戦力分析「アーセナル」3【ウイイレ2020体験版】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
この夏の暑さをものがたる…

 

WISTERIAでございます。

 

私の普段の移動手段は

自転車なんですが…

 

サドルこんな姿に(T . T)

私は鋭利なもので切りつけた

イタズラだと思い、この辺も

物騒になったなぁと嘆いていたんですが、

が…

妻

これは、暑さで溶けたんだよ。

と冷静に対処。

確かに見ようによっては

「ケーキを焼く時に

 熱し過ぎて割れちゃった

ようなものに見えなくもない…。

中にシリコンが入っている

サドルですので、溶ければ

こういうことになりますが、

物騒になったわけではないことに

ホッとする一方、

「桁外れの暑さ」

は何とかならんかと思いますな。

 

夏バテ気味のWISのブログ、

始めます。

 

移籍市場動向

in

GKエミリアーノ・マルティネスレディング(復帰)
DFダヴィド・ルイスチェルシー
キーラン・ティアニーセルティック
カルム・チェンバースフルアム
MFガブリエウ・マルティネッリイトゥアーノ(ブラジル)
ダニ・セバージョスR・マドリー
リース・ネルソンホッフェンハイム(復帰)
エミール・スミス=ロウライプツィヒ(復帰)
FWニコラ・ぺぺリール

out

GKペトル・ツェフ引退
DFステファン・リヒトシュタイナーアウクスブルク
ローラン・コシェルニーボルドー
カール・ジェンキンソンノッティンガム・フォレスト
MFアーロン・ラムジーユヴェントス
アレックス・イウォビエバートン
デニス・スアレスバルセロナ→セルタ
FWダニー・ウェルベックワトフォード
エドワード・エンケティアリーズ

 

移籍市場雑感



移籍市場を踏まえた

ベストメンバーがこちら。

前と後ろ、右と左で

戦力の不足とダブつき

不均衡が目立つ印象です。

 

CBはダヴィド・ルイス獲得が

驚きでしたが、存在感はともかく、

データ的には能力は

ムスタフィと変わらないという

話もありますので、上積みに

なったのかどうかは疑問。

 

LSBが3人(ティアニーはケガで

10月復帰予定)、RSBは唯一と

言っていい本職のベジェリン

長期離脱中(復帰は11月か)で

守備力に大いに不安のある

メイトランド=ナイルズ

前半戦をしのぐということに(T . T)

 

中盤はスケールアップ

ダニ・セバージョスは第2節で

MVP級の活躍をして、このまま定着

すれば非常に心強い。

さらに成長したゲンドゥージ

序盤先発している若手のネルソン

ウィロックも戦力になりそうで

イウォビ放出(ちょっと驚き)も

影響は少ないか。

 

前線は大きく右に偏りが。

ムヒタリアン、ネルソン、

新加入のニコラ・ぺぺ

右は充実の一途、一方左は

オーバメヤンの他には見当たらず、

右が本職の選手を左に回すとか

2トップにしてサイドはSBに

任せるとか、方法は色々あるかも

しれませんが心配です。

 

今後の展望・噂

 

プレミアリーグは移籍市場が

閉じているので新たな補強は無し。

放出の話としては、最新情報として

エメリ監督がムスタフィ

エルネニー戦力外通告

した模様。

チェンバースとかホールディング

など、もしかしたらLSBの

モンレアルあたりもCBとして

計算しているかもしれませんが、

問題は「質」かも…。

 

で、すっかり浮いた存在になって

しまったエジルですが、この冬にも

アメリカMLS行きが噂されます。

ウイイレで見られるのも

今季が最後かもしれません(T . T)

 

動画:スペースを突く攻撃

「青写真」を描く

アーセナルを使った動画を一つ。

 

DFから縦パスが入った時に、

敵味方の位置、動きの予想を

俯瞰して見て、この後の

「青写真」

を描きます。ここからは

青丸「スペース」を

常に突きながらの攻撃を意図。

赤矢印のようにボールを繋ぎ、

黄矢印の味方の動きを使いつつ

ゴールに向かいます。

 

徐々に「修正」を施す

で、CFが私のイメージと異なり

ボールを受ける動きで下がったので

若干の

「軌道修正」

を図ります。

せっかく受けに降りてきたので

それを使いながらワンツーで

突破する作戦に変更。

 

新トラップとフィネスドリブルの「考え方」

ここからは青矢印がボールの動き

(統一感がなくてすみません)。

 

この辺はダイレクトパスではなく

トラップを挟んでのパス出しですが、

今作では

「トラップの向き

が非常に重要。

このトラップを、

スペースのある方向に置く」

次にパスを出したい方向を向く」

ことを考えて操作するイメージ

(伝わるかなぁ…)で行います。

 

このイメージは

「フィネスドリブル」

にも共通して使えるんですが、

常にスペース(=敵の足の

届かない位置)にボールを置く

その連続動作で空いているところ

空いているところを進んでいくと

自然に相手をかわせる

かわせないまでも、パスやクロスを

出す一瞬、相手を外すことができる…。

 

私はそんな感覚で

「フィネスドリブル」

「新しいトラップ」

を考えて操作しております。

 

パスを出したCFが上がって

来なかったので(笑)、

ドリブルに変更。これも

先ほどの考えの通りに

スペースを突く動きで

縦でなく横にドリブル

 

最終的にはLSBコラシナツ

ゴール前まで上がり、これも

中に切れ込みつつ左足アウトで

流し込んでゴール。

 

最終的には当初描いた

「青写真」

とはだいぶ違います

(敵味方の動きがまだまだ

読み切れていない証拠)、

「スペースを突く」

ということを最優先に

場面場面で修正を施し

ゴールまでたどり着きました。

 

あとがき

 

アーセナル終了!

残りはバルセロナですな。

 

で、すみませんが

明日1日お休みいただきますm(._.)m

月曜日にバルセロナ、火曜日に

もしかしたら仮想・FP予想

2回目をやるかもしれません。

予定は未定。気まぐれですみません。

それでは、また、来週。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村