【FIFA 22】ギャンブラー的選択!「スワップトークン」の使い道&冬のSBC祭り「リユニオン」「パーティーバッグ」結果発表

FIFA 22
WISTERIA
WISTERIA
多数のSBCにギリギリの挑戦。

 

WISTERIAでございます。

 

FIFAの話題でございます。

ちょっと溜まってしまった、というか

立て続けにSBCが来てしまったので

紹介が追いつかなかった面々を一挙紹介。

なかなかに身を削りながら

SBC要員を工面しております(^◇^;)

 

金曜執筆のため新イベントの紹介

(また目標に問題があったようで…)

は来週となります。ご了承ください。

 

FIFA22 フューチャースターラッシュ

目標で不具合!&イヤーレビュー結果発表

【FIFA 22】目標で不具合発生!「フューチャースターラッシュ」解説と対処法&「イヤーレビュー」結果発表&40試合追い込み【eFootball2022】

FIFA22 フューチャースターアカデミー2

ヌネス編〜目標が変化?〜

【FIFA 22】目標が変化?マテウス・ヌネスの「フューチャースターアカデミー」英文比較による解説

eFootball 2022 1ヶ月キャンペーン第3弾

&えっ、今?eFootball制作者募集の話

【eFootball 2022】1ヶ月チャレンジ第3弾スタート!&前回の結果〜苦難の道〜&えっ、今?まさかの「制作者募集」〜開発陣に何が起きているのか〜

 

WISのブログ、始めます。

 

随分前の「目標」ですが…

TOTY特別賞ルーク・ショー

 

こちらをビシッとクリアしまして…

 

 

ルーク・ショー

(目標・FIFA特別賞)

 

昨年のショー見事復活。再度

成長曲線に乗り代表でも活躍。

アレックス・テレス加入で

お尻に火がついたでしょうか(^◇^;)

敗れはしたもののEURO決勝では

決勝史上最速ゴール(1分57秒)

をマークしておりました。

 

LBとしては高い身長(185cm。FIFAでは

なぜか181cm)、高い推進力と攻撃性能で

10代から将来を嘱望されてきた選手ながら

ケガに泣かされたここ数年。フィットネスの

問題(太りやすい体質?)から

モウリーニョ時代には冷遇されたものの

スールシャールの信頼を受けスタメンを

取り戻しました(^ ^)

 

選手能力

 

高さ、守備力、スピードと

LBに求める能力はクリア。

ドリブルとパス精度も及第点で

安心して左サイドを任せられます(^ ^)

 

懸念点は負傷癖か。フィジカル勝負には

負けないものの、変に当たると

ケガをしてしまう可能性があるので注意が必要。

イングランド国籍、プレミアリーグ所属で

ケミストリー的には問題ありません

ヴァランの相棒を探していたので

私はすんなり組み込むことができました(^ ^)

 

強化方法、私はアンカーを付けて

ペース、守備力、フィジカルを満遍なく強化。

統計では、シャドウを付けている人が

多いようですが…。

 

スワップトークンの使い道

30枚(予定)をどう組み合わせ引き換えるか

 

85+10名パック

 

 

を既に引いてしまい、残りのトークン

(おそらく15枚)をどうするか

というところになりましたが…

 

 

 

例のデッカムさん作成の組み合わせで

見てみると、なんとも微妙(^◇^;)

残り15枚をどう振り分けるか。

 

生粋の「ギャンブラー的」発想

 

ここで

「FS確約パック」(12枚)は除外

第2弾まで含まれていたら考えましたが、

これの対象はあくまで「第1弾」のみ

 

となると、焦点は

FSフリンポンを獲るか否か

になってくるわけですが、個人的には

「アルティメットパック」を引きたい!

SBCでかなりの「生贄」を必要とする現在、

アルティメットパックから

総合値88以上

フリンポンは88か86。基本

SBC要員として考えてます)

の選手が出れば勝ち。

そう考えました。

 

なので…

 

 

このように引き換え、なんと

スワップトークン5枚を余らせる

なんとも勿体無い展開にしました(^◇^;)

 

しかし、それもこれも

パックの中身次第ですよ。まさに

「ギャンブラー」的発想(^ ^)

 

パックの結果は…

 

大勝利(^ ^)

レヴィを引いてSBC要員獲得

(被りのため)!しかし、

1ヶ月前にこれを引いていれば

TOTYだったんだなぁ(T . T)

 

 

その他はまぁまぁまぁ

というところでしたが(^◇^;)

87TAAもいるし、TOTWも1名確保

できたということで。

 

ちなみに、レア選手パックは惨敗

(スクショすらなし)、81〜89は…

 

 

「81〜85パック」

の間違いでした(T . T)

 

フューチャースターリユニオン

「チームレート85&TOTW選手」を3回

 

面白い選手が結構いる

「リユニオン」

(誰が当たるかは下の記事を参照)。

【FIFA 22】FIFAのこういう所好き(^ ^)チャロバーの選択&ハジ父子共演&過去の「フューチャースター」リユニオン

 

今回は3回引けるようですが、

レート85TOTW選手が必要と

ハードルは高い。コストは1回約10万

 

それでも果敢にチャレンジしまして…

 

1回目

 

先日獲ったルールブレイカーTAA

被ったものの(笑)

どうにかルーベン・ディアスを獲得!

