【eFootball 2022】「大正義」パリSGを筆頭にタレント集結!8/1〜フィーチャーガチャ「Ligue 1 Uber Eats」徹底解剖

選手紹介
WISTERIA
WISTERIA
今週は、大丈夫でしょう(^_^;)

 

WISTERIAでございます。

 

本日は、8/1〜開催の…

 

 

フィーチャーガチャ

「Ligue 1 Uber Eats」

のご紹介であります(^ ^)

 

リーグアンはeFootballと

ライセンス契約継続中

ですのでおそらく大丈夫(苦笑)。

「大正義」パリSGをはじめ

若手からベテランまで

ビシッと揃っております。

が、被り等を考えると…

個別に解説していきます。

 

eFootball2022 メンテ随時更新

「ルンメニゲ祭り」の始まり

【17:30無念の更新終了】【eFootball 2022】「ルンメニゲ祭り」の始まり!7/28メンテ中新情報追いかけ更新&読み物:7/25フィーチャーガチャ結果

eFootball2022 ルンメニゲ!!

レジェンダリーバイエルン徹底解説

【eFootball 2022】ルンメニゲは確保マスト!マテウスも条件次第で…7/28〜開催・レジェンダリーガチャ「バイエルン」徹底解剖!

eFootball2022 終わらない…(T . T)

「ルンメニゲ引くまで終われまてん」

【eFootball 2022】今回はシンプル!でも終わらない(T . T) 7/28レジェンダリーガチャバイエルン〜ルンメニゲ引くまで終われまてん〜

 

「Ligue 1 Uber Eats」

概要

 

今季のリーグアンは

南野モナコに移籍、

DAZNでの22-23シーズン

放送が決定したらしいので

(それよりプレミアリーグは

どうにかならんもんか)、

日本でも久々にリーグアンを

きっちり観ることが出来ます。

 

パリが日本ツアーをやって

くれましたので、興味が湧いた

日本のサッカーファンも

多いのではないでしょうか。

 

登場選手

 

内訳は、

優勝・パリSG :4名

2位・マルセイユ :2名

3位・モナコ  :1名

4位・レンヌ  :2名

5位・ニース  :1名

6位・ストラスブール:1名

になっております。

 

まぁ現状としては、パリと

その他のチームで戦力差が

かなり開いております。

リールやモナコ、マルセイユ

あたりにも頑張ってもらって、

面白くなるといいですなぁ(^◇^;)

 

個別選手紹介

キリアン・ムバッペ

 

言わずと知れた

次世代スーパースター

先頭を走るメガクラック。

レアル・マドリー移籍

匂わせながら

「クラブの強化方針に口出し

できる権利を認めさせて(噂)の

パリ残留

「今までの常識ならば」

傲慢と言われても仕方がなく、

彼の行く末が心配されるところ

ですが、要はパリで結果を

出してしまえば全てが

ひっくり返ります(^◇^;)

 

今季はフランス代表の

WC連覇もかかるシーズンに

なりますので、この数ヶ月が

「彼の運命を決める」

ことになると思われます。

ネイマールの道を辿るか、

メッシの道を辿るか、はたまた

彼らを凌駕するサッカー人生を

辿ることになるか…。

 

Gパスが大幅強化。ムバッペ

育成するにあたっては基本

スピードドリブル

決定力に振ると思われますので、

ベースでのGパス強化

嬉しい人は嬉しいかと。

アシストも期待できます(^ ^)

 

チームスタイルが高い分

スタンダードよりも若干

能力は高め。大概の方は

スタンダードを育成済

(私もそうです)かも

しれませんが、やはり

フィーチャーの方が

見た目カッコイイので

是非欲しい(笑)。

 

リオネル・メッシ

 

パリ移籍1年目は

アシストを中心に

尻上がりに調子を上げるも

ゴール数が16年ぶりの1桁

(6ゴール)に終わり、

彼レベルでは

「失敗のシーズン」

と言わざるを得ません。

 

今季にかける意気込みは

並々ならぬものがあると

思われますが、パリでは

絶対の存在ではなく、

バルサラポルタ会長

「買い戻し」

について言及するなど

(私、個人的には

「何言ってんだコイツ」

と思ってます。多分メッシ

そう思っているはず)

「どんでん返し」

があるかもしれません。

シャビ監督

「不可能だ」

と断言してますが…。

 

能力的には、

レジェンダリーメッシ

を持っていなければ欲しい。

育成はスピード中心。

今作はフィジコン

インシーニェ並みに弱い

ですが、我が軍で

レジェンダリーが

全然活躍してますんで

心配ないと思います。

 

マルキーニョス

 

パリのキャプテンとして、

「平常時は」

超個性派軍団をまとめる

仕事をきっちりこなしてます。

ディフェンスリーダーとして

能力と活躍は申し分なし。

足りないのは

「ビッグタイトル」

のみ。今季はWCとCLの

両獲りが求められます。

 

そのためには、

「要所でのキャプテンシー」

「ピンチでの統率力」

が問われます。

チアゴ・シウヴァと言い、

セレソンの中心ともなると

尋常でない精神力が要求

されますが、これも試練。

先達が超えられなかった壁を

突破できるか、勝負の年です。

 

相変わらずの能力の高さと、

RSB、DMFに高度に対応

できる汎用性が魅力的な守備者。

CBだとフィジカル的な問題

気になるので、やはり守備的な

RSBかアンカー起用が適任か。

私はネイマールパックで獲得

(そっちの方が強いです)

してますが、マルディーニ、

ベッケンバウアーなど汎用性の

高い選手が揃っているので

現状埋もれたまま。

ちょっと勿体無い(^◇^;)

