【追記あり:まさかの復活】【eFootball 2022】WISの妄想考察2:「SerieA TIM」他ガチャ中止!「不平等解消」「事後処理」は?「ウイイレ2019・アーセナルガチャ事件」との比較で語る

レジェンダリー
WISTERIA
WISTERIA
長くやるものですねぇ(^ ^)

 

WISTERIAでございます。

 

先日7/25に起きました…

 

 

「炎上案件」

フィーチャーガチャ

中止事件ですが、昨日の記事で

「原因」

について

「妄想考察」

eFootball2022 WISの妄想考察1

「ガチャ中止の原因」は…

【eFootball 2022】WISの妄想考察:異例の「SerieA TIM」他ガチャ中止!その原因とは?カギは「ライセンス問題」「シーズン終了時期」「eFootballへの移行」「グレーゾーン」

を行いました。

 

これの「真偽」については

KONAMIさんサイドが原因を

詳らかにしていない以上

「藪の中」

なわけなんですが、今回は

その「第2弾」として

「事後処理」

の話をしたいと思います。

 

そこで、似たようなケース

過去にもありましたので、

「ウイイレ2019

アーセナルガチャ事件」

と比較しながら、今回の

対応を精査してきます。

私の「アメブロ時代」

ブログ記事まで引っ張り出します。

長くやるもんですねぇ(笑)。

 

過去記事

eFootball2022 7/21メンテ速報

アプデ1.1.4&読み物ベンゼマ特集

【16:30メンテ明け更新終了】【eFootball 2022】セリエA注目チーム・ローマが来た!7/21メンテ中新情報追いかけ更新&読み物:ベンゼマ特集

eFootball2022 バティが欲しいか!

レジェンダリー・ASローマ

【eFootball 2022】「マシンガン・バティ・ゴール」に期待!7/21〜開催・レジェンダリーガチャ「ASローマ」徹底解剖!

eFootball2022 まさかの中止!

フィーチャー「Serie A TIM」

【ガチャ中止→まさかの復活】【eFootball 2022】被り少なめ!有能選手ワンサカ!7/25〜フィーチャーガチャ「Serie A TIM」徹底解剖

 

【追記】まさかの…

ガチャ復活

 

ガチャが復活

しましたねぇ(^◇^;)

 

これは、あれですねぇ。

「セリエAとの契約」

を、急遽1ヶ月延長して

7/30までにしたんでは

ないでしょうかねぇ。

 

今日はちょっと忙しいので、

この辺の顛末は

明日の「随時更新記事」

読み物としてお届けする予定です。

 

イブラを獲得したい人は急げ!

 

取り急ぎ注意点を一つだけ。

 

復活した

「Serie A TIM」

及び

「Breakout Stars」

において、イブラなど

「セリエA所属の選手」

を獲得したい場合は、

7/30(土)の11時まで

獲得を急ぐように願います。

それを期限として、ここから

セリエA関連の選手たちは

リストから消えるようです。

 

ここから先の文章は…

 

んで、ここから先の文章は

「ガチャ復活前」

のものですので、それを

踏まえた上でご覧くださいm(_ _)m

 

あらすじ

中止となったガチャ等

 

中止となったガチャが

この3つ。いずれも

「セリエA絡み」

ということになるようです。

あと、セリエAのツアー

も中止になっております。

 

7/14〜の「Breakout〜」、

7/21〜の「ローマ」

問題なく開催されてましたが、

7/25の「セリエA」

フィーチャーとツアーが

11時開始、17時に中止

となり、

この間に「何かがあった」

と推測されます。

 

「中止」の原因

 

ざっくり「原因」(の推測)を

お話しすると、

セリエAのリーグとの

契約が切れたのに」

契約期限を超えて

セリエAと謳った

イベントを開催

してしまって、

「クレームが来た」

のではないか、ということです。

 

ここには

eFootballへの移行」

『シーズン』の解釈

ライセンス問題

などが複雑に絡むんですが、

詳しくは前回記事

ご覧いただきたいと思います。

 

事後処理

KONAMIが行ったこと

 

で、ここでKONAMIさんが

行った「事後処理」

箇条書きにしますと…

 

1:7/25開催と同日に

即刻中止(=超素早い対応)

 

2:当該ガチャ&イベント

だけでなく

「広義の解釈」を行い

レジェンダリー・ローマ

「Breakout〜」も中止

 

3:原因説明は

「諸事情」との記載のみ

 

4:引いてしまったカードは

そのまま使える

 

5:お詫びとして

全員に2万GP

 

という形になります。

 

1〜3については…

 

このうち、

1と2については

昨日の記事で理由の考察を

行っております。

要するに、

問題をこじらせて

セリエA搭載不可になることを

危惧した結果

なのだろうと考えます。

 

そして、についても昨日

私なりの「苦言」を述べてます。

課金を求めるゲームである以上、

「透明性」「誠実さ」

は欠く事のできないものであり、

ましてや課金に直結する

「ガチャ」を引っ込めた事件

なわけですから、なおさら

「説明責任」

は重いのではないかと。

 

詳しくは昨日の記事を

ご覧ください。

 

事後処理4:引いたカードはそのまま使える

先例「2019アーセナルガチャ事件」

 

事後処理4

引いてしまったカード

そのまま使える

件についてですが、

これについては

「先例」

がありまして、

「ウイイレ2019」

時代のいわゆる

「アーセナルガチャ事件」

というやつです。

 

