【eFootball 2023】「戦慄のハット」ハーランド登場!しかし当たり外れが… 9/1 POTWガチャ徹底解剖!

トレンドガチャ
WISTERIA
WISTERIA
今後どうするかはおいおい…。

 

WISTERIAでございます。

 

昨日は記事を3本書きまして(^◇^;)

クラブパックを書いてたら

メンテ情報を出す前に

メンテが明けちゃったという

本末転倒な結果に(苦笑)。

 

まぁ、公式HPや公式Twitterの

情報更新が遅くなったという

致命的欠陥があるからなんですが、

今季はこのやり方で来るとなると

「追いかけ更新」

のあり方も考え直さなければ

いけませんねぇ(T . T)

 

ま、それはおいおい考えるとして、

本日は、9/1〜開催の

POTWガチャについて

ばっちり見ていきたいと思います。

 

「エピック」

につきましては、次の記事

取り扱う予定でおります。

 

eFootball2023 遅まきながら…

Live Update&今週のフォメ

【eFootball 2023】遅まきながら…8/25週のライブアプデを踏まえたフォメ〜「2.0.0」になり、ビルドアップが上手くいきません〜

eFootball2023 追いかけるつもりが

明けちゃった…9/1メンテ速報

【eFootball 2023】エピックついに登場!POTWも来てます!9/1メンテ情報…をあげようと思ったら明けちゃった(^◇^;)

eFootball2023 Club Packミラン

「個性ある育成」をご提案します!

【eFootball 2023】有能選手多数!「個性ある育成」をご提案します(^ ^)昨季スクデット「Club Pack」ACミランご紹介

eFootball2023 Club Packインテル

フィジカル強化ブロゾヴィッチご提案

【eFootball 2023】有能選手ならこっちも負けない!「個性ある育成」をご提案!ミラノの青い方「Club Pack」インテルご紹介

 

Sep.1:POTWガチャ

概要

 

先週末各国リーグ戦で

結果を出した皆様方

能力アップで登場する

POTW。

先週賑々しく復活し、

悲喜こもごもの結果が出た

と思いますが、今週はどうか。

 

登場選手

 

ハットトリック

ハーランド(最新の試合も

ハットトリックしてました)や

綺麗なゴールを決めたペドリ

2G3Aと大暴れ

フィルミーノあたりは楽しみ

ではありますが、右側を見ると

「底上げしても

総合値90いかない」

選手たちが…。

 

頑張った方々を

「ハズレ」

呼ばわりするのは大変

心苦しいところではありますが、

さすがにガチスカに登用するのは

厳しい能力なので、どうか

ご遠慮いただきたいところ。

ちょっと格差がありますなぁ(^◇^;)

 

今週も「泣きの1回」あり

 

今週も

「泣きの1回」

無料分がございます。

ツアーのCOM戦報酬に

なりますので、必ず

ゲットして引きましょう。

 

今季はずっとこれで行くのかな?

無課金の方救済の観点からも

良いことではないでしょうか(^ ^)

 

選手個別紹介

エーリング・ハーランド

 

ドルトムントとはかなり

スタイルの違うマンCで

どのように適応できるか

と思っていましたが、

もはやそういう次元ではない

活躍を見せるハーランド。

ヘッド、ゴール前での反応、

パスを受けてのドリブルシュート

と、異なる形でハットトリック。

 

あとは、ケガせず五体満足で

シーズンを送るだけかも(^◇^;)

 

 

まぁこうなりますよね(^◇^;)

Oセンス、決定力、ヘディング

が大幅強化となり、

総合値は96まで上昇。

この活躍を考えると、早晩

能力改訂でスパサブは

消えてしまいそう

ですから、スパサブで使いたい

なら早めの確保が妥当かも(^◇^;)

 

瞬発力が低く、ドリブルや

パスの数値もアレなので、

案外使いにくいところもありますが、

スピードはロングカウンター

の時のみ使う感じで、あとは

ボックスストライカー的感覚

でゴール前で待たせて、

シュートを撃たせるのが吉。

 

 

