Jun.3:今週前半の各種フォメ一挙公開〜勝てない原因はまさかの主力に…〜&ゴール動画解析〜サイドFKの得点パターン〜【ウイイレ2021 myClub】

ウイイレ
WISTERIA
WISTERIA
メンテ中の読み物としてどうぞ。

 

WISTERIAでございます。

 

本日はメンテ日。ということで

メンテ中の読み物といたしまして

今週前半のフォメゴール動画

を一挙ご紹介でございます。

 

後ほど、メンテ中に発表となった

各種イベント情報を別記事でお届け。

5/31今週のイベント&ゴール動画

May.31:今週のイベント紹介〜ジャパニーズIM祭り〜&ゴール動画解析【ウイイレ2021 myClub】

5/31CSガチャR・マドリー編

May.31:CSガチャ結果1レアル・マドリー編〜おそらく今季ラストCSに…〜【ウイイレ2021 myClub】

5/31CSガチャリヴァプール編

May.31:CSガチャ結果2リヴァプール編〜まさかの未獲得FW&大幅バージョンアップ〜【ウイイレ2021 myClub】

5/31CSガチャパリSG

May.31:CSガチャ結果3パリSG編〜持ってる既存人材によっては…〜【ウイイレ2021 myClub】

も併せてお楽しみください。

WISのブログ、始めます。

 

U-2999フォメ

今週のラインナップ

 

今週のU-2999は結局

メインフォメしか使いませんでした(^ ^)

 

スカッドボーナス

ダグバ、フィリップス、アセンシオ

総合値低めの3名(笑)。

その他ディフェンスラインは

いつものノーマルの面々と好調の

ノーマルチルウェル、GKマルティネス。

インサイドハーフにケシエティアゴ

絶好調コンビを使い、前線はこれまた

絶好調のデパイ、絶対エースの

ルンメニゲ2号、そしてこのフォメで

圧倒的存在感を発揮するジューバ。

 

勝利のゴール動画

 

結論から言うと、お相手さんが

前半でギブアップしたため

ハイライト動画が作れず(T . T)

ゴールシーンを集めたHD動画

なりました。

 

こぼれ球やプレゼントボールも

多かったですが、最後のゴールは

ムービングを上手に使えていたり

(実際のプレイ画面だとカーソルが

見えているのでわかりやすいかも)

見るべきところもいくつか。

1点目のデパイのロングフラスル

綺麗でしたねぇ(^ ^)

 

O-4000フォメ

引き続きバイエルン補正で

 

O-4000フォメは引き続きバイエルン補正

スカッドボーナスはさっきと逆に

総合値の高い方からベンゼマ、サラー、

アーノルドを入れております。

調子の関係でベンチでございますm(_ _)m

ちなみに他のベンチはスパサブのモラタ、

後付けスパサブのヴェルナー

カマヴィンガ、あとはユーティリティの

フリットを入れる贅沢な布陣(^◇^;)

 

スタメンは絶好調のキミッヒ、デ・ブライネ、

そしてレヴィを起用。CBとGKに

好調者が一人もいないという残念感は

ありましたが(苦笑)、とりあえずこれで

勝利しました。

 

Matchday:リヴァプール

両翼揃いましたが…

 

Matchdayは予告通り

リヴァプールで挑んでおります。

ようやく手に入ったサラー、

バージョンアップのアーノルド

を含むご覧のフォメで戦っております。

 

しかし、これがまぁ勝率が悪い(T . T)

原因はマネ、サラー、そして

ファン・ダイクにあると思われます。

 

マネサラーに関しては、ワイドに開いた

4−3−3(オフェンシブ・ビエルサ

フォメなら機能しそうなんですが、

2トップや擬似3CFだと厳しい(T . T)

フィジコンの弱さ等々で強度が下がり

攻撃がままならないという弱点が…。

 

そして、左CFマネがシュートを

外しまくる(T . T)

そもそも決定力に多少難があり(89ですが)、

キック力もそれほど高くないため

ニアのシュートが抜けないことが。

まぁこの位置はルンメニゲ

デル・ピエーロで慣れてしまっている

ということもあるんですが(^_^;)

決定機を外しまくり「戦犯」になった

試合が複数回ありました。

 