(リンクはこちら

 

私の昔のブログ(アメブロ)

で記録しているんですが、

能力の間違い(詳細は過去記事で)

のために一旦出したガチャを

引っ込めたという話。

 

この時も今回と同じように、

数時間ガチャが引けまして、

「引けた人」

「引けなかった人」

の格差が生じました。

 

この時の「対応」は…

 

詳しくは過去のアメブロ記事を

見ていただきたいんですが、

この時の対応は

引いたカード

そのまま貰える

「引いた分のコインは返金

ということでした。

 

ちなみにこの時の「返金」は、

間違った能力(不良品)

カードを

出してしまった」

というところへのお詫び

であり、今回とはちょっと

ニュアンスが異なります。

 

今回は

「出したカード自体は

正しい能力の商品」

なので、そこへの返金が

ないのは、ある程度

納得はできます(^◇^;)

 

別の選択肢「コイン返して無しにする」は…

 

「別の選択肢」

としては、

「引いた分のコインを返金」

して

「引いたことを無しにする」

(引いたカードを消滅させる)

ということも考えられます。

が、これは出来ない相談(T . T)

 

その理由は、これもまた

過去記事で説明してますが、

ざっくり言うと

引いた後の

個々の財布の中

手を突っ込むことは

できない

ということになります。

これをやってしまうと、

ウイイレ(eFootball)の

根幹が揺らいでしまうからです。

 

既に育成が終わっていたり、

フォメに組み込んでいたり、

場合によっては放出して

トレーニングコーチ

なっていたり…

そこまで追っていって

無しにするのは大変な作業(T . T)

 

細かな話をすると、

「数時間の間に、その選手を

使った試合の結果

どうなるか」

というところまで話が

深まってしまいますからねぇ。

それだったら、多少の

不公平はあろうとも

「そのまま使える」

ことにした方が遥かに簡単(^◇^;)

 

完全なる「不平等解消」は無理

 

対応のキモとしては、

「不平等さの解消」

になるわけですが、結論から言うと

「それは無理」

であります(T . T)

2019の記事でも散々考察

した結果なんですが、どの

対処方法を辿っても、結局は

どこかに無理が出てきます。

 

そして、

カードの処理云々で

不平等さが解消できないなら、

コインやGPで…

という流れになるんですが…。

 

事後処理5:お詫びは全員に2万GPのみ

「騒動のお詫び」としてのみ…

 

その「結果」としては

「騒動自体のお詫び」

として、

「全員に2万GP」

を配ったのみ(^◇^;)

 

「不平等さを解消する

気がサラサラない」

と言われても仕方ない

結果となっております。

 

「不平等解消」に手をつけない「選択」

 

結局のところ、

「どこをどういじっても

不平等が解消されない」

ことがわかっているので、

「敢えて手をつけない」

選択をしているのだろうと

私は考えます。

 

不誠実な選択でありますし、

文句が出るのも無理はない

とは感じますが、では

「どうやったら完全に

不平等が解消されるのか」

と言われますと、

答えは簡単には出ません

ねぇ(^◇^;)

 

ガチャの「復活」も難しい

 

前回2019の時は、

単純に「能力間違い」で、

ガチャ自体をやり直す

ことが可能だったために

被害はそこまで深刻では

炎上度合いは

かなりなものでしたが)

ありませんでした。現実に

数週間後に、正しい能力で

ガチャが登場しております。

 

ただ、今回は、

「ガチャそのものが問題」

になっているだけに、

セリエAサイドと過剰に

揉めることは避けると思われ

(昨日の記事を参照)

復活は厳しく、このまま

「お蔵入り」

になることが濃厚です。

 

こっちの意味でも、

不平等解消は難しい

と思われますねぇ(^◇^;)

 

結論…はやっぱり…

「覆水盆に返らず」

 

前回のアメブロ記事、そして

昨日の記事にも書いたのと

同じ結論で、大変申し訳ない

ところではあるんですが、

こうなってしまいますねぇ(T . T)

 

「覆水盆に返らず」

「時は戻らない」

わけですよ。

 

だからこその「チェック体制」

 

だからこそ、

「問題を起こさない」

チェック体制の重要性

クローズアップされます。

 

今回の「事件」の性格が、

「チェック体制の強化で

防げたかどうか」

についてはいささか微妙な

感じもしますが、それでも

「これだけ不具合が頻発

したゲームなわけですから、

ちょっと考えればわかる

くらいのミスや不具合は、

事前にどうにかして防ごう

という意識があって然るべき。

 

これについては、おそらく

現状運営に携わる方

一人一人

精一杯頑張っている

と思いますので、単純に

「人を増やす」

スケジュールに

余裕を持たせる」

「ITの活用」(笑)

などを駆使して、

「最初からミスの起きない」

体制づくりをして欲しいです。

数ヶ月前に行われた

新規募集採用された方々

(どれだけいるのかは

全くわかりませんが)には

頑張ってもらいたいですねぇ。

 

まぁ、これらは

「日本企業全体が抱える」

問題のような気もします。

私も他人事ではありませんね(^_^;)

 

あとがき

 

明日はメンテ日。

果たして、普通に

ガチャは来るのか?

アーセナルバイエルン

だったら、契約は続いている

ので大丈夫か?

なんで私がこんな心配を

しなければいけないのか(笑)。

 

随時更新記事

お会いしましょう。

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村