【eFootball 2023】移籍選手を一本釣り!契約権で獲得できるハイライト「Player Transfer」ご紹介〜デ・ケテラーレは2種類の育成方針をご提案〜

育成
WISTERIA
WISTERIA
編集の都合により…。

 

WISTERIAでございます。

 

本日なんですが、

私の個人的編集の関係

先に

「Player Transfer」

の方をご紹介させていだだきます。

昨日クラブセレクションの

ベティスが出ておりますが、

そちらは次に回します。

 

と言うか、

「Player Transfer」

なんてもんは、もう

とっくの昔にやってなきゃ

いけなかった話

なんですが(苦笑)、

 

 

☆5契約権が「お詫び」で

手に入ったこともあり、

今やっても良いだろう

ということで、やります。

 

eFootball2023 Club Packミラン

「個性ある育成」をご提案します!

【eFootball 2023】有能選手多数!「個性ある育成」をご提案します(^ ^)昨季スクデット「Club Pack」ACミランご紹介

eFootball2023 Club Packインテル

フィジカル強化ブロゾヴィッチご提案

【eFootball 2023】有能選手ならこっちも負けない!「個性ある育成」をご提案!ミラノの青い方「Club Pack」インテルご紹介

eFootball2023 9/1 POTWガチャ

「戦慄のハット」ハーランド登場!

【eFootball 2023】「戦慄のハット」ハーランド登場!しかし当たり外れが… 9/1 POTWガチャ徹底解剖!

eFootball2023 9/1 初のエピックガチャ

インテル3選手の育成をご提案!

【eFootball 2023】「テクニカルCF」ベルカンプ、「守備型OMF」マテウス、「キックの鬼」スナイデル…初エピック・インテルの「育成のご提案」

 

「Player Transfer」

概要

 

この夏に移籍をした

選手たちがピックアップされた

格好です。

指名契約権で獲得できる

ハイライト選手となります。

 

若干地味ですかねぇ(^◇^;)

まぁ終盤にビッグネームが

動いた(一部メガクラブの

「乱獲」が影響)ので、それが

時期的に反映しきれなかった

ということもありますが…。

 

登場選手

 

一部見切れてますがm(_ _)m

 

☆5の有力選手に加え、

☆4で獲得できる

「高コスパプレイヤー」

もいます(^ ^)

普通にプレイしていれば、

お詫び含めて☆5が2名

獲得できる計算になるので、

どの選手を

「一本釣り」

するか、選べる幸せ(^◇^;)

 

初めに言うと、私は

リュディガー

デ・ケテラーレ

2名を獲りました。

☆5契約権1枚を温存

次回に回したいと思います(^◇^;)

 

選手個別紹介

アントニオ・リュディガー

 

フリーでチェルシーから

R・マドリーに移籍。

ローマ時代は正直ここまで

大きくなるとは思いませんでした。

ポカが多すぎた(^◇^;)

 

今でもその傾向は変わらない

と私は思っておりますが、

抜群のフィジカル、身体能力

敵を圧迫し、奪った後は

持ち上がりやパスもできる

基本性能はやはり魅力的。

新天地でのスタメン起用も始まり、

アラバをLSBで起用できる

メリットも含めて貴重な戦力。

 

 

eFootball能力は、技術がない

守備特化の選手(^◇^;)

 

ただし、今回のはなぜか

「ベース強化版」

のハイライトの方が

MAXレベルが高いという謎仕様。

その分強いですねぇ(^_^;)

 

育成方針としては、

足元技術は放っておいて、

ひたすら守備力を鍛える

ということになりました。

結果、守備力とフィジカルが

爆上がりしており、シンプルに

敵を跳ね返す選手に。

ドリブルはせず、パスも

極力近くの選手に渡す

という配慮が必要かと(^◇^;)

 

アンドレ・オナナ

 

カメルーン代表正守護神。

アヤックスからインテル

移籍。

近距離1vs1の場面で最後まで

粘れるショットストップ、

抜群に広い守備範囲、

バルサ出身らしい足元技術で

ビルドアップに貢献する

ロングフィードなど魅力満載。

 

ただ、飛び出し等の判断力には

まだまだ危なっかしい

面があり、一昨季は

「妻の薬を誤って飲んだ」

ことによるドーピング陽性

長期出場停止をくらうなど

「やらかし気質」

な匂いが…。

これからのプレーで

信頼を勝ち取れるか。

 

 

GKセンスが超強化

悪くない能力はしている

とは思うんですが…

契約権で獲るほどではないか。

現状、インテルの守護神争いで

スタメン確約できてない

(=ライブアプデが乗らない)

のもマイナス材料です。

 

ラヒーム・スターリング

 

マンCからチェルシー

移籍したイングランド代表

韋駄天ウインガー。

長く活躍しておりますが、

マンCではフォーデンとの

スタメン争いに敗れた格好。

違いを生み出すプレーは健在

ですが、調子の波が激しく

計算できないという点が

ペップの評価を下げたか。

 

