May.18:祝復活!CSガチャ結果2アーセナル編「大本命を…」【ウイイレ2020 myClub】

ウイイレ2020
WISTERIA
WISTERIA
「最新作が一番面白い」ことの幸せ。

 

WISTERIAでございます。

 

StayHome期間中のお楽しみだった

「ドラクエ11s」

全クリアしました(^ ^)

 

 

「11」発売日にPS4版を買い、

全クリしてから約2年半、今度は

完全版を見てみたい」

とどハマりした妻からの要望

Switch版を買って無事クリア。

PS4を2周したので、都合今回で

3周目となりました。

 

3周しても

「ここはこうだったんだ

とか、

ボイスが入ると違うねぇ」

とか、新たな発見がありまして

追加シナリオや裏ボスの後ろに

さらなる裏ボスの追加もあり)、

改めて「11」の名作ぶりを実感。

 

中川翔子さんが

「これだけタイトル回数を重ねてきて、

なお『最新作が一番面白い』と言わしめる

開発者の皆さんは凄い

てなことを言ってましたが、

まさにその通りだと思います(^^)

 

次回作への期待は膨らむわけです。

「次回作をプレイするまで

死ぬわけにはいかない」

私の「生きるモチベーションの一つ」

ドラクエは組み込まれております(^◇^;)

 

さて、今回は祝復活CSガチャ

アーセナル編です。

WISのブログ、始めます。

 

May.18:CSガチャアーセナル編

ラインナップ

 

previous arrow
next arrow
Slider

 

 

アーセナル

(3ヶ月ぶり5回目)

 

昨日ご紹介のトッテナムは

ノースロンドンのライバル

近年の形勢逆転で悔しい思いをしている

名門中の名門チームでございます。

 

ベンゲル長期政権の末期から

迷走を繰り返している印象があり

リーグ制覇は無敵の

「インビンシブルズ」

と呼ばれた03/04シーズンが最後

エミレーツ・スタジアム新設による

緊縮財政(スタジアム建設と

チーム浮沈の関係は昨日

お話しした通り)などもあって

ここ10年はFAカップ制覇に留まり、

直近3年はELが主戦場となっております。

 

今季もエメリ体制の終焉(末期は

選手からも信頼をなくしていました)、

若きアルテタ監督の就任と政権が交代、

選手たちからの評判は上々のようですが

順位の急浮上にまでは至らず。

監督自身がコロナウイルスに感染するなど

(感染源はELで対戦したギリシャ・

オリンピアコスのオーナーらしい)

色々ありまして現在に至ります。

 

個人的には、近年の不振は

攻守ともに安定感が欠如している

ものに基づいていると考えてまして、

「綺麗なサッカー」への幻影が消えない

中心選手の好不調の波が激しい

「精神的支柱」の不在

「悪いながらも勝つ」ことができない

ざっくりこんな感じにまとまると思います。

 

獲得希望選手

 

【持ってる】

ニコラ・ペペ CS×2

(バージョンアップ前後の2選手を

所持しているので今回は…)

 

エジル CS

(今回の方がMAX総合値が高いですが

コン安3は…。eFootball Leagueも

今週が最終節ですので…)

 

【超欲しい】

オーバメヤン

(大本命。これまで6回登場も

全て外しており、この人が引ければ

他はどうでもいい。能力的にも

ドリブルが強化されPOTWに匹敵)

 

【持ってるけど欲しい】

ゲンドゥージ CS

(一番最初の金球を所持。

レベル上げはしんどいが、それを

するだけの能力のあるアンカー)

 

【う〜ん】

レーノ

(悪い能力でないGKですが、

身長が190ないのと、既に

デヘアドンナルンマなど

超一流GKが揃ってますので…)

 

ジャカ

(ロングパス大好きおじさんとしては

この能力には魅力を感じますが

主力として使うにはあまりにリスキー。

アンカーですが守備は計算できず)

 

D・ルイス

(「劇場型CB」の典型。攻撃力が

高いのは認めますが、そもそもCBは

守備をきちんとしてこそであって

そこが信用できない選手は…)

 

ムスタフィ

(FPのCBとしては並以下と

言わざるを得ない能力ですかねぇ。

コン安も3で魅力は…)

 

1人目

 

今回も来た(^◇^;)

メスト・エジル。

 

 

通算3人目の獲得(笑)。

良くも悪くも、近年のアーセナルを

象徴する10番

持っている能力はワールドクラス

仕掛け、崩し、フィニッシュと

攻撃性能は折り紙付きで、特に

ボールスキル、キックの能力

惚れ惚れするものをお持ちです(^^)

