【eFootball 2023】育成で化ける!「主役」はまさかの選手に。9/15エピック・ミランの選手紹介・起用法・育成提案までビシッと解説!

レジェンダリー
WISTERIA
WISTERIA
ちょっとイレギュラーに。

 

WISTERIAでございます。

 

本日は土曜日ですが

ブログが執筆できております(^ ^)

 

3連休ということもあり、

エピックをやっつけておかないと

日程が立て込んでしまうため、

ビシッとやりたいと思います。

多分、月曜(祝日)は

お休みすることになるかとm(__)m

 

 

9/15〜開催、

エピックミラン

起用法、育成法ご提案、

獲得参戦の判断基準まで

ビタっとやります。

 

eFootball2023 9/15 メンテ速報

エピックはミラン、POTWは…

【メンテ明け更新終了】【eFootball 2023】エピックはミラン!POTWにとんでもないやつが…9/15メンテ中新情報追いかけ更新

eFootball2023 9/15 POTW

スパサブレヴィガチャ!解説

【eFootball 2023】超スパサブガチャ!中でもレヴィは獲りたい!有能&万能攻撃選手も多数登場の 9/15 POTWガチャ徹底解剖!

 

9/15 エピックガチャ・ミラン

概要

 

てっきり先週来るかと

思ってましたが、マンUを

挟んで9/15の登場。

2023から新ライセンス搭載

となりましたミランであります。

言わずと知れたイタリアの名門。

レジェンド選手も数多おり、

今後も楽しみですねぇ。

 

今回は

ロナウジーニョ

セードルフ

カフー

というメンバー。

 

ガチャ登場選手

 

スタンダード選手は

セリエA選手たちですね。

 

エピックで初期総合値が

低いとは言え、やはり

このくらいでないと…。

マンUの時はあわや1枚目から

外れそうなくらい

でしたから(苦笑)。

 

個別選手紹介:ロナウジーニョ

選手紹介

 

ロナウジーニョに関しては

eFootball2022

【eFootball 2022】魅惑のドリブラー登場!「Enchanting Dribblers」レジェンダリー紹介〜ウイイレ時代とはちょっと違う?〜

 

で説明済みですので簡単に。

 

ミランには、バルセロナの

「全盛期」

終了後、28歳で移籍。

年齢的には脂の乗り切った

時期ですが、バルサ最終年を

負傷で終えたこともあり

「下り坂」

を心配する声が多かったイメージ。

 

結果、2年半を過ごしましたが

相変わらずのテクニック

見せたもののスピードが衰え、

相次ぐケガにも見舞われ

やはりバルサ時代ほどの活躍は

できませんでした。インテル

全盛期のタイミングでもあり、

タイトルとは無縁のまま

ブラジルへ帰ることとなりました。

 

選手能力

 

マンUのを見てからだと

より一層感じますが、

伸びしろの多いエピックで

初期総合値が85あるのは立派(^ ^)

技術面だけで言ったら

このままでも全然戦えます。

 

特にドリブル数値はさすが。

ダブルタッチはありませんが

スキルが10個では足りない

(ラボーナとかも欲しかった)

技術の持ち主ですので、

アジリティ含めて

ドリブルするのが楽しい選手

でもあります。

意外とフィジカルもある(^◇^;)

 

育成方針

 

スピードを補填しつつ

攻撃力全体を高めて、

アシスト寄りの選手にする

というのが理想でしょうか。

コンカを持っているので

ゴールも狙えるとは思いますが、

決定力は80に留めました。

 

ドリブルも90あれば充分、

パスも80後半スピードを

80に乗せて及第点としました。

弱点として、スタミナは

確実に足りないので

交代or途中投入という形は

取る必要があるでしょう。

 

 

5月登場のレジェンダリー

との比較。私の育成は

スピード特化にしたので

こんな形になっております。

やはりスピード面では

バルサ版の方に分があります。

 

で、あとはコン波が

「小さい」→「普通」

になっている(B固定なので

そこまで影響しませんが)のと

ケガ耐性が下がっている

ところは気になるかも。

 

「能力的には多少上回る

ものの、バルサ版レジェンダリー

を持っていれば良い

というくらいの結論には

なるかもしれません。

 

クラレンス・セードルフ

選手紹介

 

アヤックス出身の

万能ゲームメイカー。

弱点はスピードだけ。

アフリカ系選手のフィジカル

数か国語を操る頭脳を持ち、

激しい守備でボールを奪い

パス、ドリブル、そしてシュートまで

全てを高精度でこなせる

総合力の高いCMFと言えます(^ ^)

 

クライファート(親父)、

エドガー・ダーヴィッツ、

ヤリ・リトマネンなどと一緒に

「ヤング・アヤックス」

の中心選手の一人として95年の

CLを制覇。この時まだ19歳(^◇^;)

そこからはレアル、インテル、

ミランと名門を渡り歩きます。

ただ、アヤックス以降は

彼の能力に値する活躍の場が

与えられたわけではなく、

真の実力を発揮できたのは

ミラン移籍後に。

 

アンチェロッティ監督のもと、

ピルロ、ガットゥーゾらと

レジスタを擁する

4−3−1−2

の新基軸を形成。これには

レジスタ・ピルロを補う

守備力と運動量、そして

バランサーとしての知性

併せ持つ彼の貢献は極めて大きかった。

セリエA、CLを制覇するなど

一時代を築きました。

 

私個人のイメージとしても

「非常に頭の良い選手」

だと思っており、それは単に

語学が堪能なだけでなく、

状況判断の精度が極めて高い、

ポジショニングが常に正しいなど

「フットボールIQ」

の面でも窺い知ることができます。

それだけに、ミランの監督を

中途半端に就任・退任(解任)