チェルシーでは早くも

3G1Aと結果を出しており、

イングランド代表での

スタメンを死守するためにも

継続的な活躍が求められます。

 

 

スピ瞬の高さが最大の特徴。

ドリブル突破してから

どうするかが問題でしたが、

パス、シュートとも精度が

75を超えればなんとかなる

と思ってこんな感じに(^◇^;)

 

意外なところではスキルに

スルーパスがあるので、

アシスト役を強調した

パス強化もありかも。

ただ、個人的にはあまり

使いこなせた経験がないので…(^◇^;)

 

イヴァン・ペリシッチ

 

クロアチア代表ウインガー。

インテルからトッテナムへ移籍。

サイドプレイヤーの割に

長身でフィジカルに富み、

左右両足を全く遜色なく

使い分ける技術もある

選手ですが、最大の特徴は

「3バックのWBに完全対応」

できること。3バックの使い手

であるS・インザーギから

コンテの元へ。納得の移籍です。

 

 

長身スパサブウインガー

なわけですが、スピードと

技術もあり敵にすれば厄介。

スキルはシュート特化ですが、

そこは敢えて

「ピンクロを活かす」

方向にしてみました(^◇^;)

 

ハーランドあたりとセットで

出して、彼目掛けて

ピンクロを放つ、また

ペリシッチ自身も空中戦には

強いので、右サイドにも

クロサーを準備して

CFとペリシッチ2枚で

前線に陣取り、右サイドから

対角にクロスを放り込む

展開もできると思われます。

 

ケルヴィン・フィリップス

 

リーズ育ちの「猟犬」

ついにマンCに移籍。

アグレッシブに敵ボールに

アタックしボールを奪取。

このタイプの選手にしては

視野が広く展開力がある

のも特徴。

 

長らく2部にいたので

「遅咲き」で、

「彗星の如く登場した」

イメージですが、地元では

「知る人ぞ知る名選手」

として認知されていた模様。

ロドリの控えということに

なりますが、なかなか贅沢(^◇^;)

 

 

アグレッシブネスが

非常に高いアンカー。

個人的にはアンカーには

動かないで欲しいんですが…

まぁロドリカゼミーロ

結構高い数値なので

気にはならないと思います。

 

ワンタッチパスも持ち

パス能力もそこそこ高いので

安定した守備寄りのアンカー

になるかと。

 

ポール・ポグバ

 

調子が良ければ一人で

試合を決めてしまう

モンスターCMF。反面、

ダメな時はからっきし

無為にピッチをのっしのっしと

彷徨うだけ(^◇^;)

 

結局、マンUでは散発的な

活躍しかできず、

2度目のユーヴェ移籍です。が、

いきなり膝のケガで離脱(T . T)

手術すればWCもアウトでしたが

保存療法を選択して

10月復帰を目指すようです。

果たして、間に合うか。

 

 

ドリブル、パス技術が

極めて高いBtoB。

フィジカルとパワーもあり

スキルも充実していますが、

サイズがあって瞬発力が低い

扱いの難しい選手です。

「2.0.0」のアプデで

恩恵を受けるタイプですが、

じゃあどうやって使うか

と考えると結構難解(苦笑)。

 

意外と決定力が低いので、

本人のキャラといささか異なりますが

アシスト役に徹するという

選択になるんでしょうねぇ。

ロマンはあるんですがね(^◇^;)

 

アクセル・ヴィツェル

 

ドルトムントからアトレティコ

フリー移籍した

ベテランアフロアンカー。

フィジカルを活かした守備、

冷静に散らすパス精度、

時折見せる果敢な攻め上がり

など、割と多芸なMFです。

 

アキレス腱断裂から復活、

EUROで活躍したものの

クラブでは衰えの指摘も…。

シメオネ監督は開幕から

3バック(5バック)の中央、

「リベロ起用」

をしており、ここなら

運動量の衰えを経験でカバー

できるか。

 

 

「鈍足系アンカー」

ということになりますか(^◇^;)

中盤底に鎮座させ、敵を

待ち構えて討ち取る守備を

心がける必要があります。

ブロッカーを持っているのが

良いですね(^ ^)

ボールキープ、パス出しは

信頼できる数値を持っているので

安心して任せられるかと。

 

育成方針は…守備重視。

スピードを上げておりますが、

これはスタミナアップ

考えたものです。

アンカーですし、85あれば

どうにかやれるかと(^_^;)

 

ダルウィン・ヌニェス

 

ベンフィカで名を揚げ、

リヴァプールに移籍した

大型ストライカー。

本人は同国のレジェンド

ルイス・スアレスを目標に

しているようですが、

体格・特徴・プレースタイルは

完全にカバーニ(^◇^;)