 

マルコ・ヴェッラッティ

 

フランス生活が10年を超える

イタリア代表プレーメイカー。

出場すれば相応のクオリティ

見せてくれるものの、近年は

リーグ戦20試合そこそこの

出場に留まっております。

ケガがねぇ…(T . T)

大変残念なことにイタリアが

WCに出られないので、彼には

クラブで存分に戦ってほしい。

 

フィジカルに不安を抱える

超ちびっ子プレーメイカー。

今作はその両面は問題ない

(同タイプの選手が多数

活躍できております)ですが、

だったらピルロスコールズ

使うかなぁとは思っております。

ダブルボランチの攻撃の方

で使うイメージですが、

フィジカル的に不安なら

1列前か。しかしそうなると

決定力が足りないですかねぇ。

アシスト役に徹するなら(^◇^;)

 

オーレリアン・チュアメニ

 

モナコからR・マドリーに

引き抜かれたボランチの俊英。

大柄にしてテクニックもあり

攻守万能さが売りです。

昨季の活躍で自信もつき、

フランス代表にも選出。

同胞カマヴィンガは1年目は

出場機会が限られましたが、

彼はどう使われるのか、楽しみ(^ ^)

 

モナコパックでも登場。

能力は大差ありません。

ヴィエラの下位互換

というのが一番近いかも(^◇^;)

攻守バランスの良さが特徴

ですが、やはりまだまだ

超一流からは離れているかと。

今後の飛躍に期待です。

 

ディミトリ・パイェ

 

マルセイユ「王様」

35歳となってもまだまだ

エネルギッシュです(^◇^;)

WGとOMFのハイブリッド

チャンスメイクから決定的な

働きまで、攻撃の全権を握ります。

調子が良ければ、独力で

試合を決めてしまう圧倒的な

タレントの持ち主(^ ^)

 

eFootball的には、さすがに

スピ瞬が衰えました

攻撃力とスキルは健在(^ ^)

ダブルタッチと

ワンタッチパスがなく、

多少使いづらいとの評価も

ありますが、私は好み(^◇^;)

育成幅も大きく

チームスタイルが高い分

シーズン1の「パサー」

バージョンよりは上です。

 

ワルテル・ベニテス

 

昨季ビッグセーブを連発、

シーズン最多の14完封、

ニースをリーグ最小失点

導いたアルゼンチン人GK。

今季はオランダのPSVへ移籍。

PSVの監督は今季から

マンU等で活躍した名FW、

ファン・ニステルローイです(^ ^)

 

ワールドサッカーコレクションS

(ワサコレ。KONAMIの

スマホゲーム。サービス終了)で

おせわになりましたねぇ(^◇^;)

身長191cm、守備的GK

低弾道パント持ちと優秀

ですが、肝心の能力が…。

ここまで来ると皆さん

それなりの守護神をお持ち

だと思いますので、そこに

割って入るだけの力は…(T . T)

 

バンジャマン・ブリジョー

 

レンヌ躍進の立役者の一人。

お名前はフランス語に準拠

すると、「ブリジョー」です。

元は中盤のハードワーカーですが

今季はその役割をこなしつつ

ゴールとアシストにも活躍。

11ゴール12アシスト

「2桁×2桁」を達成しました。

プレースキックも高精度。

 

バランスの良いBtoB。

キック精度が高いのが特徴で

スキルも良いものを所持

しておりますが、肝心の

決定力が60台。やはり☆4

だけあってガチスカには…。

 

マルタン・テリエ

 

ウインガーながら今季は

得点能力が覚醒。

リーグ3位の21ゴール

叩き出すなど大活躍で

チームをELに導きました。

攻撃的ポジションを広く

こなせる汎用性も武器で、

今季前半も活躍すれば

WCフランス代表に滑り込む

こともできるかも(^◇^;)

 

非常にバランスの取れた

アタッカーでスパサブ。

主戦場は左サイドになり

内へ切れ込んでのシュート

常道となりますが、OMF対応も

可能で用途が広いのも○。

スピ瞬、ドリブル、決定力

上げる形になるでしょう。

 

ウィリアン・サリバ

 

アーセナルから昨季は

マルセイユに貸し出され

見事な活躍をした若きCB。

今季はアーセナルに戻るも

「出場が約束されないなら

出ていく」

的な発言をしたとかしないとか。

恵まれた体格を活かした

ハードな守備と、3バックにも

対応する柔軟性を持った選手が

アーセナルでスタメンの座を

勝ち取れるか。

 

大柄ながらスピードもあり、

スキル構成も非常に良く、

一定の足元技術も備えている

将来有望なCB。とは言え、

まだまだ地力は足りない印象で

「☆4縛り」

の試合が将来的に出てくると

するならば、使える選手かなぁ

というくらいです(^◇^;)

 

フレデリック・ギルベール

 

イングランドの

アストン・ヴィラから

ストラスブールにレンタル

されていた守備的RSB。

すみません、ちょっと情報が

ありませんで、どのような

活躍をしたのか分かりませんm(_ _)m

数年前の情報では、

「激しい守備と小気味の良い

攻め上がりが魅力の、古き良き

イングランドテイスト香る

フランス人サイドバック」

とのこと(^◇^;)

 

能力的には…

割とバランスの取れたRSB

ピンクロ所持と攻撃面にも

それなりに期待できる感じ。

あくまで、

「☆3レベル」

での話ですが…。

 

あとがき

 

長くなっちゃったので

私の結果は明日にします。

 

それでは、また。

To Be Continued…


 

 

 

ブログ村ランキング参加中。

ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村