Jun.28:EURO2020スペイン・フランス雑感&今週前半の各種フォメ一挙公開〜Matchdayドイツ・現実と同じ弱点が…〜【ウイイレ2021 myClub】

EURO2020・2021
WISTERIA
WISTERIA
久しぶりに現実サッカーを詳しく。

 

WISTERIAでございます。

 

本日はフォメの話題を。

NSガチャを踏まえた今週のフォメ。

そして、EUROラウンド16の話題を。

久しぶりに「サッカーブログ」

らしいことを書きます(^◇^;)

 

6/28NSガチャ1イングランド編

Jun.28:NSガチャ結果1イングランド編〜伸びしろウインガーと守備の万能DMF〜【ウイイレ2021 myClub】

6/28NSガチャ2ドイツ編

Jun.28:NSガチャ結果2ドイツ編〜守備陣が充実!希少CB&爆速CB&パワフルアンカー〜【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

EURO2020雑感

6/28分の雑感です

 

EURO2020ベスト8決定!

今朝の試合の話は伏せるとして、

昨日の2試合はまさに

ジェットコースターに乗っているような

目まぐるしい展開となりました(^◇^;)

 

フォメの話の枕として書こうと

しましたが、長くなっちゃったので

しっかり項目別に分けました(笑)。

 

クロアチア 3 ー 5 スペイン(延長)

 

クロアチア vs スペイン

信じられないオウンゴールに始まり、

アスピリクエタまさかのヘディングで

逆転。「ダブル」トーレスしたたかな

追加点で決まったかと思いきや、

終盤バタバタしてクロアチアに追いつかれ

(2点とも見事なゴールでしたが)、

延長では母親がクロアチア人

ダニ・オルモが2アシスト、

家族への脅迫まで受けていたモラタ

意地の決勝弾を決め勝ち切りました。

 

「自作自演」木村浩嗣氏

EURO第16日。自作自演で強くなるスペイン。オウンゴール、大逆転、終了前2失点、延長後大勝(木村浩嗣) – Yahoo!ニュース

という評もありますが、

個人的には「ファンにとっては」

「勝てば官軍」

はある程度正しいかと。

 

もしこの試合に負けていれば

「戦犯」

とされたであろうウナイ・シモンモラタ

代表での地位すら失いかねませんでした。

個人的にはモラタはこの大会、

ポストプレイやチェイシングなど

多大な貢献をしていると思うんですが、

やはりCFはゴールを決め、試合に

勝たせてナンボということでしょう(T . T)

 

もちろん木村氏の言う通り、

当事者にとっては

「勝ったからヨシ!」ではなく、

バタバタしてしまったところを

分析し、修正して次に活かしてこそ

チーム強化に繋がりますが。

 

クロアチアはよく追いつきましたが、

そこが限界でした。35歳のモドリッチ

には全力での延長戦フル出場は厳しかった(T . T)

WGが本職のブレカロをSB投入して

90分内に無理して追いついたこともあり、

延長前半最初のチャンスをモノに

できなかったところで力尽きた格好。

しかし相変わらずこの国のサッカーは

心を打たれるものがありました(^ ^)

 

フランス 3 ー 3 スイス(延長PK4−5)

 

一方、

フランス vs スイスは…。

画像

キャプテンのこの方の言葉が

全てでしょう(T . T)

3−1でリード。そこからの

試合の終わらせ方がまずかった。

スイスの頑張りは褒めるべきですが、

ここではフランス代表の話に絞ります

 

惜しむらくは、フランスの面々が

直前に行われたスペイン戦の経過を

知っていたならば、こんなことは

起こらなかったかもしれません。

ゴラッソで3点目を取って行った

ポグバのゴールパフォーマンス

今となっては滑稽と言うか、

フラグになってしまいましたねぇ(^◇^;)

ウイイレでもゴールパフォは慎重に(笑)。

 

攻撃面に関しては当初「司令塔不在」

ムバッペのスピードに過度に依存する

(ゆえに単調になる)スタイルを

個人的に心配していましたが、ここは

大会が進むにつれて徐々に解消された

印象です。代表で長期ブランクのあった

ベンゼマが馴染んできて流動性が増し、

グリーズマン有機的に絡む場面が

増えました

ただし、肝心のムバッペが今大会

ノーゴールに終わってしまい、今後は

前線の組み合わせをどうオーガナイズ

させるか、が課題となりそうです。

 