あとは、ファン・ダイク

どうしても慣れない(100試合以上

使っていてアレですが)。

じわっと前に出るところとか、

事故率が高いだとか…。

他に選択肢がないため、同じスタイル

オザン・カバクと使わざるを得ないのも

問題で、裏を取られまくる(^◇^;)

 

後半戦ではこの2点を修正して

臨みたいと思います。

 

ゴール動画解析

ケイン

 

ボックスストライカーのような

ボレーシュート

 

 

さすがケインシュート巧い(^◇^;)

ラインブレイカーのスタイルながら

ボックス内での強さ、ボレーの

合わせ方は実に頼もしい限り。

多少クロスが敵に当たろうが、きっちり

修正し枠内に飛ばす技術を持ってます。

 

前線の枚数等々にもよりますが、

個人的には1stCFに関してはこのような

「シュートの巧い生粋のCF」

を置きたいですねぇ。それを中心に

ラインブレイカー飛び出しの選手を

適宜配置していくのが好み。

当然、高さやポストプレイの上手さ

が必須になってきます。

 

ヴィエラ

 

密集状態の中での

パスアンドゴー

 

 

比較的押し込んだ展開で、

CMFヴィエラが中央OMFデパイ

パスを入れます。

当然2トップにどうパスを入れるか、

守備側はそれにどう対応するか

という話になるんですが、実は

2トップは2人ともダミー(^◇^;)

 

パスアンドゴーをかけていた

ヴィエラがその裏からスルッと上がり

デパイからのリターンパスを受け

悠々フィニッシュ。

案外見えていないもんです(^ ^)

敵としてもなかなか

「エリア内に侵入したCMF」

にまでマークの人員を割くわけには

いきませんので…。

 

ムバッペ&ケイン

 

CK

守備位置に着く前に決める

 

 

CK。敵の守り方としては

キッカーの前にDFを立たせる」

ニアポスト付近にDFを立たせる」

と言う2パターンがありますが、

どちらも手動でコントロールする必要が

あるため、若干の時間を要します。

 

そこで、その態勢が整う前に

CKをニアに蹴り込んでしまおう

という作戦。

見事に決まりました(^ ^)

 

ただし、これはあくまで

「味方選手がニアのボールに

間に合う位置にいる」

ことが前提。味方も間に合って

いなければ、ただただGKへの

プレゼントパスになりますので(笑)

素早い状況把握と判断が必要になります。

 

マテウス&A・デイヴィス

 

FKサインプレーに対応されるも

さらに裏をかく

 

 

サイドからのFKは直接は無理、

ほぼ間接でゴールを狙うことに

なりますが、敵もその辺は重々承知のため、

パターンはやはり数多く持っていた方が

良いです。

人に向かって出す×パス、

味方が走り込む位置に出す△パス、

スペースに向かって出す○パス

(GKとDFの間に落とすイメージ)

と、パスボタンを変えるだけで

多彩な攻撃が可能になります。

 

今回はA・デイヴィスへのパス。

敵も十分察知して、マルディーニ

パスカットに向かわせますが、

私が出したのは△ボタンのパス

×ボタンパスを想定して動いた

マルディーニは空振りに終わり、

デイヴィスは余裕のゴールでした(^ ^)

 

ファン・ダイク

 

5−3−2の攻撃

敵のファン・ダイクが対応を誤る

 

 

ムバッペからルンメニゲへの

スルーパス。

敵のファン・ダイクもきっちり付き

対応されてしまうかなぁと

半分諦めていたところ、

お相手さんが対応を誤り

「クリアボタン」

を押してしまったがために

ルンメニゲにパスが通ってしまいました(^◇^;)

 

おそらく「正解」の対応

体を入れる、もしくはルンメニゲ

体を当てる、ということだったでんしょう。

余談ですが、ボールを奪えないまでも

敵に体を当てるという守備はかなり有効。

シュートを弱くしたり、精度を落としたり、

プレーをさせないという結果を引き起こし

ギリギリのところで助かる場面も。

最後まで気を抜かず、諦めないことが

大事だなぁと思います(^◇^;)

 

あとがき

 

これで4月分のゴール動画

出し終えました。まだ1ヶ月分

溜まっております(笑)。

 

次回は6/3発表のイベント情報

やっぱりゴール動画を抱き合わせ

出したいと思います。

それでは、また。

To Be Continued…


 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村