初心者向け・ライブアプデCの時のフォメの組み方&ゴール動画【ウイイレ2021 myClub】

ゴール動画
WISTERIA
WISTERIA
ピンチをチャンスに。

WISTERIAでございます。

 

クリスマスも過ぎ、年末年始に

突入です。

とはいえ、こんなご時世ですから

派手なお祝いや集まりもなし

クリスマスプレゼントやお年玉を

デジタルで送り合う世の中

なってしまいましたからねぇ(T . T)

 

個人的にはこの時期の集まりなどを

「煩わしい」と思ってしまう

人でなしなものですから(笑)、

かえって静かな年末年始が送れて

願ったり叶ったりという心境。

仕事でもプライベートでも、

「実は不要なもの」「悪しき慣習」

が浮き彫りになってきております。

それらを一掃するいいチャンス

ピンチの中でもそれを逆手に

成長・進化することは可能なんですねぇ。

 

さて、本日は基本的なフォメのお話

年末年始のライブアプデC固定

環境のフォメ作りを考えます。

ゴール動画もどうぞ。

 

WISのブログ、始めます。

 

ライブアプデC時のフォメの組み方

コン安をできるだけ重視

 

年末年始はライブアプデが

C固定となります。

各国リーグ未開催時(代表ウィーク)や

各国リーグ終了後もそうなんですが、

この時期の選手の調子

(Matchday等は除く)は

「コンディション安定度」

(=コン安)

に依存することとなります。

 

となると、選手の選び方として

「コン安の高い選手」

を優先的に選ぶ必要があります。

どのくらいのコン安なら安心して

使えるかという「個人的体感」ですが、

まぁあればほぼ大丈夫かと。

だとそれなりの確率で絶不調

なってしまう可能性が出てきます。

4以下はかなり厳しいと思われます。

 

とは言え、各々保有する選手によっては

コン安5でも使わざるを得ない

(私は主力GKが軒並みコン安5)

事象が発生します。

その場合は、控えに同ポジションの

選手を置いて「保険」をかけます

 

調子とスパサブの考え方

 

これは通常時でも言えるんですが、

「スパサブ」というのは

「後半投入すれば能力アップ」

する選手(当たり前)です。

 

では、どのくらい能力が上がるか

という話になるんですが、

「調子が1段階上がる」

と考えればほぼ間違いありません。

不調だったら普通、普通だったら

好調といった具合ですねぇ。

 

ということは、同じ能力の選手なら

調子普通スパサブ

調子絶好調非スパサブでは

後者の方が能力が上

となることが考えられます。

 

スパサブは入れるに越したことは

ありませんが、使うときは

「猫も杓子も…」

ということではなく、調子の良い

選手を使うということを原則

考えた方がいいかもしれません。

まぁ、調子はランダム(確率はコン安依存)

に決まりますので、

確実に「調子+1」が見込める

スパサブが有利なことに

変わりはありませんが…。

 

IM・レジェンドはさらに有用に

 

で、シーズン中以上に有用な存在

なってくるのがIMレジェンド

この方々はライブアプデC固定の

環境下においても

「ライブアプデB固定」

となります。これはかなり有利。

 

さらに、基本的にレジェンド選手は

コン安が高く設定されているので

デニウソンのような「コン安4」

レジェンドもおりますが)、尚更

重要視されます。

 

普通に組むとIMだらけに

 

で、我が軍でスカッドを

組んでみますと…

 

 

IM・レジェンドだらけに(笑)。

これならこれでゲームとして強いので

私のような弱小ウイイレ戦士は

これで戦えばいいとは思いますが、

あまりにも現実離れしていて

いつのウイイレかわからなくなりますので、

IMを3名程度に抑えたフォメを作成します。

 

IM・レジェンド人数制限フォメ

 

こんな感じになりました(^ ^)

Iconic Moment3名レジェンド1名

限定。外国人枠みたいなもんです(^◇^;)

基本的にはコン安6以上で組みました。

 

GKは先述の通りレギュラーの

コン安が5(デ・ヘア、オブラクなど)

なので、仕方なくレジェンドの

カーン(B固定・コン安8)に

頼りました。

 

ディフェンスラインは上と変わらず。

LSBは安定感重視のアラバ

CBのファン・ダイク私的には

使用感を疑問視しておりますが(^◇^;)

コン安と総合力を買って抜擢。

ヴァランが素晴らしいのでなんとか

してくれるでしょう。

 