長身で空中戦に強く、

豊かなスピードを誇り、

豪快なゴールが持ち味です。

 

ただ、カバーニにない(失礼)

フィニッシュの丁寧さ

見受けられ、そこは将来的に

期待が持てると個人的に思ってます。

 

 

長身・俊足のラインブレイカー。

体格に似合わず瞬発力が高いので

動きの重さは少なそう。

裏抜けさせて1発で仕留める

形を目指したいところです。

スキルを見ると、シュートの

バリエーションは多彩(^ ^)

 

そのため、Oセンスと決定力

集中強化してゴール特化。

ひたすらゴールを狙って

もらいます。

スパサブが消えちゃった

のが残念。

 

ジャンルカ・スカマッカ

 

サッスオーロで16ゴール、

ビッグクラブが注目する中

イングランドはウェストハム

渡った巨漢ターゲットマン。

 

意外に思えるかもしれませんが、

ウェストハムはかつて

ディ・カーニオなどが所属し

イタリア人選手には馴染みがあり、

アンディ・キャロル

カールトン・コールなど

長身ポストプレイヤー

扱いにも伝統的に慣れたクラブ。

ここで活躍すれば一気に

世界中の強豪クラブへの道が

開けると思います。注目です(^ ^)

 

 

意外な掘り出し物になる

可能性を秘めたCF。

ターゲットマンの割には

スピードがあり、決定力が

超強化され超一流選手並みに。

 

ポストプレイの精度や

キープ技術などは若干不安ですが

(育成の際犠牲に)、

スパサブであることを考えると

ゴールをひたすら狙った

「パワープレイ要員」

として十二分に優秀。

ターゲットマンを使いこなす

自信のある方なら(^◇^;)

 

シャルル・デ・ケテラーレ

 

ベルギーで大活躍し

一躍注目を浴びている

「デ・ブライネ2世」。

堂々のミラン移籍です。

eFootball的名前は

「ド・ケトラエル」

(フランス語読み?)

になっておりますが、

私の認識及び

ベルギー人である本人の発音

「デ・ケテラーレ」

でありますので、ここでは

それに統一します。

 

昨季公式戦49試合で

18ゴール10アシスト。

192cmの長身ながら

スペースに入り込む動きが

実に狡猾で俊敏に見えます。

「判断スピード」

が恐ろしく速く正確で、

フットボールIQが非常に高い。

もちろん技術も一級品で、

トラップ、キープ、ドリブル、

パスと文句のないものを持ってます。

大注目のプレイヤーです(^ ^)

 

 

ここからは☆4選手。

ですが、いきなりの当たり(^ ^)

既に私も獲りましたが、

めちゃくちゃ使いやすいです。

 

大柄ですが技術があり

ドリブル、パスを中心に

スキルも有用なものばかり。

決定力も80に乗った

2列目からの飛び出しで、

ポジション適性も広いと

素晴らしいの一言(^◇^;)

 

 

上は決定力が80でしたが、

アシスト役を意識した

パサータイプも作成。

Fパスが80に乗り、

飛び出して左から

ピンクロを上げるという

使い方ができると思います。

 

オーウェン・ワインダル

 

オランダはAZから

アヤックスに移籍したLSB。

オランダ代表キャップもあり、

昨季はキャプテンとして

10アシストを上げる活躍。

ユヴェントスも獲得に動いた

選手であります。

 

 

ここから急に

紹介が雑になります(笑)。

攻撃的なLSBとして

そこそこ理想的な能力、

スキル構成ではありますが、

ガチスカスタメンまでは…。

守備スキルがなく、攻撃性能も

抜群に優れているわけでは

ないので…(^◇^;)

 

ゼキ・チェリク

 

リールからローマに移籍した

トルコ代表RSB。

右足の攻撃力が売りで、

正確なクロスのほか

ミドルシュートも得意。

守備には若干不安があるものの、

ライバルが同じく不安定な

カルスドルプなので(苦笑)

充分勝負にはなるかも。

 

 

もうちょっと攻撃に

寄せるとよかったですかねぇ。

スキル構成を考えたときに、

ピンクロもなく守備スキルが

それなりにあるので

そっちを活かした方が良いと

考えたんだと思います。

 

ブライス・メンデス

 

セルタからソシエダ

移籍した大型サイドアタッカー。

左足中心の柔らかなテクニック

魅力で、周囲との連係

敵を崩していくタイプ。

 

一昨季は得点力が開花し

9ゴールを挙げましたが、

昨季はチームの不調に引きずられ

沈黙。今季は心機一転

ソシエダでフル出場中。

既にゴールを挙げております(^ ^)

 

 

バランスの良い能力構成

ですが、取り立てて大きな

武器もないのが残念(T . T)

Gパスが大幅強化されて

いるもののスキルは無く、

チグハグになっているのも…。

 

あとがき

 

次回はベティスをご紹介。

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村