェ(マルセイユ)

2G(1PK、全得点)

 

リヨンとの

「ショック・ドゥ・オランピック」

で大活躍。こちらもお馴染みの

パイェさんでございます。

敵のハンドからのPKで1点。

自らのアウトスピンキック

外に展開し、戻ってきたボールを

右足で沈める2点目はお見事。

 

両足から放たれるシュート

セットプレーの精度はさすが。

ベテランとなりましたが、

大一番での勝負強さは健在です。

ウイイレでも扱いやすいOMF

として有名ですので、今年も

我が軍には来ますでしょうか…。

 

ドイツ

オザン・カバク(シャルケ)

1G(DF 引き分け)

 

先週もご紹介しました

Nov.7・FP予想(POTW)〜伸びしろCB祭り〜【ウイイレ2020myClub】

2019年11月7日

オザン・カバクさんが今週も

ゴール。またまたCKを

頭でズドンでございました(^◇^;)

 

先週はデ・リフトという

目玉CBがいたので選外になりましたが

今節はCBノミネートが見当たらないので

前節との合わせ技でいかがでしょう(笑)。

 

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

2G(11戦連発16G)

 

こちらもダービー

「デア・クラシカー」

で2ゴール。と言いますか

開幕11戦連発16ゴール

というとんでもない記録を

更新中でございます(^◇^;)

 

10月のナショナルFPで登場

しまして、私はめでたく獲得

Oct17:ナショナルFP(POTW)ガチャ結果「食欲の秋」【ウイイレ2020myClub】

2019年10月18日

しました。ポストプレイに

物足りなさを感じるものの、

肝心のシュートの場面では

素晴らしい決定力を披露。

 

クラブの活躍でのFP」

ではまだ登場していないと

考えれば、バイエルンの

FPレヴァンドフスキが出ても

全く不思議ではありませんねぇ。

 

パウリーニョ(レヴァークーゼン)

1G(途中投入 ブンデス初)

 

レヴァークーゼン期待のブラジリアンが

ブンデス初ゴールでダメ押し。

終了間際に投入された直後、

縦パス1発で裏を取り独走、

冷静に決めました。

 

ドリブル突破が魅力、攻撃的

ポジションなら内外どこでもいける

2000年生まれの19歳

昨季ヴァスコダガマから

2000万ユーロで完全移籍。

 

今季はユリアン・ブラント移籍で

チャンス到来かと思いきや

ここまでは途中出場4試合

留まっております。

スポルティング(ポルトガル)

等から獲得オファーが来るなど

期待されている選手ですので、まずは

結果が出たことは朗報

伸びしろ枠でどうでしょうf^_^;

 

オランダ

 

ヘラクレスのデセルス

ハットトリック。2ゴールも

数名いますが、映像もなく

選手も詳しくわかりませんので

紹介不可m(._.)m

 

ドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)

2G(先制点)

 

10/31にもご紹介しました

Oct31・FP予想(POTW)2「超新星選出なるか」【ウイイレ2020myClub】

2019年10月31日

アヤックスの中心選手。

今節も2ゴールです。

こちらも映像がないもんですから

これ以上は…m(._.)m

 

ポルトガル

ルシアーノ・ビエット(スポルティング・リスボン)

2G(全得点)

 

かつてスペインで活躍した

(と言ってもまだ26歳ですが)

アルゼンチンの点取り屋

今節2ゴールと気を吐きました。

 

敏捷性テクニックに優れた

ボックスストライカーですが

ビジャレアルで2桁ゴールを

マークしてからは鳴かず飛ばず

アトレティコ、セビージャ、

バレンシア、そしてイングランドは

フルアムにも所属したんですが、

「点を取ってナンボ」

というタイプ(チームプレーが

それほど期待できない。ガメイロとか

古くはインザーギがこのタイプ)

だけに、ここから頑張って

積み重ねていって欲しいところです。

 

アレックス・テレス(ポルト)

1G(DF 決勝点)

 

ポルトのブラジル産LSBが

弾丸シュートで決勝点。

なかなかのものですので、

スカパーでハイライトを見ても

いいかもしれませんよ(^ ^)

 

左足クロスやシュート、FKなど

攻撃性能が特筆に値しますが、

守備面でも意外と堅実

周囲との連携も取れる選手で、

トータルバランスを考えたら

ブラジルでは今No. 1とも言える

LSBだと思います。

 

そろそろポルトガルから

1段上がったところでの活躍

見たいものですねぇf^_^;

 

次週Matchday予想

 

11/23 マンC vs チェルシー

 

現在好調の

「チェルシー」

をどこで出すかがポイント。

ビッグクラブ同士の戦いですが、

ビッグロンドンダービー

チェルシーvsアーセナル

を待つしかありませんかねぇ。

 

11/23 ミラン vs ナポリ

 

これもまた一応はCSで出た

クラブ同士の対戦。ですが…

順位的に見ると同日の

アタランタvsユヴェントス

の方が好カードですし、どちらも

伝統やクラブの格を考えると

決め手には欠けますねぇ。

 

 

案外ないもんですなぁ(^◇^;)

2週続けて南米というわけにも

いかないでしょうし、そろそろ

オランダポルトガルリーグの

H/Aというのもあるかもしれませんな。

 

あとがき

 

というわけで今週も無事

予想記事を書き終えました。

もはや

「当たる当たらないは二の次」

でございまして、知ってる選手を

とにかく説明するという

自己満足企画に(笑)。

 

明日は情報追っかけ記事を。

併せて撮り貯めております

ゴール動画もご紹介することに

なると思われます。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村