してしまったことが残念。

 

選手能力

 

ロナウジーニョに比べると

やや物足りない(^◇^;)

 

スピード面は仕方ないものの、

ボールキープの値が

異常に低い

のは何かあったのか。

鈍足選手におけるキープ力

かなり大事なんですが…(T . T)

育成でカバーできるのか、

やってみます。

 

育成方針

 

まずは通常通りと言うか、

ボールキープを意識せずに

全体的な能力を高める育成。

頑張ってスピードを上げて

75までは持ってきました。

同時にキック力とスタミナ

上がるので、これはこれで

アリな気がします。

 

守備スキルが良いので、

もっと守備を上げても良い

とは思いますが、まぁ

セードルフに何を求めるか

ということで育成方針は

かなり幅広く分かれるのでは

ないかと。この場合は

「守備からパスまで」

を考えた育成ということに。

 

 

で、ボールキープを

どうにかしたいと思って

上げた結果がこれです。

75までは上げましたが、

このポジションでこの数値は

これでも最低ラインというところ。

エピックのマテウス

私の育成で77となってまして、

他の選手は軒並み80超え(^◇^;)

 

無理して上げたので、

他の項目が下がってます。

スピードも72、スタミナは

90を割り、守備力やパスも

これくらいの数値に。これだと

「積極的にセードルフ

起用する意味

が果たしてあるのかどうか。

個人的にはかなり微妙かと(^◇^;)

 

カフー

選手紹介

 

カフーも前回ご紹介

eFootball2022

【eFootball 2022】守備のマルチをお探しの方に!「Strong Defenders」レジェンダリー選手紹介&引くか、やめるかの判断基準!

 

しているので簡単に。

 

ミラン移籍は33歳の時。

右サイドを激しく上下動する

「特急列車」の異名を持ち、

キャプテンとして日韓WCを制覇し、

ローマでのキャリアを終えたところ。

 

横浜に来るとか来ないとか

騒いでいたのをミランが

違約金まで払って「強奪」

未だ超一流の評価は受けるも、

さすがに年齢的に厳しいだろう

と誰もが思っていたんですが、

そこから引退するまで

5年にわたり活躍しました(^_^;)

 

選手能力

 

相変わらず攻守

バランスの取れたRSB。

スタミナの数値が一番高く、

そこまで突出した能力とも

言えないんですが、驚くべきは

「MAXレベルが39」

という伸びしろ(^◇^;)

 

育成方針

 

能力を割り振っていくうちに

「あれ、凄くね?」

と徐々に思い始めて、

あれよあれよという間に

総合値が95になりました(^◇^;)

 

決定力以外の数値を

とりあえず平均的に上げつつ、

サイドを駆け上がるスピード

スタミナをトップ強化。

ピンクロを活かすべく

パス数値にも気を配りました。

攻守万能、かなり使える

RSBになってしまった(笑)。

 

攻撃面ではワンタッチパス、

守備面ではインターセプトが

付いていればベストでしたが…。

 

 

セレソンレジェンダリー

との比較。

これはエピックの圧勝(^ ^)

カフー単体の比較で考えれば

確実に乗り換えが吉となります。

 

A=アーノルドとの比較

 

さすがにアーノルドと比較

すると、攻撃性能では

かなり劣ります。

 

とは言え、スピードと

ドリブル性能は互角。

パス性能が段違いですが、

「そもそも97まで必要か

ということを考えてしまうと

議論は分かれるところかと。

ワンタッチパスがあるところは

アーノルドが有利。

 

守備力とフィジカル

カフーが勝利。そして

アーノルド

「無印RSB」

になってしまうことを考えると

「正統派・攻撃的SB」

であるカフーの価値は

意外にあるのではないかと

考えます。

 

獲得・参戦の判断基準

セードルフ:正直微妙…

 

セードルフに関しては

能力的には正直微妙。

せっかく新規で出たのに

残念ではあるんですが…。

 

それでも

「完全新規を使ってみたい!」

と考える方に関しては

参戦を止めるものではありません。

カスタマイズをして

使えるところまで持っていく

自身のある方はぜひ(^◇^;)

 

ロナウジーニョ:バルサ版があれば…

 

ロナウジーニョについては、

月並みではありますが

「バルサ版レジェンダリー」

を持っていれば、無理して

乗り換える必要はないかと。

 

確実に強くはなりますが、

誤差程度といえばその通りで、

波の大きさやケガ耐性が

ダウンしていることを考慮すれば

バルサ版で充分。

お持ちでない方や、それでも

現時点最強のロニー

を使いたい方は、獲得しましょう。

 

カフー:実は今回の「目玉」では…

 

カフーに関しては、

今回最大のサプライズ

と言っていい能力・伸びしろ。

「攻撃的RSB」の

カテゴライズでは

今の時点で最強かもしれません。

 

もちろん、

「SBは守備的に」

という人には合いませんし、

攻撃重視のRSBを置く人も、

アーノルドくらいの

攻撃性能が欲しい」

キミッヒ・カンセロで充分」

という考えが出てくると思います。

 

なので、

「攻撃的RSBを置く人」

の中で、先述の選手では

「やっぱり守備が不安

インナーラップや無印は

扱いづらい

と考えている方は、カフー獲得に

参戦していい人じゃないかと。

私は、アリだと思います。

 

あとがき

 

というわけで、連休により

月曜開催(予定)のCSガチャは

火曜日のご紹介になるかと

思います。ご了承ください。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村