2022の「Breakout」

との比較。育成は私のものです。

なぜサイドアタックに振ったか

よく覚えていませんが(笑)、

やはり決定力とヘディングで

上回り、今回の方が強い。

持ってる人でも、乗り換えで。

 

マルティン・ウーデゴーア

 

開幕から絶好調のアーセナルで

とびきり存在感を増している

「ノルウェーの神童」

考えてみれば今週は

ノルウェーでワンツーですか。

未来は明るいですな(^◇^;)

 

攻撃の中心選手として

アシストにゴールにと活躍。

R・マドリー定着はならずも

ソシエダ経由でこういった

成長のロールモデルがあります。

久保くんもこんな感じで

成長してくれると嬉しい(^ ^)

 

 

レフティのチャンスメイカー

として超優秀。

ドリブル周りと決定力

爆上がりしております。

ただまぁ、競合多数であり、

特に能力が酷似している

B・シウヴァあたりと

どう差別化を図るか。

 

個人的には、LWGができる

レフティということで、

ピンポイントクロスを活かした

クロサー的起用法もアリかと。

ちょうど、私が求めていた

人材ではあります(^ ^)

 

ペドリ

 

移籍市場で迷走中、

開幕節もドローで心配された

混迷のバルサでしたが、

きっちり仕上げてきました(^ ^)

中盤ではこのペドリ

ハイクオリティなプレゼンス。

バイタルエリアからスルスルっと

ペナ内に侵入し、デンベレ

パスを綺麗に流し込みました。

 

 

能力を見る限りでは

(当たったことがないので)

非常に扱いやすそうな

チャンスメイカーですねぇ。

特に攻撃面の能力バランス

高いところで取れていて、

スキルもドリブル、パスを

中心に充実。逆足精度最高で、

案外守備もできる(^◇^;)

 

弱点としてはやはりフィジカル

というところになるんですが、

ボディコンの高さでかわしつつ

アシスト役に徹するという

使い方ができれば問題ないかと。

 

ルイス・アルベルト

 

ラツィオ攻撃の中心選手。

基本的に運動量は少なめで、

抜群の戦術センスとキープ力で

敵をヒラリとかわしながら

抜群のキック精度でチャンスメイク

する「魔法使い系」(^◇^;)

ポジションは、STからCMFまで

幅広くこなせます。

今節はエリア外から豪快ミドル

を叩き込んで決勝ゴールです。

 

 

能力的には素晴らしい(^ ^)

スピードは遅いですが

技術水準が極めて高く

ドリブルとパスの能力が

軒並み90に乗っていて、

中盤選手としては異例の

決定力80超え(^◇^;)

 

で、この人で一番気になるのが

「ナンバー10」

のプレースタイル。

今作はチャンスメイカーの

動きが良く、プレーメイカーも

案外積極的に攻撃に絡むよう

動いてくるので、逆に

「動かない」

ことで差別化が図れるかどうか。

フリットのようにフィジカルが

あれば

「中盤の基準点」

としての使い方ができますが、

そういうタイプではないだけに…。

 

ロベルト・フィルミーノ

 

圧巻の2G3A(笑)。

ここ1、2年は不調と

決定力のなさが災いして

レギュラー剥奪の危機

続いておりましたが、

彼が好調の時は、ボールが

自然と彼の元に転がってきたり、

彼が動き、ボールを触ることで

攻撃がうまく回り、

チャンスが創出されます。

とっても不思議な選手です(^◇^;)

 

今作、一部の間で大変

評価されているプレースタイル

「リンクフォワード」

の第一人者。

CFとして異例の

「Gパス87」を誇り、

降りてきて受けてパスを回し、

開けたスペースに他の選手が

走り込むという形が理想。

ベンゼマより決定力が低い

ですがスピードがあり、

フィジカルも案外強いという

とても興味深い選手です。

 

リンクフォワードの使い手

である私としましては、

ぜひ欲しい(^◇^;)

 

ジェレミー・フリンポン

 

ガーナ系オランダ人RSB。

レヴァークーゼンの

3バック採用により

ウイングバックとして出場。

2ゴールを挙げる活躍を

見せました(^ ^)

ブンデスリーガを契約してない

ので映像を見てないですm(_ _)m

 

 

