Feb.3・CSガチャ結果インテル&セルティック編〜義理も何も…〜【ウイイレ2020myClub】

ウイイレ2020
WISTERIA
WISTERIA
4チームは大変です。

 

WISTERIAでございます。

 

今週のCSはガチャが4つ

ありますので、余分な話をしていると

超長文になることが予想されます。

従いまして、今日明日は前置きなし

ガチャ結果をお届けします。

 

テンションの上がらない

WISのブログ、始めます。

 

CSガチャ結果セルティック編

ラインナップ

previous arrow
next arrow
Slider

 

セルティック

(初)

 

スコットランド2強の一角

スコットランドリーグ8連覇中で、

近年の実績ではライバルの

レンジャーズを大きく上回ります。

中村俊輔が所属したことは

あまりにも有名。現在に至るまで

彼はセルティックのレジェンドとして

ファンの胸に刻まれております。

 

ここ最近も、アーセナル移籍のLSB

キーラン・ティアニーなど

好選手をコンスタントに輩出する

クラブでもあります。

 

獲得希望選手

 

【知ってる】

ジェイムズ・フォレスト

(セルティック一筋の快速ウイング)

 

スコット・ブラウン

中村俊輔所属当時から在籍の

闘将。年齢的に厳しいか)

 

フレイザー・フォースター

(サウサンプトンの正守護神

だったこともある巨漢GK。

セルティックへは出戻り)

 

以上(笑)。

これは…厳しいですなぁ(^◇^;)

当たった選手の能力等は省略して

テンポよく行きます。

 

1人目

 

唯一の黒球がいきなり!

無駄な運を使ったかf^_^;

ジェイムズ・フォレスト。

 

2人目

 

凄いお名前(^◇^;)

ボリ・ボリンゴリ・ムボンボ

キーラン・ティアニーの後釜

LSBですが、まだまだ荒削り

(年齢はティアニーより上)で

守備が疎かになる選手のようです。

 

3人目

 

お久しぶり。

フレイザー・フォースター

2m超えの身長を活かした

ハイボール処理には絶対の自信。

どっしり構える守備的GK

 

セルティック総評

 

総評も何も…というところですが、

これでKONAMIさんへの義理

果たしました(笑)。

 

CSガチャ結果インテル編

ラインナップ

previous arrow
next arrow
Slider

 

インテルナツィオナーレ

(5週間ぶり3回目)

 

コンテ監督就任で今季好調

絶対王者ユヴェントス相手に

一時首位に躍り出るなど

頑張っております。

3バック導入、ルカク&ラウタロ

2トップが抜群の連携を見せ、

冬の補強でもワールドクラスの

エリクセンを獲得。

終盤戦まで僅差(現在勝ち点差3)

でもつれこめば、ユーヴェの

連覇阻止も現実的になります。

 

獲得希望選手

 

【持ってる】

ハンダノヴィッチ CS

(能力高い守備的GKですが

飛び出しを指示しても反応が遅く

使い勝手はあまり…)

 

デ・フライ CS

(スピードがネックのCB。

守備能力は高いが…)

 

ブロゾヴィッチ CS×2

(前回CSで被り。BtoBで

バランスは取れているが

特筆すべき武器もない)

 

ラウタロ・マルティネス POTW

(現在セリエAで注目のストライカー。

2トップの2ndCFが適正ポジで

3トップの我が軍では使い道が…)

 

【超欲しい】

ルカク

(我が軍に全く縁のない

モンスターCF。ジンクスを

破れるか)

 

【欲しい】

バレッラ

(攻と守、質と量のバランスが

とれた若手注目株のBtoB)

 

ここまでですねぇ。

半分(8人中4人)被り、

欲しいのは2人というのは

かなりな狭き門に(T . T)

 

1人目

 

左足違い(T . T)

クリスティアーノ・

ビラーギ。

 

 

インテル下部組織出身のLSBで

セリエBやAの地方クラブ、

スペイン移籍(グラナダ)などを経て

8年ぶりの古巣凱旋

SBとしてはフィジカルが強く

地味ながら堅実クロス精度

最大の武器の選手です。

 

…とは言え地味さは否めませんねぇ

ガチスカッドに組みこめるほどの

スケールは残念ながらありません。

 

2人目

 

通算3人目〜(T . T)

マルセル・

ブロゾヴィッチ。

 

 

前半戦のインテルMFの中心選手

中盤全域を幅広くカバーする

運動量(1試合あたりの走行距離は

昨季セリエAでトップ)を誇り、

「走るレジスタ」

として攻守に奮闘。

組み立てのパスは正確で、時折

放つミドルも強烈

 

クロアチア代表ではモドリッチ

ラキティッチに次ぐ

「第3の司令塔」という位置付け。

クラブでも代表でも

「守備力と運動量」

を強化することで生き残りを図る

苦労がうかがえます(^◇^;)

 

インテルが冬の移籍で

エリクセンを獲得し、

中盤の構成がどう変わるか

攻撃の全権をエリクセンが握る

ということになれば、

場合によっては守備が持ち味の

選手ベシーノなど)

重用される可能性もあり

ブロゾヴィッチも安閑とは

していられないというシナリオも。

まぁこれまでの実績を考えると

引き続き使われるとは思いますが…。

 

3人目

 

通算4人目(T . T)

 

 

前回のCSより今回の方が強いので

2人をフュージョンして2回目

(通算4人目に獲得したやつ)

とのフュージョンが大爆発

無事レベルMAXとなりました。

 

我が軍での使い道はヴィエラ

ポジションということになりますが、

やはり中途半端かもしれません。

守備ヴィエラ・カンテに劣り、

攻撃ベッカムモドリッチが上。

3センターで2人CMFを並べる

フォメならばその一角に使う

なんてことは考えられそうです。

 

インテル総評

 

ルカク来ず…。

とことん縁がありませんねぇ。

KONAMIさんは義理も何も

関係がないようです(当たり前)。

 

あとがき

 

明日はモナコミランの結果を

お届けします。

んでもって水木とFP予想

メンテ中には追いかけ更新

いつもの展開になりますf^_^;

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村