Apr.6:CSガチャ結果1ミラン編〜もったいないので…〜【ウイイレ2020myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
何ともモヤモヤします…。

 

WISTERIAでございます。

 

土日に微熱が出てびっくり(^◇^;)

花粉症で鼻がつまり息もしづらいので、

ここで肺炎なんかにかかったら

それこそ

「生き地獄」

になります(T . T)

微熱(37度半ば)なんていうものは

私はわりかししょっちゅう出ますので

心配はしないんですが、如何せん

このご時世ですからねぇ。

 

県内の感染患者が十数人ですから

今は都会ほど危機感緊張感は

ありませんが、

「これでかかったらどうしよう」

という恐怖感が襲ってきます。

結局この土日は家から一歩も

出ませんでした(^◇^;)

 

こんな中でも外に出て

「ウエ〜イ」

とやって、

「自分は生命力が強いから大丈夫

なんて言い放っているニュースも見ますが、

日本の民度も大したことないなぁ

ガックリ嘆くばかりです(T . T)

 

この人たち自身が勝手に罹患して重症化する

だけならいくらでも放っておくんですが、

この人たちを媒介して感染が爆発し、

何の罪もない一般の常識人

回り回って感染する可能性があるので

どうにか首根っこひっ捕まえて

抑え込む方法はないものか。

「緊急事態宣言」も、欧米ほどの

強制力はありませんからねぇ。

 

何ともモヤモヤする中、本日は

CSガチャ結果、まずはミラン編です。

WISのブログ、始めます。

 

Apr.6:CSガチャ結果ミラン編

ラインナップ

resize_eFootball2020_20200406115658
resize_eFootball2020_20200406115704
resize_eFootball2020_20200406115709
resize_eFootball2020_20200406115714
resize_eFootball2020_20200406115720
resize_eFootball2020_20200406115731
resize_eFootball2020_20200406115735
resize_eFootball2020_20200406115741
previous arrow
next arrow

 

 

ACミラン

(9週ぶり4回目)

前回の記事がこちら。

Feb.3・CSガチャ結果ミラン&モナコ編〜こうも被るかね〜【ウイイレ2020myClub】

 

リーグ戦中断時の順位は7位

極度の得点力不足に陥り冬の移籍で

イブラ獲得、ピョンテク放出など

荒療治を行い、イブラ、レビッチ

活躍もあって一旦は得点力が上がるも

2月中旬以降は1試合1点に逆戻り

 

ピオーリ監督(昨年10月就任)も

評判はそれほどでもなく、来季監督に

スパレッティ(元インテル監督)だの

ラングニック(現レッドブル・グループの

統括責任者)だの相変わらずの噂

流れております。

個人的にはこの監督人事の

「節操のなさ」

が不調の一因だと思うのですが…。

 

獲得希望選手

 

【超欲しい】

ドンナルンマ

(昨季から我が軍に全く縁のない

伸びしろGKの最高峰。ちなみに

ノーマルと、同じくミラン所属の

「兄貴」アントニオは所持)

 

【持ってるけど欲しい】

ロマニョーリ

(レフティCBとしては最高峰。

9月のCSが重宝してますが、

今回のはそれを上回る能力)

 

【欲しい】

イブラヒモヴィッチ

(ポストプレイヤーの最高峰。

びっくりするぐらいスピードはないが

「電柱」として置いておくと割り切れば

案外面白いのでは)

 

レビッチ

(スパサブストライカー。スタイルは

2列目からの飛び出し。STとしては

ミュラーがいますが…)

 

ケシエ

(「超欲しい」に限りなく近い「欲しい」。

守備力と身体能力に優れたBtoB。

フィジコンボディコンがMAX90超え

というのはなかなかいない)

 

【持ってる】

チャルハノール

(個人的には好きな選手ですが

ウイイレ的には微妙。当たりに弱い)

 

こんなところです。

ケアーはそこそこの能力ですが、

クリバリやデ・リフト、R・ディアス

などが巷に溢れかえる現状を考えると

「今更」感はあります。

テオ・エルナンデスはお決まりの

「コン安2」

が致命的。

 

1人目

 

スパサブST確保。

アンテ・レビッチ!

 

 

重心の低いドリブルフィジカル

重戦車のように突き進むアタッカー。

スピードとパワーを兼備し

CFの周囲で暴れまわります。

 

フランクフルト時代の活躍から

比べると、今季ここまでの成績は

今ひとつと言わざるを得ません。

ピョンテク純粋ストライカーのため

連携が取れず相性は良くありませんでした。

待望の相方CFイブラ加入後は

6戦6発と明らかに上向いていますが、

チャンスを外す場面も少なくなく

(元々決定力自体はそれほど高くない)

「チームを牽引する」

というところまでは…。

 

ウイイレ能力的には、レベルMAXでも

決定力が90いかないのが引っかかります。

スパサブ投入であれば5%UPで

実質92っくらいにはなりますが…。

スピードがMAX96。瞬発力、

フィジコンボディコンはMAXで90以上

フィジコンボディコンをこれだけ高い

レベルで兼備する前線の選手

ほとんどいませんので、

総合値以上の活躍

してくれる可能性があります。

 

2人目

 

うおぉ〜〜っ、初獲得!

やんややんやの大喜び(笑)!

ジャンルイジ・ドンナルンマ!!

 

 

「アズーリの未来」

ブッフォン後継者

16歳でのデビューからはや5年。

2月に21歳の誕生日を、ミラノで

迎えたのは順当か、意外か(^◇^;)

 

196cmというサイズと、それに似合わぬ

驚異の俊敏性で好セーブを連発。

移籍問題のゴタゴタで精神的に

不安定だった時期も脱出し今季は

安定感も備わっておりました。

 

何しろ16歳から活躍してますんで

既にミラン随一の高給取りに。

契約は来季末までですが、

これ以上の契約延長はミランの

財政を圧迫することになるため、

いくら本人にミラン愛が深くとも

このタイミングで移籍金を発生させつつ

CL出場権のあるメガクラブに

移籍することが、クラブに対する

「恩返し」

にもなるかもしれません。

移籍先の本命はパリ

 

ウイイレ的には、能力、評判共に

最高レベルのGK。先日の

「最新序列」

でお話しした通り、GKに関しては

使用感が自分にマッチするか

全てでありますので、早めに使って

自分に合うか確かめたいと思います。

何しろ私待望のドンナルンマ

使いこなしたいf^_^;

 

3人目

 

被りレビッチで終了。

 

ミラン総評

 

ドンナルンマ引けただけで

大満足(^^)

ケシエとかが引ければ完璧でしたが

バチが当たりますので…(^◇^;)

 

 

レビッチはノーマルとCS被りを

フュージョンしてここまで。

 

 

ドンナルンマはノーマル1体を

フュージョンしてここまで。

道のりはまだまだ長そうです(^◇^;)

 

あとがき

 

本当はユヴェントスも含めて

本日の記事にしようと思ったんですが、

ちょっともったいなかったので(笑)

2本に分けさせてもらいました。

 

したがって、これから今日明日

CSガチャユヴェントス編

「最新序列・CB編」

2本出すかもしれません。

週末休んだお詫びも込めて…(^◇^;)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村