大幅強化が入り、

メインポジションが変更、

RWG適性も加わり(薄)、

スキルも追加されてます。

 

基本右サイド限定になり

「爆速の攻撃系」

SB・サイドハーフですが、

パスもシュートも

精度が低めなのが難点(T . T)

3バックのWBというのが

最適ポジションですかねぇ。

 

古橋亨悟

 

昨季から活躍を続け、今や

セルティックのアイドル

なりつつあるアタッカー。

ゴール感覚が大覚醒し、

今節ハットトリックを記録。

見事POTWで登場です(^ ^)

 

さらに上のリーグで見てみたい

選手ではあり、さらには

日本代表への還元もお願いしたい。

まぁ、監督が上手く使えるか

どうかという気はしますが…。

しかし、他に良い写真は

なかったのか(苦笑)。

 

 

昨季の活躍もあり、今季は

スタンダードの能力改訂で

LWG→CFに変更。能力も

大幅強化され、スキルも

モリモリに増えております(^ ^)

 

ハットトリックしたのに

決定力は上がらず。最前線より

ST的な使い方が面白そうですが

適性が薄いので、相方に

身長の高いターゲットマン系の

CFを据えた2トップが理想か。

 

ディオゴ・ダロト

 

ポルト育ち、若くして

マンUに引き抜かれたRSB。

今節は、フリーとなっていた

B・フェルナンデスを見逃さず、

綺麗なクロスで決勝点をアシスト。

相手の見事なバイシクルを

ライン前でクリアするなど

完封勝利にも貢献しております。

 

 

ガチスカレギュラーとなると

もう一歩ですかねぇ。

スピード、クロス精度

なかなかのものは持ってますし、

両サイドできるのも

魅力だとは思いますが。

 

守備が大幅強化されるも、

それでも守備力には不安。

そもそも、大幅強化されるほどの

クリアだったかどうかも疑問(^◇^;)

 

ヤコブ・ラスムッセン

 

フェイエノールトに移籍した

デンマーク出身レフティCB。

セリエAのエンポリなどに

いたことがあるんですねぇ。

名前だけは聞いたことが…。

今節は完封勝利と1ゴール。

 

 

すみません。ガチスカ

スタメンには入らないでしょう。

頑張った選手にこの仕打ちは

大変心苦しいんですが、

表を作っただけでも

良しとします(^◇^;)

 

ニコラ・コザ

 

こちらはフランス・モンペリエ

所属のCB兼LSB。

パリに大敗したチームが、

今節はブレストに7−0圧勝。

1ゴールと完封に貢献。

映像は、見てませんm(_ _)m

 

 

スタンダードはLSBですが

今回はCBに登録変更。ただし

プレースタイルはそのまま(^_^;)

ワンタッチシュートも

追加されております。

 

身長が低いので、個人的には

そのままLSBで使った方が無難

だと思います。守備力と

スピードは及第点ありますが、

ガチスカには厳しい。

 

パウロ・ヴィートル

 

今週もGKはポルトガルから。

シャヴェスのブラジル人GK

パウロ・ヴィートル

という選手。スポルティング

相手に9セーブ完封勝利。

評価点9.3でMOMです。

 

このGKについては全く

わかりませんが、連敗の

スポルティングの方は

大丈夫なのか(^◇^;)

 

 

苦しい、以上です(T . T)

スタンダードのMAX総合値が

間違ってますが、78が正しいです。

直さなくてすみませんm(_ _)m

 

私の結果

一気に行きます

 

 

 

 

目眩がしそうな結果(T . T)

 

とりあえず、ナンバー10の

使い勝手を調べること

くらいしか思い浮かびません。

 

「泣きの1回」でようやく…

 

ソッコーでCOM戦をこなし、

「泣きの1回」

に賭けます。

 

そこで、ようやく…

 

 

 

 

ハーランドを確保!

 

ただ、持ってるんですよねぇ(^◇^;)

そっちよりも強いんですが、

どうせだったら

フィルミーノが欲しかった。

 

あとがき

 

なんで長くなるかなぁ(^◇^;)

 

次回はエピックの予定です。

土日に出せるか…

できる限り頑張ります。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村