ただ、みなさまご存知の通り

好不調の波が激しく、好調時は

一人で試合を決めてしまう輝きを

見せるんですが、一旦不調になると

試合から完全に消え、しかもそれが

数試合、長期にわたって続いてしまう

という悪癖の持ち主。

 

近年は「トルコ系ドイツ人」という

難しい立場が悪影響を及ぼし、

ドイツと政治的に対立するトルコ・

エルドアン大統領と写真を撮ったのが

問題視されるとドイツ代表を引退。

試合に勝つとドイツ人に、

負けると僕は『移民』になる

この言葉が難しさを物語ります。

 

先述の通りコン安が3なので、

調子が確定しているMatchday

活躍してもらう他はないんですが…。

スタミナも少ないですし、守備も

ほとんど期待できません。60分が

限界といったところか。

総合値はMAX95(私の所持するのより

+2)と上昇はしております。

 

2人目

 

大本命ついに降臨!!

ピエール=エメリク・

オーバメヤン!!

 

 

当代における

「韋駄天ストライカー」

の代名詞。

「ウインガー→CF→ウインガー」

キャリアを経るごとに主戦ポジションを

変えながら、それぞれの長所を

自分に取り込んで成長。現在は

「得点力の非常に高いLWG」

の地位を確立し得点王も獲得

決定力については未だに賛否が

ありますが、個人的には

「だいぶ改善されて信頼し得る」

ところまでは来ていると思います。

 

そんなオバメも契約は残り1年、

ここへ来てアーセナル退団説

急浮上しております。

アーセナルとしては、

「移籍金が発生する」

今夏の放出を容認したとか。あとは

移籍金次第となりますが、手を挙げる

クラブ名が凄い。マンU、パリSG、

インテルにバルサにR・マドリーと

メガクラブがずらり。インテルの

ラウタロ・マルティネスの動向次第

という見方もありますが、果たして…。

 

ウイイレ的には、

オバメがいればF・トーレスは…」

と、IMとも肩を並べるほどの選手。

今回(7回目)のオバメドリブルが

高く瞬発力もカンスト。決定力の高い

POTWとも互角に渡り合える能力です。

正直、決定力が96か97かの違いよりも

ドリブルが80台か90台かの方が

違いは大きいと思いますし、その他の

能力も軒並み1ずつ上がっています。

さらにはスキルも1つ空いているので

スキトレでカスタマイズさせる

余力があるということで

今回のCSの方が魅力的かも。

 

3人目

 

はい、わかりました

オバメ獲れたからこその寛容さ)。

シュコドラン・ムスタフィ

 

 

シーズン開幕時の戦力外の扱いから

アルテタ監督就任でチャンスを掴み

レギュラー格に舞い戻った

ドイツ代表CB。

身長の割に体が強く、空中戦も強い。

パス能力も持ち合わせる選手ですが、

いかんせん安定感が欠如しており

 

ミスが多くて信頼感に著しく欠ける…

という選手評でした。ミスの種類は

多岐にわたり、個人的には

「判断力」に問題があると思ってました。

 

が、どういう「魔法」をかけたのか

わかりませんが、アルテタ就任で

スタメン出場すると実に堂々として

(元々ミスを気にしないふてぶてしさ

ありましたが)、躊躇していた

パス回しが突如として復活

CBの位置から縦パスをビシバシと

前線に通すように(笑)。

まぁアルテタつなぐサッカー

性に合っていたんでしょう。

割りを食ったのはソクラティス

(パス能力はムスタフィより下)で、

「このままなら退団する」

くらいのところまで

追い込まれてしまいました。

ただ、ムスタフィにしても

ミスが減ったわけではないんですが…(^◇^;)

 

ウイイレ的には、コン安3(^◇^;)

アーセナルスカッドで組むにしても

能力的にちょっと厳しいですかねぇ。

 

アーセナル総評

 

オバメ満足!

トッテナムのベルフワイン、

アーセナルのオバメ

興味深い新戦力をゲット(^ ^)

 

あとがき

 

復活のCSガチャで

見事な補強ができました(^ ^)

あとはフォメというところですが…。

若干袋小路に入り込んでおります(T . T)

 

明日はその辺のところを

書きましょうか、それとも

ゴール動画にしましょうか…。

PCの様子を見ながら考えたいと

思います(^◇^;)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村