「ウイイレ2021」発売日確定情報詳細とWISの見解【ウイイレ2020 myClub】

発売前情報
WISTERIA
WISTERIA
週末は踏んだり蹴ったり。

 

WISTERIAでございます。

 

先週金曜日から

「踏んだり蹴ったり」

の状況が続いております。

土日の更新ができなくて

申し訳なかったんですがm(._.)m

状況を考えるとやむなし。

 

大きいものから小さなものまで

つらつらと箇条書きにしますと、

 

・妻が車で物損事故

・リビングのエアコンが壊れる

・それによる睡眠不足

・愛用のマスクの紐が切れる

・コンビニで小銭をぶちまける

(ペイペイが通信不良で使えず)

 

上二つがかなり堪えてまして、

保険会社との折衝、車の修理

精神的ケアアパート管理会社

(エアコンは賃貸住宅の備品)

への相談に酷暑への対処

土日はまぁ大変でした(T . T)

そこへ来ての些細な事象

重なるとまぁダメージになりますねぇ。

 

数少ない朗報と言えば、今回の件で

「車の買い替え」

に拍車がかかったことでしょうか。

安全装備バッチリの新車に…

という建前ができました(笑)。

まぁ、今のところは各種対応で

それどころではありませんが…。

 

さて、本記事では先日確定した

「ウイイレ2021発売日情報」

に関する私見を書きたいと思います。

WISのブログ、始めます。

 

「ウイイレ2021」発売日&詳細情報

発売日は9/15

 

マイクロソフトのソフト発売情報

やら、台湾の情報やら複数のソースから

「ウイイレ2021」の発売日が確定。

「9/15」

ということです!!

昨年が9/12ですから、いろいろあった

割にはまぁまぁ例年通りの

スケジュールと言ったところでしょうか。

 

ただし…

 

「シーズンアップデート」対応

 

詳細をご覧になるとわかる通り、

そして従前から噂があった通り、

「シーズンアップデート」

としての対応のようです。

 

要するに、ここ最近の

「パワプロ」「プロスピ」

のように、新ソフトを発売せずに

昨年のソフトのまんまデータだけ

「2021仕様」にするという寸法。

これを採用するようです。

 

すんごい古い話ですが、ファミコンの

「プロ野球ファミリースタジアム」

(ファミスタ)

が、2作目の「87年度版」を出す際に

「前作にあたる「初代ファミスタ」の

外側を変えずにカセットに

『87年度版』というシールを貼る

というパワープレイをしたことを

思い出します(笑)。

 

この時も中身はデータが改まっただけ

ゲーム黎明期の苦肉の策ですが、

今も昔もそれほど変わりませんなぁ(^◇^;)

 

価格は未定も有料での対応は確定か

 

「お手頃価格で」

という文言がありますので、

価格は未定ながら

「有料」

なのは確定のようです。

パワプロ等は無料なんですけどねぇ(^◇^;)

 

先日お話しした

「二重取り」

の件はそのまんまのご様子。

 

ゲームバランス等はそのままか

 

「面白さはそのままに」

という、私だったら小っ恥ずかしくて

書けないような(笑)文言があるため、

「事故ゲー」「ラグビーゲー」

とも揶揄されるゲームバランス等々

「面白さはそのまま」(笑)に

変更はないようです。

 

アップデートファイルが約100MB

(Xbox)ということも判明してますので、

多少の修正(メンテレベル)はあっても

大きく変わることはなさそう

 

ライセンスの出入りは…

 

先日のアナウンスでミラノ勢

(ミラン、インテル)

ライセンスが終了した他は

今のところ変わりなし

上記4クラブをはじめとする

ライセンスを中心に来季も回す

ということになるようです。

 

FP選手ライセンスなしでも

ある程度乱暴に出しますので

(回数は減るんでしょうが)、

良くも悪くも2020を踏襲する

いうことで差し支えないでしょう。

 

なぜ、この対応か(WISの感想・見解)

ある程度は致し方なし

 

PS5でリリース予定の

『ウイイレ2022』に注力するため」

コロナウィルスによる

開発等への影響のため」

 

この辺りが複数絡み合いまして

シーズンアップデートという

形を取る、というのが表向きの理由

らしいんですが、まぁある程度

この対応は致し方ないところでしょう。

新しいソフトを出すよりは

既存ソフトのデータ書き換えの方が

遥かに負担は軽いでしょうからねぇ。

 

お金を払ってIMが消える矛盾

 

ただまぁ、「金額次第」

というところもありますが、

お金を払って

シーズンデータを更新

することによって

2020お金をかけて

獲った選手消える

という「矛盾」というか「皮肉」というか

そんな現象が起きそうな雰囲気。

 

 

先日の「シーズン継続特典」

業界トップクラスのしょぼさで有名)

から類推すれば、レジェンド

IMシーズンを更新すると消える

(エージェントと交換)

ということがわかっているだけに

なんか釈然としないですねぇ。

 

例えば他のソシャゲ(ワサコレとか)

の場合は、能力インフレ

新たな要素の追加(スキルとか)で

「旧獲得カードの実質的無力化

はあっても

「旧獲得カードそのものが消える

ことはありませんからねぇ。

 

一部の「過激派」からは

「シーズンアプデをボイコットして

『2020』を無理やり継続する

(そうすればIMは消えない

なんていう声もあるとかないとか。

私は更新しますが…。

 

やはり「ガチャ課金」の軽減は必要だと…

 

結局、こういう考えの人が出るのも

IMガチャ等々に

金がかかり過ぎる

ことが根本原因かと。

選手獲得の課金ハードルが低ければ

獲得選手の諦めもつき

「まぁ来季も1から頑張るか

ということにもなりますが、何せ

IM選手をコンプするのに毎週毎週

何万も(運の良し悪しもありますが)

費やしたウイイレ戦士もいましたし…。

 

あとは、

IMシーズン継続しません

明確に示していなかったことも

「悪質」とまでは言いませんが

「意地悪」だった気はしますよねぇ。

こう言ったところも含めて

ガチャ課金トータルバランス

は考えて欲しいものです。

先日も言いましたが、IMガチャ

BOX方式にするとか、GPでも

引けるようにするとか…。

 

あとがき

 

というわけで、本日は臨時的に

「ウイイレ2021」

情報をお届けしました。

後ほど、本日更新の

「NSガチャ」

についての記事も書きたいと思います。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村