WIS的ポジション別中間査定「WG編その1」【ウイイレ2020myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
まだ年末年始企画が終わりません。

 

WISTERIAでございます。

 

本日は年末年始企画の続き

ポジション別中間査定

「WG編」でございます。

 

ただまぁ、ひと口に

WGと言いましても…

 

 

獲得選手が左右含めて

これだけおりますので

本日はまず左右の前半戦功労者

後半戦期待の選手を挙げます。

 

そして次回、データ等を踏まえた

WGについての考察

を行いたいと思います。

内容については次回発表します。

 

WISのブログ、始めます。

 

ポジション別中間査定「RWG編」

獲得選手と主要データ

 

まずはRWGから。

OMFの記事でも話した通り

有能万能戦士のB・シウヴァ

発売日に獲得しましたので

序盤戦は彼を中心に回しました。

 

右利きがニャブリリンガード

しかいないという極端な編成と

なりましたが、これも自らの

操作スタイル(逆足カットイン)を

考えれば願ったり叶ったり(^◇^;)

 

そして、10月半ばにCSメッシ

被り獲得して以降は完全にRWGは

メッシの聖域

となった格好(笑)。

Matchdayの縛りなんかで

メッシが使用不能となると

サラーで埋めるという形が確立し

その他の選手の出場機会が

極端に減ったように思えます。

 

前半戦MVP

 

そりゃまぁ

この人しかいませんわな(^◇^;)

レオ・メッシ!

 

10月のCSで2体獲得。

12月のPOTW獲得で

1体フュージョン

してしまったので

記録が少なくなってしまってますが

それでも2体合計で

147試合出場

63ゴール43アシスト、

平均評価点が6.4近く

まさに圧巻の戦績(^ ^)

 

能力以上に思える

すばしっこいアジリティ

瞬間移動にも見えるダブルタッチ

正確無比なコンカFKで炸裂する

ドロップシュートまで完備。

オンライン対戦だとラグの影響で

ドロップシュートのタイミングが

異常に難しいことがありますが、

メッシには何の罪もありません(^◇^;)

 

後半戦もおんぶに抱っこ、

右サイドを切り裂いてもらいます!

 

意外に活躍した選手

 

これは本当に意外でした

マッテオ・ポリターノ!

 

メッシ獲得以前の右サイドの支配者。

今となってはそこまで高くはない

パラメータですが、使用感が

メッシに酷似していたため、

カットイン→ダブルタッチ→コンカ

という流れが使えました(^○^)

 

ピンクロも所持していたため、

深くえぐってからのクロスで

アシストも量産。序盤の我が軍を

支えてくれました。

 

ちょっと残念だった選手

 

ベイルさんですかねぇ。

これはまぁ

私のスタイルと合わなかった

というのが正しい言い方

なのかもしれませんが、

WGでのカットインには体が重く

敏捷性に欠けたため、自ら仕掛けて

シュートまで持っていく形が

全く作れませんでした。

自慢のシュート力が発揮できず(T . T)

 

裏を返せば、彼に合った使い方を

してあげれば…ということにも

なります。

ロナウドとかムバッペと同じケースで、

「彼なりの形」

を見つけてみるのも手ですねぇ。

 

これは次回記事の先出しにも

なってしまうんですが、

外に張るよりSTとかCFなどの

右内側に置いて、左足でズドンと

撃つだけという状況を作り出す

なんてことをしてあげても

良いんではないかと思いますf^_^;

 

 

後半戦期待の選手

 

獲得したてホヤホヤ

ニコラ・ペペさんです(^ ^)

 

圧倒的スピード

ネイマール式ダブルタッチ

高い決定力でのコンカ

もう期待しかありません(笑)。

能力的には全く心配はありませんので、

現実のペペアルテタ新監督のもと

回数多く活躍してくれることを

祈るばかりですf^_^;

 

ポジション別中間査定「LWG編」

獲得選手と主要データ

 

続きましてLWG

RWGに比べて

獲得人数自体が少なかった印象。

ロナウドさんを試行錯誤の結果

CF1本での起用にしてしまったので

余計に台所が苦しいですf^_^;

 

それでも、9月に大本命

ネイマールを獲得できましたので

1本柱は通っておりました。

 

前半戦MVP

 

満場一致(1人で決めてますが)で

ネイマールさんです(^○^)

240試合52ゴール59アシスト

平均評価点6.07はメッシには

及びませんでしたが、序盤苦労していた

時代をも支えてくれましたので

致し方ない数字と言えます。

 

前作の途中からプレースタイルが

「チャンスメイカー」

になりましたので、その前の

ウイングストライカーとは

違う苦労がありました

ボールをもらいに下がるので

カウンターターゲットを付けたり)。

一時はOMFへのポジション変更

検討されましたが、

LWGの彼はやはり唯一無二。

後半戦もLWGから

ゴールを狙ってもらいます。

 

意外に活躍した選手

 

ここは該当なしですねぇ。

 

ちょっと残念だった選手

 

ナポリのロサーノさんです。

この方もまた個人の問題より

「我が軍の戦術的犠牲者」

という言い方が正しいかと。

 

彼のスタイルは

「インサイドレシーバー」

奇しくもRWGの「王様」メッシ

同じインサイドレシーバーなので

同時起用すると

中央に選手が集中してしまう

ということで

メッシ同時に使えない

(おまけにサラーとも使えない)

のが完全に足枷になりました(T . T)

 

ただ、例えばニコラ・ペペなんかは

ウイングストライカーですので

彼とだったら同時起用の可能性が

スキルトレーナーでダブルタッチ

付けておりますので、後半戦は

ロサーノさんにも期待したいところです。

 

後半戦期待の選手

 

マルシャルさんですねぇ。

12月に2体獲得、フュージョンして

大爆発で一気にレベルMAXに。

LWGのスパサブ争い、総合力で

インシーニェ一気に抜き去りました

 

スキルトレーナーでダブルタッチを

付ける予定でしたが、

ドロップシュートが付きシュート力アップ。

場合によってはCF起用もアリだと

思っておりますので、インシーニェ

2枚入れて、デ・アラスカエタと併せて

スパサブトリオ同時投入なんて言う

シナリオも(笑)。

CFに目立ったスパサブがいない

チーム事情もありますので…。

 

あとがき

 

次回はこの記事を踏まえまして

WGに関する考察記事を予定。

と言っても、今回は

フォメや戦術ではなく、

選手個々人にスポットを当ててみたい

と思います。

皆様の選手倉庫に眠っている

あの選手、使えるかもしれませんよf^_^;

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村