Jul.2:FP予想(POTW)2スペイン他編「意外にも今季未選出だった…」【ウイイレ2020 myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
後半戦、とっとと行きます。

 

WISTERIAでございます。

 

今回は7/2のFP予想後半戦

時間もないのでとっとと行きます

もう突貫工事で書き殴っております(笑)。

前半戦

Jul.2:FP予想(POTW)1イングランド・イタリア・ドイツ編「急いで書きましたんで…」【ウイイレ2020 myClub】

も併せてご覧ください。

 

WISのブログ、始めます。

 

スペイン・リーガ第32節

 

ルイス・スアレス(バルセロナ)

2G(先制、一時勝ち越し)評価点8.4 引き分け

CS2回登場

 

メッシのFKに対し、セルタは

オフサイドを捨てゴールライン付近に

選手を配置し直接シュートをケア。

しかしメッシは、

「なら、こういう手があるよ」

とばかりにポスト脇のスアレスにクロス。

ヘッドで決めるという南米コンビの

即興・狡猾さを見せました(^◇^;)

2点目もメッシのパスを見事なターン

(ウイイレで言う「トラップスルー」

から素早いトウキックで鮮やかにゲット。

1月以来のゴールでしたが、

これで勝てないバルサ…

首脳陣に不穏な空気があるようです。

ちなみにメッシ2A 評価点9.8 MOM(笑)。

流石に出過ぎなのでスアレスを推します。

今季POTW未選出はちょっと驚き。

 

サウール・ニゲス(A・マドリー)

1G(先制)評価点8.0 MOM

CS3回、CLFP1回選出

 

CMFであり得点数は少ないものの、

大事な得点を獲る決定力勝負強さ

持っている頼れる選手。今節も

FKからヘッドで合わせて先制点。

少ない得点を守り切るスタイルは

見ていてしんどいですがそれでも

しぶとく勝つのがシメオネ流(^◇^;)

 

国内リーグでのPOTWは今季未選出。

個人的な使用感(CLFP)は上々です。

 

ジェラール・モレノ(ビジャレアル)

1G1A(先制アシスト)評価点8.5 MOM

未選出

 

先制点のアシストはFWと思えない

クオリティの高さのフライパス。

得点はGKのキックをカソルラ

ダイレクトでアシスト、G・モレノ

これまたダイレクトボレー!

GKから一度もボールが地に触れず

ゴールまでたどり着くという

ビューティフルゴールでした(^ ^)

 

エスパニョールとビジャレアルで活躍。

柔らかなボールコントロールが可能な

左足が最大の武器のFWで、ロング

カウンターを決めきる決定力も魅力。

 

カゼミーロ&クルトワ(R・マドリー)

1G(唯一のゴール)評価点8.6 MOM

CS2回選出

5セーブ 完封 評価点 7.8

CS5回 POTW1回

 

よく耐え、よく守っていた

エスパニョールのゴールをこじ開けた

カゼミーロがMOM。開始当初から

迫力ある飛び出し、弾丸シュート

(ラモスがヘッドで受け頭クラクラ)など

積極的に前線に絡んでいましたが、

前半終了間際にS・ラモスの落とし

ベンゼマが拾い、お洒落なヒールパスに

カゼミーロが合わせてゴール。

 

この時のマドリーの守備陣形は一体

どうなっているんだと笑いましたが(^◇^;)

クロースあたりはきっちり後ろで待機。まぁ

攻め切ってしまうところが強さなのかも。

 

追加点は挙げられませんでしたが

GKクルトワ(5セーブ)を中心に

1点を守り切り勝利。今週はGKに

目立った活躍者がいませんでしたので

クルトワも推したいと思います。

でもまぁ、カゼミーロと2人選出する

ほどの試合でもなかったような気も…。

 

ポルトガル・リーガNOS第28節

 

金土日に開催された試合が少なく

3強の対象試合がこれのみでした(^◇^;)

 

セバスティアン・コアテス(スポルティング)

1G(先制・DF)評価点7.7

CS1回

 

映像がないので何とも言えませんが

ウルグアイ代表CBが先制ゴール。

高身長(196cm)を活かした空中戦が

大得意で、守りはもちろん

セットプレーの攻撃も強力。

リヴァプールでは輝けませんでしたが

ここスポルティングではDFリーダーとして

圧倒的な存在感を放っております。

 

この試合はジョバネ・カブラル

(カーボヴェルデ代表FW22歳)が

2得点でMOMでしたが、流石に

銅球FWのFPは厳しかろうと思い

コアテスを選んでみました(^◇^;)

 

トルコ・シュペルリグ第29節

(画像は「Whoscored.com」)

 

ブラク・ユルマズ(ベシクタシュ)が

1G2AのMOMでしたが先週も

選出されたのでここでは選外に。

 

オザン・トゥファン&ヴェダド・ムリキ(フェネルバフチェ)

2G(AT同点、逆転)評価点8.0

未選出

1G1A(先制)評価点8.4 MOM

未選出

 

これも動画を見てないので

よくわかりませんが、後半70分過ぎから

5ゴール89分に逆転されたのを

90分、AT95分にゴールし再逆転で勝利。

 

O・トゥファンは若くして頭角を現し

10代でA代表に抜擢されたCMF。

フェネルバフチェに引き抜かれるも

ここ数年は出場機会を失っていましたが

昨季のローン移籍を機に復活しました。

EURO2016のクロアチア戦で、自分が

髪型を気にしている間にモドリッチ

スーパーボレーを決められ(笑)、

https://twitter.com/SpursJapan/status/741994653059158016?s=20

批判を浴びたことがあります。

 

ムリキは長身CF。

194cmの体を張ったポストプレー

空中戦の強さが武器ですが、ある程度の

スピードやテクニックも兼備しています。

「トルコのイブラヒモヴィッチ

という異名もあるとか…。

トッテナムやラツィオなどビッグクラブが

動向を注視しているようです。

 

ロシア・プレミアリーグ第24節

 

アルテム・ジューバ(ゼニト)

2G(2PK)評価点8.3 MOM

 

ロシアの巨人がPKとは言え2ゴール。

24節までで15ゴールは得点ランクトップです。

2018年のロシア年間最優秀選手(^ ^)

20代後半でブレイクした遅咲き、

ロシアのクラブ以外でのプレー経験が

ない選手ですが、ELでの活躍を見ると

5大リーグの中堅クラブくらいなら

難なくフィットすると思います。

まぁでも、30を超えましたからねぇ(^◇^;)

 

アレクセイ・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)

2G(全得点、1PK)評価点8.6 MOM

 

17歳でロシア代表デビューを飾った

ボールコントロールに優れたトップ下。

左足から繰り出すパスは精度が高く、

敵の急所を突くラストパスは必見です。

昨年末にはユヴェントス、最近は

バルセロナも興味を持っているようで

近々のビッグクラブ移籍もあり得ます。

 

あとがき

 

というわけで、次回は

(多分すぐ上げますが)

「メンテ中新情報追いかけ更新」

ということになります。

Iconic Moment、FPガチャ(POTW)

次週Matchday・CSガチャなど

情報上がり次第まとめて出します。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村