中盤、アンカーは元々カゼミーロ

だったのでそのまま、OMFメッシ

CSで代用、コン安8ですので…(^◇^;)

一番戦力として落ちるのがCMFです。

ここにIconic Momentを持ってくるのが

一番の補強かもしれません。

ベンチのIMを1人削ってベッカム

ヴィエラを置くのが正解かも。

 

前線は、ルンメニゲと同等までは

いかないものの、近い働きができる

リシャルリソンを抜擢。エースは

デル・ピエーロで固定として、

CFの枠にはルカクを持ってきました。

POTWロナウドとの2択で迷いましたが

せっかくなのでIMとは別の選手

使おうと判断。この判断基準でいくと

OMFもメッシではなく

デ・ブライネという選択肢もあります。

 

サブの人選も、スパサブ持ちの中でも

コン安の高い(6以上)に限定。

後付けスパサブオーウェン、

フォメチェンジのウイング要員サネ、

万能スパサブアセンシオの3名です。

 

基本的にサブは

「ユーティリティ性」

も重視する項目になります。

攻撃的な万能選手クライフ(コン安8)、

OMF、CMFがいけて両足蹴れる

デ・ブライネアンカーが務まる

守備力のヘンダーソン、そして

DFラインを1人でカバーできる

パヴァールにしてみました。

 

あらゆる場面を想定したフォメを

 

特にサブに言えることですが、

「あらゆる場面を想定する」

ことはやはり重要。不調はもとより

負傷者、退場者が出ることも考えて

手広く手札を持っておくのが大事かと。

 

そうは言いながら控えGKを削る

フォメを作っているのは

矛盾してますが(笑)、ウイイレにおいて

GKの退場はそうそうありません

からねぇ。どうしても心配なら

デ・ブライネメッシを削って

控えGKを置くのが常道かも。

 

ゴール動画

ルンメニゲ

 

キックフェイントの直後の動き

 

 

縦パス(スルーパス)から

外へ抜け出したルンメニゲ

キックフェイントでストップ。

この時の相手DFは十中八九

止まったところのボールを奪いに

来るので、即座にかわして

(キックフェイント中に入力)

次の行動に移るべし。

 

基本的には味方ゴール方向に

動くのが正解だと思いますが、

今回はDFも離れていたので

大胆にエリア内に侵入することに。

あとはお決まりのドカンです。

 

デル・ピエーロ&モラタ

 

ダイレクトワンツーと

モラタの位置取り

 

 

今作のワンツーはダイレクトで出すと

ボールが伸びてしまいますが、

このくらいの位置と距離感があると

ダイレクトでも通ります。

「ツー」のパスの強さも弱めが吉。

 

デル・ピエーロで決めなさいよ

と思いましたが(笑)、

中のモラタが見事な位置取りで

ごっつぁんプッシュ。

やはり彼のゴールセンスは凄い(^◇^;)

 

「中央集中フォメ」の崩し方

 

外からのスルーパス

 

 

何のことはないんですが(^◇^;)

中央に集中したフォメは、当然

中盤の脇のスペースが空きます

我が軍4−3−1−2のCMF

そこに走りこんでSBからパスを受けます。

 

そこに、中央のボランチなり

CBなりSBなりが慌ててプレスに来ると

今度はそこが空くので、空いたところに

的確にパスを出せば、崩れます。

今回はかなり直接的にスルーパス

出しましたが、もう少し手数は

かかっても崩せればOK。

 

問題なのは

「プレスに来ない」

「陣形を崩さない」

チームへの対処法ですが、これは

サイドチェンジのロングパスなどを

駆使して揺さぶるのが効果的か。

中盤の左右から、中央に集まっている

敵選手の頭越しにロングパス

(SBを使うと決まります)を

通し続ければ、敵は焦れることが。

 

ただし、リードされていると辛い(苦笑)。

 

C・ロナウド

 

超高打点ヘッド

 

 

これで決まるんですから(^◇^;)

ベンタンクールがトラップスルー等で

敵陣深く攻め入りクロス。

敵に当たりましたがボールが高く上がり

右往左往していたキャンベル

頭越しにドカン

 

ベンタンクールが深く攻め入ったことで

キャンベルがどちらに付くか

迷っていたことで発生したゴール

とも言えます。まともにジャンプしたら

ロナウドとて簡単には勝てなかったはず(^◇^;)

 

あとがき

 

というわけで明日日曜日は

「ポジション別中間査定」

CB編をお届けします。

年末年始はこれゴール動画

乗り切る予定ですので、お楽しみに(^ ^)

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村