 

 

ピックのためウォークアウト

(花火が出て選手が歩くアレ)

がないのが残念。

 

選手の説明はするまでもないでしょう(^_^;)

 

 

ルーベン・ディアス

(シグネチャー・サイン、市場価格210,000)

 

TOTYですんげぇのが出ちゃってるので

それからは見劣りしますが、それでも

総合値89は立派。ペースが遅いので

強化はシャドウがマストか。あとは

守備力やフィジカル面をバランス良く

あげたいとなると、アンカー。この2択です。

 

総合値92のヴァランがいること、

GKドンナルンマのケミストリーを考えると

マルキーニョスがほぼ必須)、

ガチスカに居場所はありませんでした(T . T)

プレミアスカッドには組み込めますので、

そちらで活躍してもらいましょう。

 

2回目

 

三度TAAが登場(苦笑)。

しかしその横に有力選手が(^ ^)

 

愛すべき次代のパーマ選手

ゲンドゥージ!

 

 

マッテオ・ゲンドゥージ

(ウインターワイルドカード・市場価格290,000)

 

アーセナル時代に脚光を浴びた

CDMの超逸材。でしたが、徐々に

尻すぼみ、素行不良も問題となり

スタメンを剥奪され、結局ドイツは

ヘルタ・ベルリンに放出されました。

ドイツでも一定の活躍は見せたものの、

気分屋で頑固、チームメイトと衝突し

コーチの意見も頑なに聞かないなど

パーソナリティの問題で買取を拒否。

 

再レンタルとなった母国マルセイユでは

「攻撃的MF」として起用され

新境地を拓くなど目立っておりますが、

やはりソリが合わないチームメイト

ジェルソンなど)少なくないようで、

今後のキャリアが不安です。

一種の「反抗期」だという指摘もありますが、

いつか「大人」になる日は来るのか。

実力はある選手なので…。

 

能力的にはこれまた素晴らしい(^ ^)

相応の値が付いているのも納得で、

長い足を利用した守備力、存在感抜群

(髪型のせいが大)な中盤選手として

展開力、推進力、フィニッシュまで

こなせる能力となっております。

 

ただ、身長のせいかドリブルが若干重いのと、

能力インフレが激しい現状では

 

 

先日獲得したフューチャースターの

カケレと能力が(ケミストリー含む)

酷似している

カケレの方がより守備的)点から、

今の時期の獲得はちょっと微妙だったか。

 

とりあえず、アンカーを付けていますが

より前で使うならエンジン、または

ハンターやホークという選択肢も

無くはありませんが、どうでしょうか…(^_^;)

 

3回目

 

結構無理矢理作った3回目は

撃沈・惨敗と言っていい引き(T . T)

ティーレマンスを作って、既に

次のSBCの露と消えました。

 

パーティーバッグ

総合値85を2回

 

立て続けに来ました(^◇^;)

 

レート85、TOTWは必要ありませんが、

ケミストリーが60とちょっと高め。

バラバラ、というわけにはいきません。

 

作りましたよ、2回(笑)。

 

1回目

 

GKかぁ〜(T . T)

 

ミク・メニャン

(ウィンター・ワイルドカード・価格86,000)

 

ドンナルンマの後釜として

白羽の矢が立ったフランス人GK。

反応速度、ショットストップが驚異的で

物おじしない強気の性格もGK向き。

ドンナルンマを上回る武器としては、

左右両足から放たれる高精度フィード。

スローイン含めたビルドアップは

「最終ラインのレジスタ」

としても機能します(^ ^)

 

 

能力は満遍なくハイレベル。

どこを強化したいか、ですが、

「GKはセーブしてナンボ」

という考え方から、私は

グローブを選択しました。

 

セリエAの守護神はイタリア国籍の

ドンナルンマ、TOTWハンダノヴィッチ

(総合値87)の選択だったので、

ケミストリー含めるとグレードアップ

補強にはなるんですが、できれば

ガチスカのスタメンが欲しかった(T . T)

 

2回目

 

これはこれで良いけども…

ダヴィド・アラバ

(TOTY特別賞・市場価格43,500)

 

バイエルンからR・マドリーに移籍

すんなりスタメンに定着した

オーストリアハイパーマルチプレイヤー。

CB、LBボランチからCAMまで

超ハイレベルでこなします。

「力の源泉」となるのはやはり

左足キック精度の高さ。フィード、

クロス、ラストパスに直接FKまで

あらゆる場面で有効な「必殺武器」です。

 

もちろん、守備から攻撃まで

力を発揮できる理由は彼の

「フットボールIQ」の高さに他ならず、

難解なペップ戦術のキモとなる

CAMSB

の役割を当たり前のようにこなしました(^ ^)

ただ、FIFAではシステム上、その汎用性が

活かされないのが残念です(T . T)

 

 

汎用性が活かされない上に、

CB起用では身長やフィジカルの問題

ちょっと起用するのに勇気が要ります。

ペースを強化するべく、シャドウを付ける

のはマスト。パス出しに関しては

CBトップクラスと言っていいでしょう(^ ^)

 

ケミストリー的にオーストリア国籍は

厳しいですが、スペインリーグ、それも

R・マドリー所属として重宝はします。

F・メンディが早く能力アップで登場

してくれることを祈ります(^◇^;)

 

あとがき

 

前半は調子良かったんですけどねぇ。

後半に向かって残念引きになって

しまった印象。

イブラレベルを狙いましたが、やはり人間

欲を掻くといけないようです(T . T)

 

来週はCLの話題が中心に。

イベントも始まりますので、

週末の様子をダダっとお届けします。

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村