そして、フランスの強さの源泉は

やはり守備力。この大会はそれに

綻びが生じゲームをコントロール

できずに勝ち試合をクローズできなかった

ところが命取りとなりました(T . T)

個人的見解では、やはり主将は

CBかボランチに置きたいところ。

「精神的支柱」

としてチームを鼓舞し、慢心を

引き締めるにはGKでは距離的に遠すぎる。

 

逆に言うと

ポグバ世代

以降のフランス代表に、そういった

人材がいないということが如実に

結果に表れてしまったと思います。

誰もポグバを諌める人がいなかった、

これがフランス代表の近未来を

暗示するところかもしれませんねぇ。

 

ジダン招聘が囁かれるレ・ブルー。

カリスマの立て直しに期待です(^◇^;)

 

今週のフォメ

U-2999

 

U-2999はこんな感じ。

クリア後に何人かレベルアップし

チーム力が3000を超えてしまったのは

ご容赦くださいm(_ _)m

 

スカッドボーナス3名は

トリッピアー、エムレ・ジャン

そしてヴェルナーとなりました。

他は総合値が高いのとGKでしたので

ほぼこの選択肢しかありません(笑)。

 

それでも、ノーマルだったRSBに

トリッピアーを使った関係で、

他でチーム力を削らざるを得ず、

ルンメニゲはお休み、OMFCMFも

デ・パウル、オズドエフという

「レベル1コンビ」

を使うこととなりました。

大黒柱ジューバはどうにか起用でき、

これでどうにか勝利しました。

ゴール動画は編集が

間に合いませんでしたm(_ _)m

 

Matchdayドイツ

 

Matchdayはドイツを選択。

これがまた割と現実を反映している

人選となりました(^◇^;)

ウイイレの仕様上(ブンデスリーガ

非搭載)、搭載3チーム国外組、

そしてIMで構成することになるんですが

LSBとCFが人材難となることに(笑)。

 

LSBの不在は現実では3バックにして

LMFゴセンスを使っておりますが、

Matchdayではバイエルンのカナダ代表

A・デイヴィスを補強。

そしてCFは…

 

 

主要なCFが軒並み対岸(HOME側)

にいて絶不調が並んでしまうため(T . T)

C・ロナウドさんを補強することに。

当然ユニ補正がありませんので、

POTWのロナウドを久しぶりに

引っ張り出してきました(^ ^)

 

GKは我が軍で再三やっちまっている

ノイアーを外してテア・シュテーゲンに。

ジューレギンターを外してしまった

CBはリュディガーの相棒に

身長の不利を承知ベッケンを起用。

アンカーに今般獲得のE・ジャン、

マテウスゴレツカとバランスを取り

プレーメイカー発動のCMFに置きました。

 

攻撃陣は飛び出しのハフェルツ

ラインブレイカーのルンメニゲ

無印のロナウドとバランス良い配置に。

サブにはスパサブ付きのミュラー、

サネ、ヴェルナー(後付け)がおり、

後方のバックアップとして

マルキーニョスを助っ人に入れます。

ここはマルディーニと悩みました(^◇^;)

 

O-4000

 

O-4000フォメはベースを

ユヴェントスとしました。

ドイツ勢をMatchdayに使ったので

こちらは残りのメンバーから。

 

前線のトライアングルはIM3名

BtoBのネドヴェドは一列下に置き

OMF(ST)に飛び出しの選手

使ってもいいんですが、若干

守備力に不安があるのでOMF(ST)に。

CMFには戦術の肝であるベッカム

攻守万能のベンタンクール。

アンカーはCBと共用可能のロドリです。

 

DFラインは盤石のメンツ。

最近はRSBを守備的に、LSBを

攻撃的にするのが主流に。しかし

よく見たらA・デイヴィスがMatchdayと

被っていますねぇ(^◇^;)

アラバにします。

CBに関してはヴァランクリバリ

鉄板なんですが、クリバリ

スタミナ不足がかなり気になるので

ヒメネスの起用も考えております。

彼は彼でスピードが84でして…(^◇^;)

 

控えはスカッドボーナス3名

飛び出しスパサブのアラスカエタ

後付けスパサブCMFのサウール

カマヴィンガ(アンカー対応可能)、

万能のマルディーニという並びに。

まだまだ改良できるメンツですねぇ(^◇^;)

 

あとがき

 

と言うわけで明日はメンテ日

ゴール動画でも見ながら

メンテ明けを待ちましょうか。

あとはEUROラウンド16の

雑感なんかも引き続き。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村にほんブログ村